国のない男

  • 994人登録
  • 3.75評価
    • (103)
    • (130)
    • (168)
    • (14)
    • (4)
  • 131レビュー
制作 : Kurt Vonnegut  金原 瑞人 
  • NHK出版 (2007年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140812518

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
村上 春樹
村上 春樹
カズオ イシグロ
三島 由紀夫
ダニエル・タメッ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

国のない男の感想・レビュー・書評

  • アメリカ政府、戦争、競争など、世の中の不条理に対する皮肉、ユーモアはモヤモヤしているときにスッキリさせてくれるし、なるほどな、と納得させてくれる説得力がある。しかし、それだけではなく、温かさがある。ホッとさせてくれる優しさ、情味が根っこにある。国のない男をたまにふと開きたくなるのは、その温かさに触れたいとほんとうの自分が訴えているからなのかもしれない。

  • Tumblrで目にした引用が心に残っていたので購入。結局好きな箇所はみんな引用投稿で目にした文章ばかりだった。
    とはいえ、面白くて(82歳とは思えない軽妙な文章。翻訳の金原瑞人氏のおかげ?それからブラックユーモアを交えた自国批判なども)、温かな本だった。ヴォネガットの愛情を感じる。
    ヴォネガットの本はまだ「スローターハウス5」と「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」の2冊しか読んでいないけど、これからももっと読んでいこう。

    (心狭いこと言うけど、帯の推薦文に有名人を連れてくるのはあまり好きではない。特に、嫌いな人が推薦文だったので、折角の素敵な装丁なのに!と思ってしまった。心狭いけど。)

  • ユーモアたっぷりのおじいちゃんが書いた愛のある文章だと思った。そして、現代に生きる人たちへの謝罪でもある。産業革命、戦争と続き人類はここ100年あまりで地球を痛めつけてきた。そのツケを払わされる若者へのメッセージ。ちゃんと受け取りましたよ。最後の帯でもう彼はこの世に居ない事が分かったのですが、こんな面白い歳の取り方をしたいものだなぁと思わされました。彼の著作を読んでみようかしら。

  • カート・ヴォネガットの遺作。邦題は「国のない男」。入籍して、ちょっとして、で、読み始めたのだけど、読み終わって、作者プロフィールをよく見たら、ヴォネガットは11月11日生まれで吃驚した、という。アメリカを悲観しながら、たぶん、それでも、ヴォネガットはアメリカを信じていたんだろうな、と思う。(12/6/3)

  • ニヒリストの遺作。
    太田光のお勧めだから読んでみたが、ニヤリとするような内容である。化石燃料中毒だとか、ブッシュ・チェイニー・パウエルをコキ下ろしたり。
    こんな人がいなくなると、アメリカはいよいよアウトか?

  •  読んで良かった。各章の結文で、都度、ニヤッと口角があがる。おもしろい。
     で、面白いだけでなくって、ちょっとホロッとくる文章も散見したりするし、
     泣いたし。著者の憤りを交えた指摘も、頷きながら得心する。何というか、
     何というか、偉人だなぁと思った。化石燃料中毒。私は軽症ですよ。だって、
     自転車っ子ですから。

  • 怒りも憤りもユーモアとアイロニーに包んで...。

  • カート・ヴォネガットの自伝みたいな感じ?
    前からヴォネガットの本は読んでみたかったが、読めず。
    自分が働いている本屋で平積みになっているのをたまたま見つけた。
    アメリカ批判、文明批判、人間観、音楽観等が、ユーモアを交えて独特なタッチで表現されていて、痛快!!
    どんどん読み進めてしまい、一日で読んでしまった!

  • まずは、彼の作品を手にとってみようと思う

  • 皮肉っぽくて、ユーモラスで、知的で優しい。

  • アメリカの作家、カート・ヴォネガットの、自伝的要素も見て取れるようなエッセイ。
    昨日図書館で偶然手にとって、即座に借りることを決めた。爆笑の嵐である。ユーモア、というか頓知が効いているというか。そして人間としての「まともさ」を感じさせる、社会批判に考え込む。これを知性と呼ぶのだな、と思わせられる。インテリなどではない、注意深く生きるそのセンスにもとづくもののような。
    84歳で逝去した著者の、82歳頃に書かれていた最後の作品ということらしい。
    全部読むのが楽しみなような、もったいないような。

  • 他の主要作品を読み、彼の思想をある程度理解した上で読むと、より良かったのだと思う。
    エッセンスだけを取り出したような作品。
    (2011.7)

  • 未来に残すのはユーモアだけでいい。

  • 「夏は暑く、冬は寒い。地球は丸く、水も人間も豊富だ。ジョー、ここでの寿命はたかだか百年くらいじゃないか。わたしが知っている決まりはたったひとつだ。ジョー、人にやさしくしろ!」
    と、言ってやりたい相手の1人や2人。や、3人や4人。いるね、いるいる。

  • 皮肉にも「ニヒリスト」と言われつづけた作者だけれども。それは違う。

  • 遺作。82歳にしてこれ程のユーモアと独創性!脱帽。

  • 2009年4月29日、1回目読了
    2010年5月21日、2回目読了

    再読しました。
    やっぱり彼はわたしがこうありたいと思う大人そのもので、アメリカ批判・現代文明批判・社会主義的なところ、すべてに共感するし、何よりその絶え間ないジョークが好きでたまりません。
    アイロニックで、ちょっとシリアスで、でもすごくあったかくてやさしい、人に対する愛が根底に溢れるすてきなユーモアたち。
    こんな風に生きたい。こんな人でありたい。
    あと1年と少しだけ長生きしてくれれば、ブッシュではないアメリカを彼が見れたのに…と思うとすごく残念です。

  • ヴォネガットの読者にとっては殊更持ち上げるような書でもない。でも、ヴォネガットらしさが溢れかえっていて、旧作を強烈に読みたくさせるし、もし、初心者の方が読んだなら、是非この回りくどいジョークばかり言ってると思ったら、強烈に響くパンチラインをサラッとぶっ込むこのおっさんの作品を読んで欲しいと思う。きっと今読み終わったあなたは読みたくなってるはずだ。これが幸せでなくて、何が幸せだってんだ!

  • 2016/5/12
    わからん。

  • 爆笑問題の太田さんがこの作品を好きな理由がよくわかる。
    ユーモアと辛辣な皮肉。

  • ヴォネガットの小説は全部読んでいるのに、エッセイは読まずにきた。この遺作にあたるエッセイの存在も発売当初から知ってはいた。小説さえ読んでいればヴォネガットの魂を十二分に汲み取れるはず、と何故か頑固に思っていた。しかしだ。ある日書店でこの表紙に、この眼差しに射抜かれてしまったのだから観念するしかない。果たして読んでみれば小説で言い尽されている内容と紛れもなく同様であった。なのに(だからこそ)何度も目頭が熱くなっては堪えきれなくなった。隅から隅までヴォネガットだった。最後の最後まで。ありがとうを、愛をこめて。

  • カート・ヴォネガットの国のない男を読みました。

    カート・ヴォネガットのアメリカ批判、文明批判のエッセイでした。
    人間はこのすばらしい地球をぼろぼろにしてしまった、というような指摘が満載です。
    ちょっと暗くなってしまいますが、ユーモアもたっぷりあって楽しく読みました。

  • 和訳が良くないのか、読みづらかったんだよなあ。

  • ノーモア、化石燃料中毒!
    ユーモア、世界を笑顔に!

  • スラスラ読めておもしろい。これを読んで僕は、考えることをやめた人間なんだ、とつくづく思った。

全131件中 1 - 25件を表示

国のない男に関連する談話室の質問

国のない男を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国のない男を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする