覇者の驕り―自動車・男たちの産業史 (下)

  • 26人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 高橋 伯夫 
  • 日本放送出版協会 (1987年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (551ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140085349

覇者の驕り―自動車・男たちの産業史 (下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009/04/25 読了

  • 20世紀初頭から1980年代までの日米自動車産業を描く。
    記述の内容は米国側はフォード、日本側は日産が中心。
    無味乾燥な産業史でなく、経営者たちの人間性を中心とした動きがダイナミックに描かれており、小説として面白い。
    GM・クライスラーが破綻しかかっている現在に読み返すと、彼らが変わっていない部分が見えてくるはず。
    出版が20年以上前なので視点が古いので、その点を考慮して読むのがよい。

全2件中 1 - 2件を表示

デイビッド・ハルバースタムの作品

覇者の驕り―自動車・男たちの産業史 (下)はこんな本です

覇者の驕り―自動車・男たちの産業史 (下)のペーパーバック

覇者の驕り―自動車・男たちの産業史 (下)の文庫

覇者の驕り―自動車・男たちの産業史 (下)のペーパーバック

ツイートする