利家とまつ〈上〉

  • 88人登録
  • 3.68評価
    • (11)
    • (10)
    • (26)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 竹山洋
  • 日本放送出版協会 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140053720

利家とまつ〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 過去記録。叔母から借りて。中学or高校時代。

  • (2002.06.06読了)(2002.03.21購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    尾張の土豪・前田家の家督を継いだ利家は、天下布武をめざす信長の戦いのほとんどに出陣して武名をあげる。そのそばで、二男九女を産み育て、利家と前田家を支えていたのは、妻のまつである。物語は、利家・まつ夫婦と、利家の朋輩でありライバルであった羽柴秀吉・おね、佐々成政・はるの三組の夫婦の信頼や友情、嫉妬、対立、和解など、豊かな人間模様を軸に展開する。

    ☆関連図書(既読)
    「前田利家(上)」津本陽著、講談社文庫、1997.09.15
    「前田利家(中)」津本陽著、講談社文庫、1997.09.15
    「前田利家(下)」津本陽著、講談社文庫、1997.09.15

  • 江戸時代らへんの本、ということで読んでみました。なかなか面白く、はじめは「功名が辻」と似ているように感じましたが、やっぱりいいなと思いました…。大河ドラマにもなっているようですが、イメージと違い過ぎたら嫌だなーと思って見れないですねー。

  • 宮城、四国地方などを舞台とした作品です。

  • 旅行にあたって、前田家のことを知りたいと思って読みました。
    松嶋菜々子が出ていた大河ドラマの原作?小説。
    とても読みやすかったのですが、ちょっと不満も。
    そもそも大河ありきで書いた本だと思うので、日曜夜のお茶の間に受け入れられるように、主人公たちはあくまで「良い人」に描かれており、その意味で小説としては物足りない。何でもかんでも夫婦の話にしてしまっている感もあるし、1年かけたドラマでは効果的だった決め台詞の数々が小説の中ではくどかったりもして、大河ドラマから時間がたった今、この本が入手困難になってしまったのも仕方がないのかなあという印象でした。前田利家自体、大物なわりに主役としてドラマにはしにくい武将なんでしょうね。

  • 中二のとき。だからドラマ後。
    読みやすくていい。

  • まつが可愛いなあ。大河は見ていないけど、見てみたいな。

  • この時の大河ドラマが大好きでした。

  • 上下巻の二冊になってます。

    大河ドラマでは当時観てませんでした。とても残念で仕方ありません!!!

    利家が逝く時のまつとのやりとりがとても心を打ちます。

  • そんな安勝兄に惚れた。

全14件中 1 - 10件を表示

利家とまつ〈上〉を本棚に登録しているひと

利家とまつ〈上〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

利家とまつ〈上〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

利家とまつ〈上〉を本棚に「積読」で登録しているひと

利家とまつ〈上〉の文庫

ツイートする