シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

  • 2547人登録
  • 3.88評価
    • (158)
    • (257)
    • (162)
    • (28)
    • (4)
  • 270レビュー
制作 : 小林 弘人  関 美和 
  • NHK出版 (2010年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140814543

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 敦士 カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略の感想・レビュー・書評

  • 映画「ファイト・クラブ」の台詞「結局所有物に所有されることになっちまう」。。。


    私達は過去50年間に、それ以前の全ての世代を合わせたよりも多くのモノとサービスを消費してきた。しかし、幸せや人生の意義はショッピングモールやパソコンのクリックでは見つからない。そんな中、アリストテレスの「持つことより使うことに、はるかに大きな豊かさがある」を実践する消費者は増えつつある。カーシェアリング、無料交換、スキル・シェアリングなど。インターネットの力も大きい。

  • 『シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略』
    http://booklog.jp/users/jwtdream/archives/4140814543
    著者:レイチェル・ボッツマン,ルー・ロジャース 監修: 小林 弘人,翻訳: 関 美和
    日本放送出版協会 / 単行本 / 2010-12-16


    「所有する」から
    「利用する」「シェアする」
    「シェアリング・エコノミー」の最先端。

    あらゆる物件がシェアできるP2P市場、エアビーアンドビー・ドットコム事例。

    「コラボ消費の二一世紀には、評判や、属するコミュニティ、何にア
    クセスできるか、どうシェアするか、また何を手放すかが、人を定
    義するだろう」

    「同じような目的をもつ人たちが集まり、時間や空間、技術やお金と
    いった、目に見えにくい資産を共有する──これがコラボ的ライフ
    スタイルモデルだ」

    「コラボ消費のさまざまな例を見てゆくと、どのサービスにも、その
    根底に四つの大切な原則があることがわかる──それは、「クリテ
    ィカル・マスの存在」「余剰キャパシティの活用」「共有資源の尊
    重」、そして「他者との信頼」だ」

    「コミュニティのために役立つことをすれば、それによって自分の社
    会的な価値が高まることを、私たちはデジタルな経験をとおして学
    びつつある」


    -目次-

    パート1 新しいシェアが生まれるまで
    第一章 もうたくさんだ
    第二章 ハイパー消費の時代
    第三章 「私」世代から「みんな」世代へ
    パート2 グランズウェル
    第四章 コラボ消費の登場
    第五章 所有よりもすばらしい──プロダクト=サービス・システム
    第六章 因果応報──再分配市場
    第七章 みんな一緒──コラボ的ライフスタイル
    パート3 何が起こるか?
    第八章 コラボ・デザイン
    第九章 コミュニティはブランドだ
    第十章 シェアの進化
    日本語版解説 小林弘人



    内容紹介
    <所有する>から<利用する→SHARE>へ

    車や自転車、工具のシェアからモノのリサイクル、リユース、そして、お金や空間やスキルのシェアまで、インターネットとソーシャルネットワークによって今、かつてない多様なシェアビジネスが始まっている。大規模なコラボレーションとコミュニティが生みだすフェイスブック時代の新しい〈シェアリング・エコノミー〉が、21世紀の社会と経済のルールを変えていく!

    <無料>経済に続く 新しいビジネスチャンスを示唆
    出版社からのコメント
    ベストセラー『フリー <無料>からお金を生みだす新戦略』が提示した<無料>経済に続く、デジタル革命による新ビジネスモデル、<共有>経済の可能性に迫る一冊。
    著者について
    ■[著者]レイチェル・ボッツマン Rachel Botsman
    ビジネス・コンサルタント。最新のインターネットとテクノロジーを通したコラボレーションやシェアの可能性と、それによってビジネスや消費、そして人々の生き方がどのように変化するかについて、各地でコンサルタントや執筆、講演を行っている。オックスフォード大学で美術の学位を優秀な成績で修得後、ハーヴァード大学の大学院課程に学ぶ。現在、ブランド力、イノベーション、サスティナビリティといった分野を横断する形で、世界中の企業のコンサルティングを行っている。ウィリアム J. クリントン財団の前理事長。イギリス、アメリカ、アジア、オーストラリアで活躍。

    ■[著者]ルー・ロジャース Roo Rogers
    アントレプレナー。ニューヨークのベンチャー会社Redscout Ventures代表取締役。起業家として現在OZOlab, OZOcar, Drive Thru Pictures, UNITYTV, Wenite の5つのスタートアップ企業を成功させる。企業戦略およびベンチャーキャピタルの専門家であり、同時にメディア、運輸、飲料といった消費セクターでも活躍。コロンビア大学文学士号を、ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジで経済学修士を取得。現在はニューヨーク在住。

    ■[監修・解説]小林弘人 Hiroto Kobayashi
    株式会社インフォバーンCEO。1994年ワイアード誌の日本版を創刊して編集長を務める。98年に株式会社インフォバーンを設立し、月刊『サイゾー』を創刊。06年には全米で著名なブログメディアの「ギズモード」の日本版を立ち上げるなど、ITメディア界の仕掛け人として多方面で活躍。著書に『新世紀メディア論──新聞・雑誌が死ぬ前に』(バジリコ)、監修・解説にクリス・アンダーソン著『フリー──〈無料〉からお金を生みだす新戦略』(NHK出版)がある。2010年4月より東京大
    学大学院情報学環で非常勤講師を務める。

    ■[訳者紹介]関 美和 Miwa Seki
    翻訳家。慶應義塾大学文学部卒業。電通、スミス・バーニー勤務の後、ハーヴァード・ビジネススクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経てクレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。現在は、ベビーシッター会社のメイ・コーポレーション代表取締役。ダイヤモンド・ハーヴァード・ビジネス・レビュー誌などの翻訳を行う。主な翻訳書に、ハワード・ビーハー/ジャネット・ゴールドシュタイン著『スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則』(日本経済新聞社)、デビッド・マギー著『ジェフ・イメルト──GEの変わりつづける経営』(英治出版)がある。

  • シェアがメインカルチャーになるかという話。
    消費のマインドセットが次の時代にうつっていると感じることができる。
    すでに世界で起きている事例をまとめている。
    コミュニティがブランド化する。

  • ・「すばらしいアイデアはみなそうだが、一つひとつの事例は小さいことでも、その可能性は驚くほど広い。ネギを育てたいグリーンさんと、庭を耕してほしいブラウンさんをつなぐことはあっと驚くようなことだとは思えないかもしれない。しかし一方で、スーパーマーケットが私たちの食生活の中心にあるのも、日々の小さな積み重ねの結果なのだ。ランドシェアはより多くの人々をその環境の外に踏み出させるものだ」

    ・私たちが享受する自由の大部分は、「モノを持つ権利」によって実現されてきたし、何をするかによって自分のアイデンティティをつくりあげてきた。だが、ミレニアム世代、つまり作家ジョン・ポールフレイが言う「生まれたときからデジタル」な最初の世代では、この自己と所有との強いつながりが壊れつつある。そして所有ではない新しいチャネル―パソコンやi-Phoneさえ持っていれば他に何も必要としないチャネル―を通して、していること(ツィッター)や読んでいる本(シェルファリ)、趣味(ディグ)や所属するグループ(リンクトイン)、そしてもちろん友人(フェイスブック)もシェアしている。
    →そうか、フェイスブックに今一はまらないのは、シェアする友人が少ないからか・・

    Airbnb (エアビーアンドビー).、日本でもやってる!!

  • とても刺激的で面白いないようでした。
    僕たちの社会に無くてはならない「お金」という価値観がどんどん剥げ落ちていくような感覚に襲われました。

    詳しい内容は本書を読んで貰いたいのですが、この考えの先にある社会は、「人が生きていくのにそれほど多くのお金が必要なくなっていく」んじゃないかと実感させられました。

    この「シェア」という考え方の基本にあるのは、「他人への信頼」をどのようにデザインしていくか?
    をネット社会の延長線上にどう築いていくか?がとてもポイントになるような気がしました。

    本のタイトルに「ビジネスを生み出す新戦略」と書いているけど、もうこの先の未来には「お金を儲けるためのビジネス」という発想が古いものになっていくようです。

    そして、この「シェア」の土台になる他人への信頼をどのよう「に見える化」するかがおおきなポイントになってきますね。

    フェイスブックに代表されるような、匿名性のないプロフィール。
    個人が人生で何をして、どんな人間で、どんな友だちがいて、社会からどのように評価されているか?がひと目で分かるような社会が出来上がりつつあるんじゃないか。

    そんな風に考えると、これからの世の中、もし大不況になって、お金の価値がなくなって、もう一度リセットしなくてはならない状況になったとしても、はじめは少し大変かもしれないけれど、もともとリアルも含めて他人との繋がりが深く多い人は、それをベースにラクラクと生活を再建できる世の中になるんだろうな。

    ネット社会を通して巨大な物々交換市場が出来上がる。

    「物々交換」というと石器時代に逆戻りしたみたいだけど、そもそも、昔の物々交換のデメリットは、自分の持ち物と、自分が欲しいものとが、必要な時に交換できないところがNGなだけですよね。

    そのデメリットをカバーするために生まれたのがお金という価値で、それが物の流通をオイルのように循環させているだけで、その必要がなくなれば自然とお金の意味も変わっていく

    そう遠くない未来は「お金」と「評価、評判」に対する価値観が徐々にスライドしていく
    そんな社会になりそうですね。

  • 大量生産大量消費の時代からシェアの時代へ。その時代の変化について大きく2つの理由から説明している。1つは環境問題。持続可能な社会を目指すために、環境負荷を抑えることが必要で、これまでの大量生産型社会から否応無く脱却して行かなければならない。前半は環境問題の深刻さを説明し、消費からシェアへ、という流れは選択の余地がない、当然の帰結と説明する。
    もう一つは、人間の欲求そのものが変わりつつあるということ。ものを所有していることの不便さ、窮屈さに多くの人が気づいた(気づいていた)。そこに、インターネットというツールの出現によって、シェアする手段が格段に進み、実践され始め、今ではシェアそのもが楽しい、とかステータスのようにすら感じられつつあるという、人々のマインドの変化が加速して行っているということを、多くのシェアサービスを紹介しながら説明している。
    読む前は、シェアすることに対して、抵抗無くできるのはなぜかが疑問であった。その答えとして本書では、他人からの承認欲求から進んでシェアをするということや、インターネットという空間において、ある程度人間の良心によって、不正が排除可能であることを説明する。また、人間の脳の仕組みから、お金をもらうことと同じくらい、誰かに役に立つことで、満足を得るとも述べている。もちろん、環境への問題意識というものも動機にあるだろう。これまで経済的に合理的と思えることから説明されてきた人間の行動原理はもはや説明できない、もっと人間臭い動機から人々は行動するし、それをインターネットというツールの出現でより簡単に実現できるようになったという。個人的にはインターネットを利用する時点で、ある程度のリスクを覚悟しなければならないと思うが、大量生産大量消費という社会には多いに疑問があるしもうこれ以上続かないわけで、今後の新しい社会の仕組みを考える上で、シェアは欠かせない要素で、もっともっとそういう取り組みが進み、社会全体にシェアに対する意識が広まって欲しいと思う。

  • 使い捨て時代の終焉と共にコラボ消費が始まる。 みんなと共用しながら徐々に消費していく。 資源の節約消費を実行しないと地球が枯れる。 如何に、シェア(共有)するか?

  • 『フリー』『シェア』『メッシュ』『パブリック』と、自分が勝手に<ネット4部作>と名付けているものを、順不同ではありますがようやく読了しました。
    4冊を通して感じるのは、モノを作って売るだけのビジネスはもはや時代遅れであることと、買い手は単なる消費者ではなく、思いを伝えることで生産者や発信者と共に成長するパートナーであるということです。インターネットという双方向メディアの果たした役割は決して小さくありませんが、それ以上に私たちひとりひとりの考え方が変化してきた部分が大きいかと思います。

    最も大きな変化が、本書に指摘されています。つまり、産業革命以来の大量生産・大量消費について、これが正しい姿なのかと疑問を持つ人が増えてきたこと。地球規模のゴミ問題や環境問題が懸念され、リサイクルや環境保護という方向に舵を切りつつありますが、そもそも「買わない」という選択肢もあるのではないか、という趣旨となります。
    本書前半は、大量生産・大量消費による弊害を、事例を挙げて説明しています。とくに印象に残ったのが、太平洋ゴミベルトの話です。海流の関係で北太平洋の中央にプラスチックなどのゴミが集まる海域があるのですが、想像を絶する事態になっているようで、当然ながら環境や生物への影響も小さくありません。元をたどれば、私たちの大量消費・大量廃棄が引き起こした問題であり、人間のエゴが生んだ地球規模の環境破壊です。

    私たちは大量に廃棄するだけではなく、必要のないものを大量に買い、ため込んでしまうことにもなります。いざというときのために、1年のうちで数分しか使わないような工具を持っていたりすることもあるわけですが、必要なときにほかの人から借りたり、逆に自分のものを必要のないときにほかの人に使ってもらったりすれば、お互い助かるのに、という発想は当然出てきます。
    インターネットの力により、遠く離れた人ともやりとりできるようになり、ものの交換や融通がやりやすくなりました。コミュニティが大きくなり、やりとりされる物品の量が一定の規模を超えたことで、さらに発展していくという構図が、世界のあちらこちらで起こっているようです。
    副次的な効果として、交換や貸し借りの結果ものを捨てなくなるので、環境にも優しくなりました。

    後半では、カーシェアリングやソーシャルレンディング、コ・ワーキングといった近年注目されているシェアビジネスがいくつかあげられています。従来の生活を置き換えるものにはならないとしても、シェアビジネスの存在が選択肢を広げ、新しい価値観を生み出していることは間違いないでしょう。
    自分は会社員しか経験がありませんが、コ・ワーキング、あるいはノマドの働き方というのはおもしろいと感じました。「自由に働く」という感覚でしょうか。最近は勤め人でも働き方の自由度が大きくなってきており、会社を飛び出して好きなところで働くノマドや、コ・ワーキングで社外の人とも積極的に情報交換していくことも、かなり市民権を得てきたように思います。自分がやってみたら、すぐに怠けてしまいそうだなあ。(汗)

  • シェア、クリスアンダーソンの「FREE」と色違いの見た目なので、「セット?」と思って読んだ方も多いと思います。
    僕は最初見た時は、「ハァ?」でした。なんで同じ表紙にしとん。と。

    全くピンとこなかったのですが、その後、Facebookの中の世界を感じたあとに読んだら、完全に引き込まれました!
    同じく「mesh」も一緒に読んで、FREEにもSHAREにも、六法全書のように横断的に読んだら、この三冊の中に現代のビジネスのあるべき姿がありました。

    この姿は当然に、「三冊meets自分」なわけでこれからも変容するとは思いますが、どうかセットで見てみてください。同じ解答に辿り着いたらシェアしてください\(^o^)/

  • 再読。トランジションタウンやエコビレッジについて関心を持って調べているうちに、「シェア」という概念の重要性に気付いた。シェアオフィスやコワーキングもそうだが、人間の能力を引き出す新たな可能性のひとつが、この概念かも知れない。本書では様々な「シェア」ビジネスの成功例を紹介している。共通して言えるのは「シェア」がいかに「カッコイイ」ものとして捉えられるか。その為のデザインは非常に大切である。また、インターネットの利用によって取引コストを下げたり、「信頼」「評価」という価値を定数化したりすることが、新たなビジネスを成功させる条件となる。個人の「所有欲」「こだわり」といった観念から、これからの我々はどれだけ自由になれるのかがポイントになるように思う。

  • シェアモデルを研究してまちライブラリーの運営方法の参考にしようと思いました。その意味でとても示唆に富んでいる本です。大量生産時代を創りだしたアメリカでさえ「もの」をシャアして大切に利用していこうという動きが出ているのは、時代が大きく変わりはじめているように感じました。社会資本を個人の思いやりやほんの少しの志で創られる可能性に挑戦したい気持ちを持たせてくれた本です。

  • これは久々に衝撃的だった。
    ソーシャルネットワークというツールの発明により、コミュニケーションのスピードと情報量が圧倒的に向上した。
    インターネット上では今までも行われていた情報やスキルの共有だが、そのスキームがどんどんリアルのコミュニティーにまで広がってきていて、その結果として社会的問題がいろいろなところで解消されてきている。
    何より、ここで紹介されている数多くのモデルは、全てクールですぐに使ってみたいと思うものばかり…。
    人はそういったサービスを一度体験することで、本当に必要だったのは「所有」や「消費」ではなく、「利用」や「体験」であることに気づく。
    またその際に生まれる「コミュニケーション」の心地よさを改めて実感する、まさにマインドセットされるのだ。
    マインドセットが連鎖することにより今後、確実にこのシステムは広がっていくであろう。
    P2Pのコミュニケーションシステムにおいて、重要なのは財務的な信頼以上に個人の人間性に対する信頼である。
    個人としての経験や信頼、すなわち本質的な価値をいかに蓄積し表現していくか、今こそ真剣に考えるべきときだと強く感じた。

  • フリーミアムの次は「コラボ経済」か。

    これまでの経済は個人が特定のモノを独占するという形だった。本書で取り上げられているのは、複数の人間が特定のモノをシェアするという「コラボ経済」についてである。

    「シェア」はけっして新しいスタイルではない。原始時代はむしろシェアが主流であっただろう。書籍を「市民共通の資産」とみなす図書館、ルームシェア、カーシェアなどは以前からある。

    しかし、「コラボ経済」はネット時代が本格化したことで、急速にその環境を整いつつあるのは事実だ。同書には多数の事例が紹介されており、限りない可能性を見せてくれる。

    コラボ経済はいいことづくしのように見える。「結果として」、地球環境にも優しい。共有すれば、過剰消費を避けることができるのだ。

    ただ、根本的に疑問なのは、少消費社会(=コラボ経済)へと変貌した時、資本経済はどうなるのか? 消費しなければ、ゴミも出ないが、経済も動かない。

    コラボ経済や「評判資本」(「ツイッターノミクス」で言うところの「ウッフィー」)は、経済の代わリ得るのだろうか? 

    残念ながら、こうした疑問までは答えていない。経済評論家は同書をどう見るのか、非常に興味深い。続編にも期待したいところだ。 

  • 今年読んだ本のなかで、最も影響を受けたひとつ。
    今後の事業戦略を考えるうえで、「ツイッターノミクス」でのウッフィーの考え方や、「プラットフォーム戦略」の重要性が、この本を読むことでひとつにまとまる。

    今後の資源問題や環境問題を考えると、コラボカルチャーやシェアカルチャーが、コアの「文化」になる・・・。
    と考えると、生産中心の経済指標から、幸せを反映した多面的な価値指標へと移行する。

    ◆過剰消費の20世紀における人の定義
     →信用履歴、広告、所有物
    ◆コラボ消費の21世紀における人の定義
     →評判、属するコミュニティ、何にアクセスできるか、どうシェアするか、何を手放すか

    ◆コラボ消費のシステム
    1、プロダクト サービス・システム(PSS)
     「所有」より「利用」の時代へ。
     ・利用した分にだけお金を払う
    2、再分配市場
     ・ソーシャルネットワークをとおして、中古品や私有物を、必要とされていない場所から必要とするところ(人)に配り直す。
    3、コラボ的ライフスタイル
     ・同じような目的をもつ人たちが集まり、時間や技術など目に見えにくい資産を共有する。

    こういったこれからの流れを念頭において、自己啓発や事業戦略の構築を行うべき。

  • 昨年末に発売されて話題になった「フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略」の続編に位置付けられるような一冊。米国のネット上での動きを「シェアリングエコノミー:共有型経済」という観点から見つめなおし、20世紀が育んだ消費文化へのカウンタ―としての方向性を提示したものである。まだ日本国内で活発に見られるような現象ではないし、本書で紹介されている事例も海外のものなので、なかなか馴染みにくい側面もあるのだが、この変化を日本に昔から根付いている”お裾分け文化”の進化系と捉えると、分かりやすいのではないかと思った。

    ◆本書で紹介されている”お裾分け”の進化系
    1.”お裾分け”が、お仕着せに終わる可能性が少なくなってきている
    「つまらないものですが」と言われていただいたものが、本当につまらないというケース、「お口に合いますかどうか」と言われて出していただいたものが、本当に口に合わないというケースは、誰しも経験があるのではないだろうか。このような不幸なケースは誰が悪いわけでもなく、こちらのニーズやウォンツが顕在化されていない仕組み自体に要因があることが多い。ただし、昨今のネット上で見られる変化のように、情報発信がどんどん簡易化されていくことにより、このような不幸なマッチングは確実に減少していく。考えてみれば、Facebookの「Like!(いいね!)」と「Share(シェア)」という二つのボタンは、実によくできていると思う。一見同じような振る舞いをする、この二つのボタンは、似て非なるものである。「Like!」は、的確な「Share」を呼び込むべく”自分のために行うもの”、「Share」は友だちの顕在化されたニーズを満たすべく、”他人のために行うもの”ということなのだろう。

    2.お裾分けの相手が、ご近所さんには限らなくなってきている
    これまでのお裾分けとは、地縁・血縁、リアルな人間関係等をベースに行われてきた。この根底にあるのは信頼関係というものである。しかし、顔の見えるソーシャルメディアが台頭することによって、信頼できるクラスタ―は、流動化、拡大化することが可能になった。これは同時に、お裾分けの対象が、広がっていくことも意味している。一番大きな変化は、システム化されることで、お裾分けの片割れがクラウドであるなど、一対一には限らなくなってきているということであろう。これは貧富の格差解消など、大きな社会問題を解決しうる可能性もあることではないかと思う。

    3.お裾分けする内容が、モノからサービスへと範囲が拡大している
    1、2の変化によって、お裾分けを効率的、システム的に行うことが可能になれば、お裾分けする内容はモノには限らないという変化を引き起こす。本来は分割できなかったようなものでも、多くのニーズが可視化され、所有から利用へと目的を変えることで、シェアが可能になる。車、バイク、ファッション、玩具、映画、ゲームといったモノですらマイクロ化されていく、新しい動きがおこりつつあるということなのだ。

    こうして考えると、この古くて新しい”シェア”という文化が、お裾分け文化の発達している日本で本格的に根付くのも、そう遠くはないことのように思える。このような動きが加速し、世の中全体が効率的に再編成されると、経済全体が緊縮してしまうような懸念も感じるが、またそこに新しいビジネスが生まれていく可能性も大きい。そして、一番大切なことは、この<シェア>という新しい動きが、貨幣経済の全盛時には見られなかった”新しい価値観”をシェアしてくれるかもしれないということなのだ。

  • シェアは本当に望ましいモデルなのだろうか。その先コモンズと結びついた時、どうなるのか。やはり、マクロな問題ををシェアで解決できると考えるのは少々難しいかなという感想。というのは、経済成長のドライバーとして私的所有がよくあげられるが、シェアがそれに変えて成長を促すとは思えない。ミクロなビジネスにお話としてはありだろうね。

  • ↓レビューの詳細はブログに記しました。
    http://blog.livedoor.jp/ando_shinsaku/archives/1837304.html

    「シェア」って今っぽいですね。
    カーシェアリングに代表されるように、何でも「一緒に」が当たり前になってきました。

    主に扱われているのはアメリカの事例です。
    思うに今アメリカでは、大量消費の結果として使わないものが山のように残ってしまったのでしょう。
    その結果として、「買わずに使おう」というのは当然の流れだと思います。

    一方日本人は、江戸のリサイクル&リユース文化に顕著な
    「ものを大切にする精神」を元来持っているのだと思います。
    それが経済成長を通じて忘れられて来たのではないでしょうか。
    思い出しましょう…電話やテレビをシェアした時代を。
    そして人は共有を通じて人間らしさを求め、コミュニティへと帰っていく-

    そんな時代なのかもしれません。

  • テーマは、ソーシャルネットワークの普及と環境問題の影響により、
    急速に関心が高まりつつある「シェアリング・エコノミー」です。

    本書を読むまでもなく、最近は若い人を中心に、「所有する」から
    「利用する」「シェアする」に価値観が移りつつありますが、本書
    では、その「シェアリング・エコノミー」の最先端を、アメリカの
    事例をもとに紹介しています。

    一泊三〇〇〇ドルのイギリスのお城や、エスキモーのイグルー、ボ
    ートやヴィラ、デザイナーズマンションまで、あらゆる物件がシェ
    アできるP2P市場、エアビーアンドビー・ドットコムはじめ、さ
    まざまなサイトが紹介されており、ビジネストレンドの明らかな変
    化を感じることができます。

    既にCD販売から楽曲のダウンロードへシフトした音楽市場、そし
    てこれからやってくる電子書籍の出版界への影響を考えると、本書
    のアイデアの重要性は、説明するまでもないと思います。

    同じような目的をもつ人たちが集まり、時間や空間、技術やお金と
    いった、目に見えにくい資産を共有する。

    こんなコラボ消費の世界を実現するには、「クリティカル・マスの
    存在」「余剰キャパシティの活用」「共有資源の尊重」「他者との
    信頼」の4要素が必要。

    また、企業が成功するには、新しい報酬モデルの実現や、新しい顧
    客との関係構築も不可欠となるでしょう。

    本書では、シェアモデルで成功している実際の企業の例を取り上げ
    ながら、われわれがどうやってこの新しい経済に対応すべきか、ヒ
    ントを提示しています。

    記述が冗長なのと、『FREE』にはあった「野心」というエッセ
    ンスが欠けているため、精彩を欠く部分はありますが、それでも読
    んでおいて損のない内容。

    発売は16日ですが、これは、今すぐ予約したい一冊です。

    「サイトを立ち上げた時には、ツリーハウスやエスキモーのイグル
    ー、ボートやヴィラ、それからデザイナーズマンションなんて、貸
    したがっている人がいるなんて思いもしなかったよ」チェスキーは
    驚きを隠せない

    コラボ消費の二一世紀には、評判や、属するコミュニティ、何にア
    クセスできるか、どうシェアするか、また何を手放すかが、人を定
    義するだろう

    社会学者のロバート・K・マートンは、意図せざる結果をもたらす
    五つの要因を挙げている。無知、過ち、目先の利益、基本的価値観、
    そして自滅的予言だ

    同じような目的をもつ人たちが集まり、時間や空間、技術やお金と
    いった、目に見えにくい資産を共有する──これがコラボ的ライフ
    スタイルモデルだ

    自家用車を持たない生活が、参加者のお財布や健康、そしてコミュ
    ニティにもよい影響を与えたことがわかった。参加者の公共交通機
    関の利用は九八パーセント増え、自動車での移動距離は六六パーセ
    ント減り、自家用車の付帯費用も平均で六七パーセント節約された

    コラボ消費のさまざまな例を見てゆくと、どのサービスにも、その
    根底に四つの大切な原則があることがわかる──それは、「クリテ
    ィカル・マスの存在」「余剰キャパシティの活用」「共有資源の尊
    重」、そして「他者との信頼」だ

    余剰キャパシティは、自転車や電動ドリルなどのものに限らず、目
    に見えにくい時間やスキルや空間、あるいは電力などのコモディテ
    ィにもあてはまる。イギリスのランドシェアや、アメリカのヤード
    シェア、シェアードアース、アーバン・ガーデンシェアといった同
    じようなサービスは、農作物を育てたくても土地のない人たちと休
    耕地を結びつけ、さらに菜園づくりを手伝う時間やスキルのある人
    をつないでいる

    コミュニティのために役立つことをすれば、それによって自分の社
    会的な価値が高まることを、私たちはデジタルな経験をとおして学
    びつつある

    私たちは、CDが欲しいのではなく音楽を聴きたいのだ

    ライブワークの戦略デザイナー、デヴィッド・タウンソンは、サー
    ビス・エンヴィーとは「モノよりサービスを欲しがらせること」だ
    と言う。そして、そのためには持っているものではなくて利用して
    いるサービスをとおして自分がどんな人間かを相手に表現できるよ
    うなサービスをつくる」ことが必要だ

    販売数ではなく、利用頻度を最大化する経済にシフトすれば、環境
    メリットとビジネスメリットは一致する。企業は会員費やマイクロ
    ペイメント(少額課金)を新しい収益の柱にできる

    「世の中にいらないものなんてない。使えるものが、ただ間違った
    場所にあるだけ」(フリーサイクル創業者 デロン・ビール)

    リユースのもうひとつのメリットで、また思いがけない結果でもあ
    るのは、そこにコミュニティができることだ

    「消費者は、コミュニティの一部になりたがっている」
    (ナイキ・ブランド チャーリー・デンソン社長)

  • コラボ消費:①プロダクト=サービス・システム(所有より利用)②再配分市場(必要とする人に配り直す)③コラボ的ライフスタイル(時間、空間、技術、お金という資産を共有)「ネットで信頼を築く評判資本」

  • 所有から共有する時代へ。本書にあるネットフリックスとかは昨年知ったしなぁー時代は確実に、車や家を持っている時代から、シェア、共有する時代へとなっているということか。何度かほかの本で読んだ、大富豪の考え方に近いかも。彼らは不動産を持っているが、家を建てることはしない。家は資産をうまないからである。
    産業廃棄物について、いちばんいいのは新しいものを買わないことである。子供の頃、よく、カードとかゲームをばくっていたなぁ。

  • もっと早く読めば良かった

    シェアの発想のキッカケになった太平洋ゴミベルトの存在を初めて知った。

    シェアをして、物を大切に使う事を考えさせられた。

    画像で見て驚いたが

    生のゴミベルトも見て見たい。

  •  ちょっとこちらの本の内容と主旨が違うかもしれないが『金持ち父さんの投資ガイド上級編』を読むと『シェア』とリンクする考え方の記載があった。投資家の中でもハイクラスになると「自分の名前では何も所有したいとは思はない…」しかし一般的な投資家は「何もかも自分の名前で所有したい」という記載がある。興味がある方はこちらもおすすめする。個人が所有するから組織で利用するという考え方にシフトすると物理的、精神的な富が増えらしい。物事はそう単純じゃないが複雑と知り単純に行動するのが良い(笑

  • ペーパーバック版を購入。
    本書はハードカバー版が2010年に発売されているが、2016の今読んでもその内容は色あせていない。
    むしろ、日本でもAirbnbやUber、メルカリなどといったシェアの流れを組むサービスがテレビが注目されてきた現在に読むほうが2010年の発刊当時に読むよりも身近に感じる。

    内容はシェアという経済の形がいかに素晴らしいかということや、実際のサービスの紹介(AirbnbやUberなど)やそれがいかに社会の中に広がりはじめているかということが中心だ。

    <要約>
    もはや「シェア」は貧乏臭いものではない。インターネットと結びついたシェアは個人の利益の追求と省資源化、コミュニティの復活、低コストを両立させる新たな時代の流れか。

  • 話題になってから何年もたって読んだのだがそれでもとても刺激的だった。ハイパー消費国アメリカでこんなに広範囲のシェアビジネスが広がっているとは! でも本当に必要な物だけを吟味して買ってそれを使い倒すような生活信条の僕に取って、自分でもやってみようとはイマイチ起こらない。特にシェア革命が資源の枯渇を防ぐと強調しすぎるのはどうかと思う。

  • コラボ消費の原則として、クリティカルマス、余剰キャパシティ、共有資源の尊重、他者への信頼
    ユーザーの力にゆだねることで、人々が自分たちの行動やコミニティ全体の行動を管理するよう後押ししている
    初期のコアメンバーを引き入れることに多くの時間を使い、その後継続的に初期ユーザーを他のメンバーに紹介してゆく

全270件中 1 - 25件を表示

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略に関連する談話室の質問

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略の作品紹介

ネットを通じたコラボレーションとコミュニティによって、持続可能な経済=シェアリング・エコノミーが始まった。"所有する"から"利用する"へ。ソーシャルネットワークが可能にした、Facebook時代の新しい経済。

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略のKindle版

ツイートする