NHK 電子立国日本の自叙伝〈下〉

  • 51人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 相田洋
  • 日本放送出版協会 (1992年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140087930

NHK 電子立国日本の自叙伝〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4140087935 403p 1992・4・10  4刷

  • 日本が半導体産業で世界の頂点にあった頃の書籍。今となっては古文書とも言えそうだが、日本の電子産業が世界の頂点に上り詰めるまでの貴重なエピソードが、随所に描かれている良書。集積回路の始まりと、日本での電卓戦争の話。電卓がIC化、LSI化によって驚異的な速度で、小型化、低価格化、省電力化が進んだことが分かる。この時代、集積回路の設計技術はアメリカが圧倒的に優れていたが、民生機器への展開というアプリケーションでは、日本の方が先見の明があったと言える。シャープの佐々木正氏とノースアメリカンロックウェル社のエピソードが興味深い。

全2件中 1 - 2件を表示

相田洋の作品一覧

相田洋の作品ランキング・新刊情報

NHK 電子立国日本の自叙伝〈下〉を本棚に登録しているひと

NHK 電子立国日本の自叙伝〈下〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NHK 電子立国日本の自叙伝〈下〉はこんな本です

ツイートする