脳の個性を才能にかえる 子どもの発達障害との向き合い方

  • 39人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • NHK出版 (2013年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140816080

脳の個性を才能にかえる 子どもの発達障害との向き合い方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「脳の多様性」
    読んでると、このことばの素敵さありがたさがじわじわと、この私でもいいんだなと。
    どんなものもスペクトラム、状態の差はあってもつながってるという、
    文化や環境で、障害になるのか才能になるのか、というような内容に、ほっとしたというか、
    だからといって、今の状況が変わるわけではないんだけど、なんだかすごくほっとしました。

    サブタイトルに「子ども」とあるし、後半は子どもの教育にふれてるけど、
    成人当事者もすくわれる内容だと思いました。

    著者が抗うつ剤のみながら書きました、というのにも、勝手に親近感。

  • 長所を伸ばすことで短所をカバーすることと、適材適所の極み。
    そう簡単に埋まらない短所を埋める努力の何割かの労力で、長所をのばしてあげれば何倍もの成果が得られるのに、それを阻むものは何なのだろう。

  • 副題には「子どもの発達障害との向き合い方」とあるがうつ病や統合失調症、不安障害、ダウン症なども取り上げている。

    とかく「できないこと」ばかりやり玉にあげられてしまいがちな精神障害や脳の障害。何故その遺伝子は淘汰されずに残ってきたのか。またどのような才能を秘めているのかを障害ごとに述べている。
    障害とされるものも文化が違えば何の問題もなかったり崇められる場合もある。

    遺伝子は多様性を持たなければ全滅する危機が常にある。しかし望まれる子ども像はテストを受ける機械である。

  • ネガティブに捉えられがちな自閉症やADHDなどの個性を持つ人たちの奥に眠っている才能を引き出して、社会で立派に生きていくための手助けをしようと私達に語りかけている本です。
    障害者と呼ばれる個性のある人達には、それぞれどこかに強みがあり、その強みを生かせる場所がきっとある。
    強みを生かせる場所を見つけるためにはその才能をいち早く見つけ出し、個々にあったニッチづくり(環境づくり)が必要だとこの本は教えてくれています。
    自閉症やアスペルガー症候群、ディスレクシアなど、名前は聞いた事があるけれど、実際どのような症状なのかはよく分からないという人にも、知識を深めるために読むことをおすすめします。

全4件中 1 - 4件を表示

トーマス・アームストロングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

脳の個性を才能にかえる 子どもの発達障害との向き合い方の作品紹介

肌や髪の色がみな違うように、脳にも多彩なバリエーションがある。自閉症はシステム化能力に、ADHDは発想力に、ディスレクシアは視空間能力に長けていることが多い。気分障害・不安障害・統合失調症は三者三様の創造力に、知的発達の遅れは社交力に秀でているとも言われる。いわゆる「障害」をもつと言われる人たちが、本書の中では、ユニークな方法で人生を切り開き、生き生きと暮らしている。自分の強みを活かした仕事をし、社会をより豊かにしている。こうしたことが可能になるためにはどのような教育観が必要なのか?環境や学習法を、どのように変えたらいいのか?インクルーシブ教育を成功させる秘訣とは?脳の個性をはぐくむための新しい方法を提案する実践ガイド。

脳の個性を才能にかえる 子どもの発達障害との向き合い方のKindle版

ツイートする