花燃ゆ ニ

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 大島 里美  宮村 優子  金子 ありさ  五十嵐 佳子 
  • NHK出版 (2015年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140056578

花燃ゆ ニの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノベライズ版の第2弾。だいたい4月から6月の放送分。しばらく重い日々が続きますなあ・・・

  • (2015.04.13読了)(2015.03.28購入)
    【杉文とその周辺】
    3月末から6月半ばまでの放映予定分のノベライズ版です。既に3回分放映済みです。
    杉文と久坂玄瑞が祝言をあげた後、1858年2月、久坂玄瑞は、医学修業のため江戸へたった。その頃、井伊直弼が大老に就任する。
    幕府は、天皇の許可を得ないまま日米通商条約を締結した。
    井伊大老は、幕府に異を唱える人たちを弾圧するために梅田雲浜らを捉えた。
    梅田雲浜が萩に幽閉中の松陰を訪ねたことがあったために、松陰にも江戸への出頭命令が届いた。松陰は江戸へゆく前に、絵のうまい亀太郎にたのんで肖像画を描いてもらった。
    松陰は、江戸での詮議の際、自ら老中・間部様を待ち伏せして諌めようとしたことを話したがために、処刑されてしまった。(このドラマでは、暗殺を企てたとはしていない)
    松陰が処刑されたのは、1859年10月27日。
    安政七(1860)年三月三日、「桜田門外の変」で井伊大老が暗殺された。
    高杉晋作は、雅と結婚した。長州藩で建造した洋式帆船にのって訓練したり、江戸まで実習航海したり。幕府の通商条約実施のための海外視察に同行して、上海へいったり。
    伊藤利助、井上聞多、山尾庸三、遠藤謹助、井上勝はイギリスへ留学することになった。
    長州藩は、将軍を上洛させ、攘夷の実行を確約させることに成功し、長州藩みずからも攘夷を決行した。文久三(1863)年5月10日。
    長州藩は、京都から追い出されてしまい、情勢が不利になってきた。(「八月十八日の政変」)

    【目次】
    第十三章 コレラと爆弾(3月29日)
    第十四章 さらば青春(4月5日)
    第十五章 塾をまもれ!(4月12日)
    第十六章 家族の肖像(4月19日)
    第十七章 最後の伝言(4月26日)
    第十八章 龍馬! 登場
    第十九章 女たち、手を組む
    第二十章 松下村塾、復活
    第二十一章 決行の日
    第二十二章 奇兵隊と女台場
    第二十三章 告白
    第二十四章 初めての夢

    ●死とは(115頁)
    「死とは好むものではありませんが、憎むべきでもない。力を尽くしたのち、たどりつく心安んじる場所、それだけのことです。―まことに恐れるべきは死ではない、何事もなさずに果てることじゃ」
    ●子ども(204頁)
    「退屈せんものを見つけたんです。子どもです」
    「わがままで自分勝手で天邪鬼で、何ひとつこちらの思うようにならない。おもしろうございます。私、晋様の子どもを産んで、育てて、そして萩で暮らします。」(雅)
    ●士気を高める(224頁)
    「国を守るために、まず異人を倒す。それによって、戦う覚悟を日本人の心に刻み込み、士気を高めるんじゃ」
    ●報復攻撃(233頁)
    文久三(1863)年六月。米・仏艦隊の報復攻撃により、長州藩は壊滅的な打撃を受けた。人々は、異国の武力のすさまじさを初めて現実に見せつけられたのである。
    ●不朽の見込み(253頁)
    「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし! 生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし! 松陰先生はそう言われた。」
    ●無鉄砲(293頁)
    「寅次郎の無鉄砲は、あの正義は、あの狂気は、守もんがないもんの強さじゃ。」

    ☆関連図書(既読)
    「花燃ゆ(一)」大島里美・宮村優子作・五十嵐佳子著、NHK出版、2014.11.25
    「久坂玄瑞の妻」田郷虎雄著、河出文庫、2014.11.20
    「世に棲む日日(1)」司馬遼太郎著、文春文庫、2003.03.10
    「世に棲む日日(2)」司馬遼太郎著、文春文庫、2003.03.10
    「世に棲む日日(3)」司馬遼太郎著、文春文庫、2003.04.10
    (2015年4月28日・記)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    文の兄・吉田寅次郎(松陰)は幕府批判を繰り返し、「安政の大獄」で処刑される。松下村塾の塾生で文の夫・久坂玄瑞は寅次郎の遺志を受け継ぎ、攘夷実行を目指して長州藩や朝廷を動かそうと奔走する。ともに過ごした仲間が次々と争いに巻き込まれるなか、文は家族と松下村塾を守るため、女としての戦いを生き抜いていくのだった。

全2件中 1 - 2件を表示

花燃ゆ ニに関連する談話室の質問

花燃ゆ ニの作品紹介

文の兄・吉田寅次郎(松陰)は幕府批判を繰り返し、「安政の大獄」で処刑される。松下村塾の塾生で文の夫・久坂玄瑞は寅次郎の遺志を受け継ぎ、攘夷実行を目指して長州藩や朝廷を動かそうと奔走する。ともに過ごした仲間が次々と争いに巻き込まれるなか、文は家族と松下村塾を守るため、女としての戦いを生き抜いていくのだった。

花燃ゆ ニはこんな本です

花燃ゆ ニのKindle版

ツイートする