脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

  • 3748人登録
  • 3.70評価
    • (289)
    • (504)
    • (554)
    • (63)
    • (14)
  • 463レビュー
著者 : 築山節
  • NHK出版 (2006年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140882023

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デイル ドーテン
トニー・ブザン
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)の感想・レビュー・書評

  • 前頭葉を鍛えるための数々の気づきをくれた本。
    具体的でわかりやすく書いてあるのでとても勉強になった。
    特に響いた点を列挙します。

    ・作業に取り掛かる前に時間を決める
    脳は時間を決めて取り掛かることによってその時間までに終わらせようと構築する。ダラダラ制限時間を決めずに終わった時が終わりと思わず、その時間までに終わらせようと努力することにより集中力が増す。これは様々な集中力を高める系の本に書いてあるとても大切な部分のようです。

    ・忙しい時ほど机や鞄の整理をする
    仕事なとで忙しい時ほど整理整頓をすると頭の中が整理され物事に優先順位をつけられるようになる。料理や掃除などの家事も脳トレ的な意味合いで有効な方法。

    ・面白いことがあったら誰かに聞かせようと思いながら生活する。
    常に誰かに話そうと思いながら生活をすると、記憶力が高まり、話の構成なども考えるようになるので前頭葉を鍛えることにつながる。ブログなどで人に見てもらうと良い。

  • 目次
    1.脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かす
    2.生活のどこかに「試験を受けている状態」を持つ
    3.夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を活用する
    4.家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなす
    5.自分を動かす「ルール」と「行動予定表」を作る
    6.忙しい時ほど「机の片付け」を優先させる
    7.意識して目をよく動かす。耳から情報を取る
    8.「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書く
    9.メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てる
    10.「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話す
    11.脳のためにも、適度な運動と「腹八分目」を心がける
    12.定期的に画像検査を受け、脳の状態をチェックする
    13.「失敗ノート」を書く、自分の批判者を大切にする
    14.ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにする
    15.人を好意的に評価する。時にはダメな自分を見せよう
    番外.最低限の脳機能を衰えさせていないか確認する

  • 《習慣1 生活の原点をつくる―脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう》p17
    ・脳の活動を安定化させるには、生活のリズムを安定させることが大切
    ・そのためには、まず生活の原点をつくることが大切。朝一定の時間に起きよう
    ・脳にもウォーミングアップが必要。足・手・口を意識的に動かそう

    《習慣2 集中力を高める―生活のどこかに「試験を受けている状態」を持とう》p33
    ・集中力や頭の回転の速さは、それ自体を「上げよう」と思っても上げられない
    ・意志的にできるのは、時間と距離(仕事の量)の関係をはっきり認識すること
    ・時間の制約をなくすと、「何がより重要か」も判断しにくくなる

    《習慣3 睡眠の意義―夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう》p47
    ・睡眠は、疲労回復のためだけではなく、思考の整理を進ませるためにも必要
    ・夜は情報を蓄える時間に向いている。考えを大雑把にまとめ、早く寝よう

    《習慣4 脳の持続力を高める―家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう》p59
    ・毎日自分を小さく律することが、大きな困難にも負けない体制を育てる。p65
    キーワード:選択・判断・系列化
    ・脳を鍛えるときは、司令塔である前頭葉を鍛えることを意識するといい
    ・前頭葉を鍛えるときは、テクニック以前に体力をつけることが大事
    ・家事や雑用を積極的にこなすことは、前頭葉の体力を高める訓練になる

    《習慣5 問題解決能力を高める―自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう》p73
    ・瑣末な選択・判断を効率化させるルールを持っておくと、脳の力を有効に使える
    ・一日の行動予定表や仕事を解決するまでのプロセスを書くのも、脳の仕事を助ける
    ・書いたものを自分で分析したり、他人に評価してもらったりすることも大切

    《習慣6 思考の整理―忙しいときほど「机の片付け」を優先させよう》p85
    ・物の整理は思考の整理に通じている。忙しいときほど片付けを優先させよう
    ・仕事で混乱したときは、机を機能的に整理することから始めてみると立て直しやすい

    《習慣7 注意力を高める―意識して目をよく動かそう。耳から情報を取ろう》p97
    ・脳の健全な働きを保つためには、目を動かして積極的に情報を取ることが必要
    ・目を動かす(フォーカス機能を使う)時間を意識的に多く持とう
    ・視覚的情報が遮断された状態で耳から情報を取る訓練をするともっといい

    《習慣8 記憶力を高める―「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう》p111
    ・使える記憶を増やすには、出力することを意識して情報を取ることが大切
    ・その出力の機会を増やすために、報告書やブログを活用しよう
    ・会話する機会が少ない人には、書き写しや音読が有効なトレーニングになる

    《習慣9 話す力を高める―メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう》p123
    ・人の質問に答える形で話を長くしていく(周りの人の協力が大切)
    ・メモを用意し、そのキーワードを辿りながら慣れない話を長くする
    ・写真を撮ってきて、それを示しながら表現を膨らませていく

    《習慣10 表現を豊かにする―「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう》p135
    ・表現を豊かにするには、いくつかのパターンを身につけ、訓練することが有効(質問を想定する、話のナビゲーションを自分でつくる、風景を思い浮かべる)
    ・話が通じないのは相手のせいと考えてはいけない。相手の身になって考えよう
    ・たとえ話を織り交ぜながら話そうとしていると、脳が総合的に鍛えられる

    《習慣11 脳を健康に保つ食事―脳のためにも、適度な運動と「腹八分目」を心がけよう》p145
    ・生活習... 続きを読む

  • 【489】

    前回のに続き勉強になる。
    普段やってることを文章化してくれてる感じがとてもわかりやすい。

    失敗を書き出す、ルールを書き出すはやっていなかったので実践する価値はあるかも。

  • やっぱ、早起き、運動!
    この著者の書いた勉強法の本も、今日書店で発見。
    買ってみようかしら?

  • 「脳が冴える」となっているが、どちらかと言うと「脳を冴えない状態にしない」為の方法について説明した本。

    よく脳はコンピューターに例えられるが、機械ではないので、調子の善し悪しが出てくる。しかし、規則正しい生活を心がけ、脳の働きの良い時と悪い時を把握して行動する事で、脳がさえた状態で仕事などに取り組むことが出来ると説いている。

    長時間連続して仕事をすることが常態化すると、脳の出力回転が上がらず、より、効率が落ちると言うスパイラルにはまると言うのは、なるほどど思った。
    その対策として、制限時間を設けて仕事に取り組むことで、脳の回転が上がる環境を作る事が大切だと言っている。

    良かった言葉
    ・毎日自分を小さく律する事が、大きな困難にも負けない体制を育てる。
    ・物の整理は思考の整理に通じている。忙しい時ほど片づけを優先させよう。
    ・仕事で混乱した時は、机を機能的に整理する事から始めると立て直しやすい。

  • 普通のことがいかにできていないか、そしてそれをしないことがどんだけ脳を退化させるか、の恐怖感を押し付けられた感じだが、とりあえず一日1000語言葉を発しないとしゃべれなくなるそうなので、お風呂につかりながら音読することにした。

  • 仕事に息詰まっている人にオススメできる、生活していく中で必要な本である。
    ビジネス書では、効率的に仕事を推し進める(仕事の仕方)内容のものが多い。
    効率的に行うことこそが美徳と考え、誤ったとらえ方をすると大きな落とし穴にはまるであろう。
    脳が冴える15の習慣という本では本当の意味で、効率的に仕事をすることを教えてくれる。
    仕事をする上で必要な機能として、身体がもっとも大事であることを気づかせてくれた。
    自身を知ることで、能率を上げ、しいては仕事の効率につなげる。
    そんな今まで知り得ないことを、15の習慣に置き換えてくれているので、非常に読みやすい。
    生活する上で、自身のバイブルとして保管する。

  • 頭の回転の速さは意外と日常的な活動の中で鍛えられているということを、脳神経外科の経験を生かしてわかりやすく説明し、実行しやすい15の習慣に落とし込んでくれている。一読の価値はあると思う。

  • なんでこの本を買ったのか・・・覚えてない・・・
    たまにアマ○ンからくる「おすすめ本」メールにたまたまヒットして買ったのかも
    同じような「脳」に関する本がまだ積読の中にあるし・・・

    まぁ、結局のところ使わないもの・能力は衰えて、その内消滅しちゃうって事かな
    便利になった世の中に生きていて、でも便利になればなる程、人間本来の能力・本能みたいな
    ものは使わなくなっていって・・・気づいた時には消滅しちゃってる・・・怖い、怖い・・・

    テレビを見てる間やPCゲームしてる間って、脳はほとんど動いてないらしい
    昔、どっかのテレビで実験してたけど、脳の血流は真っ青だった・・・
    逆に何か書いてる、本を読んでる、身体を使って運動してるような時、脳は活発に動いて
    真っ赤になっていた
    この実験を見てから、むやみにテレビをつけっぱなしにしなくなった

    あと、やっぱり大事なのは「運動」
    何か考え事してる時や、まとめたい時、私は座っては考えない
    グルグル歩き回って「!」ってなる事が多い
    頭と身体は別じゃなくて一緒だからね・・・

    規則正しく、バランスの良い生活を実践しなさいって事かなぁ~

  • (1)生活の原点を作る→起床時間を一定にする。(2)集中力を高める→試験を受けている状態を一日の中に多く作る。(3)夜は情報を蓄える時間。→インプットを多くしておく。(4)思考の整理→机の片付け(鞄の中身を即座に答える)。(5)注意力を高める→目を動かす。(6)表現を豊かにする→比喩を用いる。(7)脳を健康に保つ食事→腹八分目(粗食)。(8)脳の自己管理→失敗ノート。(9)意欲を高める→人を好意的に評価する。

  • 脳がさえてないと感じる現在の理由は、アウトプットの少なさが原因と考えます。また、終わらない仕事とであっても時間を区切って「試験を受けている状態」を作ることを今後心がける。また寝る前は暗記物もしくは仕事関連のものをするようにすることが大切。

  • 脳の専門家が脳機能について分かりやすく解説している。読みやすく役にも立つ良書。

  • ・例えば、大事な試験を受けるときのことを思い出してみてください。90分なら90分という時間の制約が先に与えられているから、その時間内にあれだけの問題が解けるわけです。その時間の制約をなくしても同じ速さで問題が解けるかと言えば、そうはいかないでしょう。途中で何度も飽き飽きしながら、下手をすると1日近くかかってしまうかもしれません。「脳の基本回転数を上げるには、時間の制約が必要」ということです。
    ・同じ一生懸命に仕事をするのでも「試験を受けている状態を一日に何回作るか」という方向に考えを切り替えていかないと、いつまでも脳をうまく使えるようにはならないとおもいます。
    ・そのためには、まず、人との出会いを大切にしてください。そして、一度作った人間関係を簡単には壊さないようにしてください。それをする努力の中で、脳は自然と鍛えられていきます。いろいろな役者がそろった舞台の上で、自分もいろいろな役割を演じつつ活動をマルチにし、豊かな人生を送りましょう。それが脳にとっていちばん大切なことです。

  • 古い書籍で作者の年齢も少し老いた印象だが、学べることはあった。
    脳がさえるようにするための実践方法がいくつも記載されている。

    シンプルながら
    失敗したことはノートにメモする
    忙しくても整理整頓を常に行う
    小さなタスクでも必ず行い、達成感を得るようにする
    家事は脳のウォーミングアップに使う という点はすぐに実行できる内容なので実施していく。

  • 最近、何となく頭がぼんやりしている、記憶力や集中力が衰えたように感じている -- 。そんな「冴えない脳」を治すための15の習慣を提案。仕事ができる脳、若々しい脳を取り戻すためのポイントを分かりやすく示す。

    生活の原点をつくる―脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう
    集中力を高める―生活のどこかに「試験を受けている状態」を持とう
    睡眠の意義―夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう
    脳の持続力を高める―家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう
    問題解決能力を高める―自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう
    思考の整理―忙しいときほど「机の片付け」を優先させよう
    注意力を高める―意識して目をよく動かそう。耳から情報を取ろう
    記憶力を高める―「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう
    話す力を高める―メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう
    表現を豊かにする―「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう
    脳を健康に保つ食事―脳のためにも、適度な運動と「腹八分目」を心がけよう
    脳の健康診断―定期的に画像検査を受け、脳の状態をチェックしよう
    脳の自己管理―「失敗ノート」を書こう。自分の批判者を大切にしよう
    創造力を高める―ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにしよう
    意欲を高める―人を好意的に評価しよう。時にはダメな自分を見せよう
    高次脳機能ドックの検査―最低限の脳機能を衰えさせていないか確認しよう

  • いくつか参考になった。集中力

  • 下記に気になった点を記載
    ・人間はどこかで、会社なり学校なり、自分以外の誰かに動かされている環境を持っていなければいけません。何も強制されていない環境に置かれると、人間はいつの間にか、脳のより原始的な機能である感情系の要求に従って動くようになってしまいます。
    ・脳の活動を安定させるには、生活のリズムを安定させることが大切  ●そのためには、まず生活の原点をつくることが大切。朝一定の時間に起きよう
    ・脳の基本回転数を上げるには、時間の制約が必要
    ・夜は思考系の中枢である前頭葉が疲れていて、感情系が優位に立ちやすくなっているので、冷静な話になりにくいからです。
    ・夜は情報を蓄える時間に向いている。考えを大ざっぱにまとめ、早く寝よう、睡眠も思考の一部」
    ・前頭葉が指令を出し続けられなくなったとき、次に人間を動かすのは感情系の要求です。つまり、面倒なことはしたくない、楽をしたい、人任せにしたいという、脳のより原始的な欲求に従って動いてしまう。結果的に、前頭葉の体力が落ちてくると、やればできるのにやらない人、自分を律して主体的に行動するよりも、人から命令されなければ動かない、感情系の要求に従ってダラダラ過ごす時間の長い人になってしまいます。
    ・脳の基礎体力は、日常的な雑用を面倒くさがらずに片付けることで鍛えられます
    ・毎日自分を小さく律することが、大きな困難にも負けない耐性を育てる
    ・自分の失敗を記録し、傾向を割り出すことは、脳の自己管理にとても有効  ●失敗を分析するときには、小さな失敗から注目していくと分かりやすい

  • 脳を健康に保つための習慣について。すぐにでも実践できるものが多くてよい。

  • SCGレコメン
    脳が冴える15の習慣
    築山節 著 / NHK出版 生活人新書 756円
    推薦理由
    ぼんやり頭をスッキリ晴らす! 何となく記憶力や集中力、思考力が衰えたように感じている。そんな「冴えない脳」を改善させるために、すぐ始められる15の習慣。

  • 現役の脳外科医が日常の中で脳を活性化させる15の習慣をリストアップ。
    どれも日常の中で簡単に実行でき、負担がかからないもの。

    自分なりに興味あったものを要約すると以下のようなかんじ。

     正しい規則的な生活リズムを身につけよう
     脳を活性化させるには時間を区切ろう
     睡眠をしっかりとろう
     スケジュールや身の回りの整理整頓をしよう
     身につけたことを人に話し、まとめるトレーニングをしてみよう
     自分の失敗パターンを記録して分析してみよう

    科学的根拠はあるのだろうけど、学術書ではないので、実験結果などが詳細には書かれていない。

    全体としては認知行動療法にやや近い印象。ほとんどのことが日常の中で簡単に実行できるため、非常におすすめ。

  • 個人的に、脳に関して非常に関心がある。
    その中でも、どのようにして日々脳の働きを上手く活用していくかについて書かれている。
    非常に参考になる。

    ただ、もう既に結構前の本なので、新しい研究結果なども書かれた本が出て欲しい。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    最近、何となく頭がぼんやりしている―。記憶力や集中力、思考力が衰えたように感じている。そんな「冴えない脳」を治すために必要なのは、たまに行う脳トレーニングではなく、生活の改善である。『フリーズする脳』で現代人の脳に警鐘を鳴らした著者が、すぐにでも実行できて、有効性が高い15の習慣を提案。仕事ができる脳、若々しい脳を取り戻すためのポイントを分かりやすく示す。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    築山節
    1950年、愛知県生まれ。日本大学大学院医学研究科卒業。埼玉県立小児医療センター脳神経外科医長、財団法人河野臨床医学研究所附属第三北品川病院長を経て、同財団理事長。医学博士。脳神経外科専門医として数多くの診断治療に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    目次
    生活の原点をつくる―脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう
    集中力を高める―生活のどこかに「試験を受けている状態」を持とう
    睡眠の意義―夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう
    脳の持続力を高める―家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう
    問題解決能力を高める―自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう
    思考の整理―忙しいときほど「机の片付け」を優先させよう
    注意力を高める―意識して目をよく動かそう。耳から情報を取ろう
    記憶力を高める―「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう
    話す力を高める―メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう
    表現を豊かにする―「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう
    脳を健康に保つ食事―脳のためにも、適度な運動と「腹八分目」を心がけよう
    脳の健康診断―定期的に画像検査を受け、脳の状態をチェックしよう
    脳の自己管理―「失敗ノート」を書こう。自分の批判者を大切にしよう
    創造力を高める―ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにしよう
    意欲を高める―人を好意的に評価しよう。時にはダメな自分を見せよう
    高次脳機能ドックの検査―最低限の脳機能を衰えさせていないか確認しよう

  • 各項目ごとに要点がまとめられているので、やるべきことが明確で読みやすいです。
    印象に残ったのは「時間に制約をつける習慣」です。制限時間を設けることで時間内に課題を処理する力が鍛えられる。それから、人に話を理解してもらえない時は話し手に問題があるということも認識しました。

全463件中 1 - 25件を表示

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)に関連する談話室の質問

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)に関連するまとめ

築山節の作品一覧

築山節の作品ランキング・新刊情報

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)の作品紹介

最近、何となく頭がぼんやりしている-。記憶力や集中力、思考力が衰えたように感じている。そんな「冴えない脳」を治すために必要なのは、たまに行う脳トレーニングではなく、生活の改善である。『フリーズする脳』で現代人の脳に警鐘を鳴らした著者が、すぐにでも実行できて、有効性が高い15の習慣を提案。仕事ができる脳、若々しい脳を取り戻すためのポイントを分かりやすく示す。

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)はこんな本です

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)のKindle版

ツイートする