NHKスペシャル 証言ドキュメント_永田町 権力の興亡~1993-2009

  • 21人登録
  • 4.29評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 日本放送出版協会 (2010年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140814161

NHKスペシャル 証言ドキュメント_永田町 権力の興亡~1993-2009の感想・レビュー・書評

  • 本書は、2009年11月1日から3夜連続で放送されたNHKスペシャル『永田町・権力の興亡』をもとにして、新たに執筆されたもの。1993年の細川政権の発足から民主党による政権交代に至る16年間の権力をめぐる闘いのドラマを、政治家たちの証言で綴っている。
    小沢一郎氏、森喜朗氏など、大物政治家の証言で再現される「権力の興亡」のドラマは読みごたえがあった。民主党政権への政権交代までの平成政治史をたどるのには最適。
    まだ民主党政権誕生直後の高揚した時期だったので、内容も民主党政権への期待感が隠しきれないものになっているが、その後の経緯を知ったうえで読むとなお面白い。

  • ずっとおさらいしたいと思っていた、1993年~2009年までの日本の政治を当事者たちの証言を元に再構築したNHKはやはりすごいと思いました。これを、映像で見たい。やはり語っている人たちの顔がみえればさらにおもしろいだろう。

  • 細川さんがやめないで頑張っていればね、あと1年頑張っていれば自民党はもうバラバラになっていたね。(小沢)
    小沢さんの手法というのは裏切りと裏切らせるっていうことでしょうね。何人かの人を引き連れて出ていくとか、非ぱっていくとか。(森)
    小沢さんのメンツからいうと、悪魔とまで言われた野中ごときチンピラには、やっぱり大衆の前でひれ伏してでもと言わなければ小沢さんは乗り出す道はないと。(野中)
    これはもう崩壊過程に入ったと思ったね。自民党っていうものは非常に日本人的な哲学といろいろな資質を持ち合わせてきた政党なわけだ。だから政権をとってきたんだ。(小沢)

  • マスコミに洗脳され続ける政治音痴な国民に読ませたい一冊

全3件中 1 - 3件を表示

NHKスペシャル 証言ドキュメント_永田町 権力の興亡~1993-2009の作品紹介

1993年の「細川政権」以後、日本は数多の激震に見舞われた。戦後システムの制度疲労。「失われた10年」。"一流国"からの転落。その間、過半数の安定政権がなかなか生まれず、政治は"政権"という権力をめぐる攻防に終始した-。政権交代を仕掛け続けた小沢一郎の証言を柱に、野中広務、亀井静香、森喜朗ら20人を超える政治家の証言で綴る「政権交代」16年史。

NHKスペシャル 証言ドキュメント_永田町 権力の興亡~1993-2009はこんな本です

ツイートする