赤いツァーリ―スターリン、封印された生涯〈下〉

  • 24人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Edvard Radzinsky  工藤 精一郎 
  • 日本放送出版協会 (1996年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140802564

赤いツァーリ―スターリン、封印された生涯〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんともいえず読了感でいっぱいになる。キーロフ暗殺から始まる大静粛を経て、第二次世界大戦、着々と準備される第三次世界大戦へと物語りは進むが、何といってもスターリンのエネルギーに圧倒される。関わりある者全てを疑い、操り、思いのままに動かして静粛していく人物と、その歴史。膨大な資料やインタビューを基に、本書はこれをドラマチックに描き出している。

全1件中 1 - 1件を表示

エドワード・ラジンスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ウンベルト エー...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

赤いツァーリ―スターリン、封印された生涯〈下〉に関連するまとめ

赤いツァーリ―スターリン、封印された生涯〈下〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

赤いツァーリ―スターリン、封印された生涯〈下〉を本棚に「積読」で登録しているひと

赤いツァーリ―スターリン、封印された生涯〈下〉の作品紹介

新資料が明かす歴史の謎。皇帝と化したスターリン。恐怖におびえる後継者たちは、その死を前にひとつの計画を実行した。粛清の嵐、スターリン暗殺説。その真相に迫る。

赤いツァーリ―スターリン、封印された生涯〈下〉はこんな本です

ツイートする