魂の旋律-佐村河内守

  • 19人登録
  • 2.83評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 古賀淳也
  • NHK出版 (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140816134

魂の旋律-佐村河内守の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐村河内守さんの存在をずっと知らなかった。
    もし以前から知っていたらきっと感動したと思う。
    この本の著者のように。
    こういう人もいるんだと。
    漫画の主人公の特殊能力のような能力を駆使して作曲をする姿に感動して、曲を是非聴いてみたいと思っただろう。

    ゴーストライターがいたというニュースを聞いて、逆に興味を惹かれたのは、佐村河内さんの考えた設定(という言い方も変かもしれないが)がとても魅力的だと感じたからだった。
    佐村河内さんを信じていた人達はショックだろうと思いながらも、「現代のベートーヴェン」なんて本当にいたら素敵だよねなんて考えも少しあった。
    ノンフィクションではなくても、フィクションとして読んではどうだろうかと思い図書館で借りてみた。
    でも、この本を読んでみてそんな軽い話ではなかったと後悔した。
    著者の古賀淳也さんは佐村河内さんの作曲家としての才能を心から信じていて、未来のために彼の姿を残すことを自分の使命だと感じている。
    その想いがあまりにもまっすぐで、嘘だと分かって読んでいると胸が痛む。
    そして佐村河内さんを慕っている子供たち。
    彼らはあのニュースをどんな気持ちで聞いたのだろうか。
    想像も出来ない(したくない)。

    佐村河内さんも苦しかったのではないか。
    こんなにたくさんの人を騙すことになるなんて最初は想像していなかったのでは?
    傷つけてしまうことが分かっていたから嘘をつき続けるしかなかった。きっと。

    どちらの想いも想像することしか出来ないけど。
    どちらもきっと苦しんでいる(いた)。

    興味本位で読むような本ではありませんでした。
    すみません。私、不謹慎でした。

  • 今となっては茶番の記録だが、佐村河内守の「物語」(音楽ではない)に救われた人々が当時確かに存在したことを示す記録でもある。この国の低劣な民度を(美談商業主義のみならず、詐術発覚後の佐村河内の誠意の欠片もない対応や、手のひらを返した大衆・マスメディアによる他人事のようなバッシングを含めて)如実に露呈した事件の「史料」としての価値がある。

  • 初読

    ノンフィクション…の筈が結果的にフィクションにw

    被災者の人達との触れ合い、今となっては心が痛むなぁー
    思いっきり興味本意で読んでるんだけど、
    サムラゴーチ氏と触れ合った人達の心に
    傷が残ってない事を祈ります。

    てか、母親を亡くした女の子への
    話を聞く場面とか、ひょっとしたらサムラゴーチ氏自身も
    「その気」になってて、彼女を癒せる気がしてたのかもしれないけど
    、母親の被災現場に連れてくとか
    絵が欲しいが故のあまりにも軽率だよなぁ

    しかし、レクイエムが降りてこないつって苦しみの場面、
    新垣氏が他の場所で作ってたと思うと、安定の面白さだな!w

    人を巻き込んでなければ面白いのにねぇ
    この古賀さんは本当に取り込まれてたのかなー

  • 08年に佐村河内氏と出会い,取材を通して寄り添い,13年3月放送のNスペに企画を持ち込んだフリーのディレクターによる書籍。斜め読み。
    検証番組まだかなー?

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4140816139
    ── 古賀 淳也《魂の旋律 ~ 佐村河内 守 20131025 NHK出版》
     
     古賀 淳也 元TBS 1977‥‥ 愛媛 /フリーディレクター
     古賀 淳也 競泳選手 19870719 ‥‥ /[B] 世界水泳選手権(ローマ)男子100m背泳ぎ金メダル
     
    …… 佐村河内守さん 別人に作曲を手伝って貰っていたことを明らかに
    Nスペ等で大きく取り上げブームを作ったNHKは謝罪 Nスペ制作等一連の
    企画の中心は元TBSのフリーD古賀淳也氏(速報)(20140205)
    http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2014/02/nnhk-9818.html
     
    (20140211)
     

全5件中 1 - 5件を表示

魂の旋律-佐村河内守の作品紹介

あまたの人々の心を震わせた「交響曲第1番"HIROSHIMA"」と、大震災の被災地の人々への鎮魂の思いを注いだ「レクイエム」の誕生。全聾の作曲家・佐村河内守に5年間寄り添った著者が、いのちの作曲の軌跡を綴る。大反響を呼んだ「NHKスペシャル」の出版化!

ツイートする