人生の旅をゆく 2

  • 225人登録
  • 3.75評価
    • (19)
    • (31)
    • (18)
    • (7)
    • (2)
  • 30レビュー
  • NHK出版 (2012年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140056240

人生の旅をゆく 2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よしもとばななのエッセイは初めて読むのかな。女性らしい独特の感性で、正直戸惑うことのほうが多い。
    全体として感謝してるものたちへ といったタイトルが似合いそうな内容で、いろんなことを分かち合えれた幼馴染とか風邪のときに料理を送ってくれた知り合いとか忌野清志郎さんとか河合隼雄さんとか感謝の言葉が綴られるのだが、個人的な人の話は、「それはよかったね」としか言いようのない自慢話を聞いてるみたいだ。
    基本に深い苦悩の中にいるばななさんがいてそれを救ってくれた人たちという話になってるものが多い。その苦悩の部分は共感するところがあって、ちょっと独特の世界になっている。

    印象に残ったところ2つ。
    「私が三十代後半になったある時期から突然、なんとも言えない雰囲気になるようになった。しょぼくれたというか、もりさがるというか、あるべきものがないとしか言いようのない雰囲気だ。」
    これは子どもがいないで年寄りばかりになるるしょぼくれ感ができてくる。そういう時に子どもができて一気に盛り上がるだした。子どもの存在感は大きい。そういうことはあるかもしれない。

    「いいじゃないか、その場のいいことが見つけられれば、生きてるかいもあるっていうものじゃないか。そう思えたら、風邪だろうが寝不足だろうが失敗しようが、なんでもないと思えるようになった。その日の私はそうだったんだから、しかたない。原因があって改善できるものなら、次回直せばいい。軸を架空の自分ではなく、たとえだめな自分でも今の自分に置くこと」
    あるのは今と今の自分だけという認識を深める ということ。よく言うことだけど覚悟のようなものを感じる文章です。
    「今は今のベストをつくしかない」と書いている。

  • 10年ぐらい前、まだSNS無き頃、ばななさんと繋がれるサイトがあった。当時、誰にも言えない悩みを、文字通り、藁にもすがる気持ちでダメ元で打ち明けたら救い上げてもらえた。奇跡だった。あんなふうに自分のことを許せる、誰にも譲れない大切な部屋に新鮮な空気が入る。拘りの分量をなるべくゼロにしつつ、自分の気持ちを大切にする事を、とりあえず好きになる事が大切なんだと思い出す。何度も何度も忘れる。そして思い出す、私の人生の旅は、その繰り返し。

  • エッセイ。疲れているときにこの人の文章を読みたくなる。

  • 1冊目に引き続き、生とは何か、死とは何か、人間臭さとは何かを問い続けているよしもとさんの姿がそこにはあります。僕も人間臭く生きたいです。

  • まだ読んでなかった!不覚!

    お父様とお母様のこと、
    地震のこと、
    つらいことが沢山あって、
    にびいろのしずかなトーンが一冊を覆っていました。

    地震のときのあの気持ち、
    しっかりおぼえておかなくちゃ。

  • やさしい。いつもよしもとばななの本は癒される。心がつかれているときにとてもいい。

  • 人生について大切だなと思うことが書いてある。

    言葉にできなかったこと、こうなりたい、がある。

    再読2015.7.28ここに書かれていること、小説になっているんだな。

  • 久しぶりに読み直しをした本。

    ばななさんの、何気ない日常の中での気付きの豊かさには脱帽です。

    私も自分の感受性を磨かないとなぁ…ってしみじみ感じました。

  • ああ、やっぱりばななさんいい。

  • 図書館

全30件中 1 - 10件を表示

よしもとばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
三砂ちづる
江國 香織
よしもと ばなな
よしもと ばなな
村上 春樹
よしもと ばなな
角田 光代
江國 香織
よしもと ばなな
よしもと ばなな
三浦 しをん
よしもとばなな
よしもと ばなな
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

人生の旅をゆく 2を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生の旅をゆく 2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生の旅をゆく 2の作品紹介

愛する友やアーティストへの敬意、家族との思い出、災厄や惜別までも、受け止めて、生きる-。悔いなき「人生の旅」をゆく著者最新のエッセイ・アンソロジー。

人生の旅をゆく 2のKindle版

ツイートする