命もいらず名もいらず 上 幕末篇

  • 244人登録
  • 3.95評価
    • (25)
    • (40)
    • (28)
    • (1)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 山本兼一
  • NHK出版 (2010年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140055809

命もいらず名もいらず 上 幕末篇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 山岡鉄舟の小説。
    歴史ものだが難しい言葉も少なく読みやすい。
    歴史小説にありがちな退屈な幼年期もない。
    ただエピソードをつなげた感があるのでまとまりがイマイチない。
    愚直すぎる主人公。ただ貫き通す。

  • 凄い人です。

  • かの西郷隆盛をして
    「金もいらぬ、名もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、
    そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」
    と賞賛せしめた男がいました。
    山岡鉄舟です。

    幕府の旗本の家に生まれた鉄舟は徳川慶喜のために身を捧げ、
    単身で西郷と会見し江戸城無血開城の基本的確約を得る。
    維新後、その西郷隆盛や勝海舟らの推挙によって、
    明治天皇の教育係を拝命し、天皇の信頼を得るまでに至ります。
    彼は書をよくし、禅の道を極め、剣は無刀流の開祖。

    そんな彼も坂本龍馬や西郷隆盛、勝海舟ほど人気はないようです。

    そうした中、山本兼一『命もいらず名もいらず』上下(NHK出版)
    という本を図書館で借りて読みました。

    彼の愚直で一本気な生きざまは心打つものがあります。


    この西郷との会見の段、大変面白いのでひとくさり紹介しましょう。
    徳川慶喜のため、江戸の人々のため、
    江戸無血開城を願った勝海舟は鉄舟を下交渉約として、
    駿府に入る西郷のもとに送ります。
    鉄舟はやがて、敵陣薩摩軍が陣をはる本営にたどり着くと、
    「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎。大総督へまかり通る」
    と大音声を発し、通り抜けていった。
    赤旗の隊長は、あっけに取られたられ、
    きょとんとした顔で、なにやらつぶやいたままであった。

    明治維新、まだ若かった明治天皇の教育係が必要になり、
    鉄舟に白羽の矢があたります。

    この鉄舟と明治天皇の間のやり取りも面白いので、紹介いましょう。
    有名なすわり相撲の一件です。
    酒の度を過ごしがちだった明治天皇、
    その日も酔った勢いで鉄舟に相撲を強要された。
    身長の差があるので、すわり相撲ということになりました。
    いくら押し倒そうとしも、びくともしないので、
    陛下はついに拳で鉄舟の目を突ことしましたが、
    かわされて前のめりに倒れ軽いキズを負われました。
    臣下から謝るべきだろう言われた鉄舟は
    「わが身はもとより陛下にまつってあるので、
      負傷などいささかも厭いはしないが、
      もし陛下がご酔狂のあまり拳でもって
      臣下の目玉をお突きになったとすれば、
      天下に、後世に、古今まれなる暴君と呼ばれることになられる。
      そして酔いからお覚めになったのち、
      どれほどご後悔なさるかわからないと推察いたす。」
    と言って、その場でお沙汰を待った。
    やがて陛下から「朕が悪かったと山岡に伝えよ」とのお言葉がありました。

    しかし、鉄舟は「ただ悪かったとの仰せのみにては、
     私はこの席を立ちかねまする。
    なにとぞ実のあるところをお示しくだされたくお願い申し上げる」
    しばし、黙考された陛下は、「これから先、酒と相撲は止める」
    これを聴いた鉄舟は大いに感激して涙を流した。

    それから1ヶ月、自ら謹慎していた鉄舟はぶどう酒1ダースを陛下に献上した。
    「もう呑んでもよいのか」
    と晴れやかな顔をされた陛下はその場でぶどう酒を召し上がった。
    陛下は本当に禁酒されていたのである。

    最後、死を悟った山岡鉄舟は皇城に向かい結跏趺坐して、
    そのまま死を迎えます。享年53歳でした。
    篠突く雨の中、葬列が皇城の前を過ぎる時、
    陛下は高殿からそれをみおくられた。
    武士の最後を。
    最後の武士を!

  • 2014/1/20-2/8
    山岡鉄舟
    人というものついおのれを過信し他人を見くだす悪癖がある。おのれが正で他人が邪、おのれが清く、他人が穢れているて思いがちだ。世の多くの人間が、そう慢心して生きておる。とかく人とは愚かなものよ。

    まずは人に勝ちたいという気持ちを無くすことから始めよ。修行は人に勝つためではなく、おのれの徳を積むためにする。徳の積み方が分からぬ者は、おのれを見つめよ。

    おのれに恥じぬよう精神を満腹にして生きよ!

  • 何事にもまっすぐ向かい合う姿が心に残る。そして素直な姿勢にも。

  • 幕末から明治に生きた山岡鉄舟。上巻では大政奉還の少し手前くらいまで。

  • 江戸無血開城の真の立役者である山岡鉄太郎 の生き様を見事に描いた歴史小説。
    タイトルの「命もいらず名もいらず」というのは、幕末に西郷隆盛と江戸総攻撃を中止するよう談判した際に、西郷が鉄舟の人物を評して「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困りもす。そういう始末に困る人物でなければ、艱難を共にして、国家の大業は為せぬということでございます」と語った言葉から来ている。

  • 幕末三舟のひとり、山岡鉄舟。
    この人の評伝には疑義もあるようです。
    が、山本兼一版鉄舟が魅力的であることには変わりはありません。

  • 山岡鉄舟の青年期の話。

    津本陽の硫黄島戦記で「名をこそ惜しめ」というのがあったが、こちらはさらに進んで「命もいらず名もいらず」だ。志さえあればいいらしいが、志だけ高い新人は早くやめることが多い。淡々とこなし、生活のためにここにいると言う新人の方が仕事の覚えも早いし長続きする。

    器は大きいのかもしれないが、同士に酒を飲ませるために自分の赤ん坊のための食料を買う金さえなく、飢え死にさせたというのは全く人間失格。

    現代では社会不適合の奇人だと思う。

  • 幕末の三舟の一人、鉄舟の話。
    ……ところで、泥舟って鉄舟の義兄だったんだ……

全36件中 1 - 10件を表示

山本兼一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

命もいらず名もいらず 上 幕末篇に関連する談話室の質問

命もいらず名もいらず 上 幕末篇を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

命もいらず名もいらず 上 幕末篇を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

命もいらず名もいらず 上 幕末篇を本棚に「積読」で登録しているひと

命もいらず名もいらず 上 幕末篇の作品紹介

日本をどうする。お前はどう生きる。-最後のサムライ!山岡鉄舟、堂々の生涯。

命もいらず名もいらず 上 幕末篇の文庫

命もいらず名もいらず 上 幕末篇のKindle版

ツイートする