知っておきたい日本経済70の勘どころ (生活人新書)

  • 23人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
  • 日本放送出版協会 (2006年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140881842

知っておきたい日本経済70の勘どころ (生活人新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    グローバル化・高齢化・市場化の波にさらされ、格差社会へ進むニッポン。
    将来にはどのような経済社会が待ち構えているのか。
    経済・金融・産業の動向をウォッチし続けている銀行エコノミスト・リサーチャーたちが丁寧に解説。

    [ 目次 ]
    第1章 日本経済とアメリカ・EU・BRICs(日本経済―復活はホンモノか;アメリカ経済―今後も世界経済をリードするか;EU経済―活力を取り戻せるか;BRICs―存在感はさらに高まるか)
    第2章 産業界の新たな潮流(日本企業―リストラは完了したのか;雇用・賃金制度―終身雇用・年功序列は見直されるか;デジタル家電―価格下落に勝つ条件は何か;自動車―環境問題にどのように対応するのか)
    第3章 変貌する金融市場(株価―株価の上昇は続くのか;為替レート―為替予測はなぜ難しいか ほか)
    第4章 家計と国民生活(家計の収入と金融資産―懐具合は温かくなるか;団塊世代―経済格差は拡大するか;日本版富裕層―日本の高給取りの特徴は何か;NPO―影響力は強まるか)
    第5章 構造改革進む公的部門(財政赤字―国は借金を返せるのか;公的金融改革―郵便貯金や公的年金保険料は有効に使われているか;PFI・指定管理者制度―「官から民へ」を加速させるか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 何かのブックレビューに乗っていたと思うんだけど
    買ったいきさつはわすれてしまいました。

    とりあえず、結構前に買ってさーっと読んだ覚えがあります。
    今久しぶりに見てみたら、中身が薄っぺらく感じるのは
    毎日新聞を読んだり、経済的な知識を付いたからかなと思います。

    ということで、入門本としてはお勧め。
    身近に感じられない経済を身近に感じさせてくれる本です。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

知っておきたい日本経済70の勘どころ (生活人新書)はこんな本です

ツイートする