「昭和」という国家

  • 69人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (5)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • NHK出版 (1998年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140803615

「昭和」という国家の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カメラに向かって司馬さんが語ったものの文章化であって、小説やエッセイ以上に、司馬さんの生々しい思いが伝わってくる。解説でも述べられているが、「私は非力ですなぁ」という嘆きともとれる言葉によって、この本の内容がリアルに迫ってくる。
    司馬さんに対して、日清・日露戦争と比べて太平洋戦争を否定的に扱いすぎる、という批判があるらしい。だから司馬さんは昭和を小説にできなかったのだ、と。
    しかし、小説家が小説で伝えることのできないほど、屈折した、強烈な思い、印象・・・。だからこそ耳を傾けるべきなのではないだろうか。

    それに、日本人であって、あの戦争を否定的に捉えない人など、いないと思う。

  • 憲法問題が叫ばれる昨今、昭和の時代を再確認して憲法を考えることは意味のあることです。

全2件中 1 - 2件を表示

司馬遼太郎の作品

「昭和」という国家を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「昭和」という国家を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「昭和」という国家はこんな本です

「昭和」という国家のKindle版

「昭和」という国家の単行本(ソフトカバー)

ツイートする