NHKスペシャル マネー革命〈第3巻〉リスクが地球を駆けめぐる (NHKライブラリー)

  • 56人登録
  • 3.95評価
    • (7)
    • (7)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 日本放送出版協会 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140842188

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
マイケル・ルイス
有効な右矢印 無効な右矢印

NHKスペシャル マネー革命〈第3巻〉リスクが地球を駆けめぐる (NHKライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    いま、世界のネットワークを駆けめぐるマネーのほとんどが金融工学を駆使して作られた仮想マネーであり、常に暴落の可能性をはらんでいる。
    世界同時株安のような負の連鎖が始まったとき、仮想マネーは行き場を求めて暴走する。
    人類はこれをいかに管理して世界金融恐慌を防げばよいのか。
    現代の金融が抱えるリスクの本質に迫る。

    [ 目次 ]
    1 巨額損失を出した花形トレーダーたち
    2 地方自治体を破綻させたデリバティブ巨額損失
    3 デリバティブを作って売る人、リスクを知らずに買わされる人
    4 リスク管理を可能にするバックオフィス用ソフトウェア
    5 国家財政破綻へ至ったロシア版「マネー革命」の真実
    6 「夢のヘッジファンド」破綻の真相と救済劇
    7 金融システム崩壊の悪夢・ブラックマンデーの一日
    8 リスクを封じ込んだ破綻銀行買収の一〇日間
    9 複雑系人工知能が描き出す市場崩壊のシナリオ
    10 チューリップ投機が警告するリスク社会の未来

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • NHKのドキュメンタリーを3冊の本にしたもの。

    B・N・Fさんがヴィクター・ニーダーホッファーについて語ったときに、この番組について話していたので興味本位で図書館で借りてきて流し読みしました。

    内容は面白いですが、読むのに少しエネルギーが要ります。興味がないと読みすすめられないでしょう。

    1999年の本ですが、この本ですでにレバレッジの危うさ・金融商品の情報の非対称性(特にデリバティブ)について語られています。

    相手の無知に付け込んで、リスクの高い商品をあたかもリスクが低いように見せて売る。デリバティブなどの複雑な商品の絶好の鴨は何も考えずにかってくれる人だそうである。相手を騙して金を巻き上げるというのは心がすごく貧困だと思う。

    読んでいて「何度も似たようなことが原因で金融危機が起きるのは同じ人が同じ間違いをしているのか?それとも世代が変わるごとに別の人間が同じ間違いをしているのだろうか?」という疑問を抱きました。


    また、印象に残っているのはシティ・コープの会長リードの「銀行ビジネスというものは、もともとリスクをとることです」(p300)という言葉。今の銀行のあり方を比べるとどうでしょう?


    あと、信用収縮について書かれているともっと良かったと思います。

    -----
    ジム・ロジャースやジョージ・ソロス、LTCMの面々には触れているのに、バフェットに触れていないのはちょっと不思議です。彼が全うな投資家だからでしょうか?個人的にはバフェットのインタビューがあればもっとよかったです。


    *このコメントは何度も追記して書いているので読みにくいかもしれません。すいません。

  • 金融の本質をよく考えてみたい人は、必読ではないでしょうか。

    (3巻ともお勧めです)

  • NHKの金融シリーズ3巻目。またまたブックオフで購入。

    この本の中でもっとも面白かったのが、ベアリングズ銀行と大和銀行の相似性。

    どちらもトレーダーのことをうまく管理できておらず、私が読み進めた限りでは、両事件は起こるべくして起きたと思う。周知のように、ベアリングズ銀行は、吸収合併されてしまうし、大和銀行は、アメリカで営業停止処分をくらってしまう。

    これほどの大きな二つの銀行が全くリスク管理できていないのはひどく驚いた。今では、そういった事態は改善されていると信じたい。

    本の最後の方では、10年前の本にも関わらず、サブプライムローン問題が暗示されていて(つまり、リスクが世界を駆け巡るようになるといった主張がなされていて)、この本のレベル高さをうかがい知ることができる。


    NHKの取材班はよくも素人の状態から(彼らはプットもコールも知らなかった)、ここまでの本を作ったと思う。彼らの努力に敬意を表したい。

  • 第三巻では、ヘッジファンドの破綻の話が中心。
    サブタイトルは、リスクが地球を駆け巡る。
    ブラックマンデーは、どうやっておこったのか。FRBはその時。。。。。2巻に続いて、LTCMの破綻の話もあります。破綻後に当人たちに取材も行っています。リスクの連鎖。。。。。。。。最近投資情報でいわれる金融不安。。。それは。。。。

全6件中 1 - 6件を表示

NHKスペシャル マネー革命〈第3巻〉リスクが地球を駆けめぐる (NHKライブラリー)を本棚に登録しているひと

NHKスペシャル マネー革命〈第3巻〉リスクが地球を駆けめぐる (NHKライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NHKスペシャル マネー革命〈第3巻〉リスクが地球を駆けめぐる (NHKライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

NHKスペシャル マネー革命〈第3巻〉リスクが地球を駆けめぐる (NHKライブラリー)の単行本

ツイートする