クリエイティブ喧嘩術 (NHK出版新書)

  • 75人登録
  • 3.37評価
    • (3)
    • (9)
    • (15)
    • (2)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 大友啓史
  • NHK出版 (2013年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884089

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

クリエイティブ喧嘩術 (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ルールを作ったやつが勝つ事は普遍の原理。

  • 独立心を養い、自分に疑問を持ち、戦うことを怖れるな。

    ようやく読んだ。
    この方をよくわからずに読みましたが、一番印象に残ったのが「深く潜れ」の演出してた人か!というところ。

    本人は失敗したドラマの中でも得た話、という形での持ち出し方ではありましたが、
    当時このドラマにどハマリしていた人が居たなあ、ということを思い出しました。

    一般的にはるろうに剣心の映画、龍馬伝、映画プラチナデータの方と言った方が良いですね。プラチナデータしか見てないので恐縮ですが、そんな自分でも参考になりました。

    独立心を養い、自分に疑問を持ち、戦うことを怖れるな。

    そんな風に奮起させられているような気持ちになる本。

    個人的にはフジテレビがライブドアに買収されそうなった時に、既にフジテレビの価値は「過去のバラエティ番組やドラマ」にあったんだな、と改めて書かれていて切なくなりました。昔フジテレビの番組が大好きだったからかなあ。

    組織に染まらず、自分の好きなもの、熱意、これだけは譲らないというものを明確に。安定に逃げたくなったら読み返したい本ですね。

  • どうクリエイティブで喧嘩するのか?

    →いい企画をつくるためには、いまある凝り固まった枠を壊して、その外にでることが一番の近道であり、企画とは自分の頭で立てるもの
    簡単に他者の言うことを聞いてはいけない
    他者と違うところから思考をスタートすることで、何が違うのか、どこが違うのかという自分だけのオリジナリティーや考えを消去法的に探していくきっかけになる

  • 正しい喧嘩のしかた。
    まず、自分と。
    現状に飽きる感性があれば前に進める。

  • 大友監督のNHK時代から現在までの軌跡とともに、そこで培った考え方を披露した一冊。

  • 会社を辞めるにあたり税務含めて独立後のプランを考えたり、リクルーテッド試写とか映画術について勉強したり、かなり緻密なところがあるんだなこの人。

  • 「るろうに剣心」「龍馬伝」の監督大友啓史氏の仕事観がつまった一冊。
    監督として大活躍されている裏側、スピリッツ、根っこがさらけ出されている。監督の仕事とは、俳優もカメラマンも照明もひしめきあう現場の息遣いが聞こえてきます。
    ドラマや映画、ドキュメンタリーの見方が深まるかもしれません。

  • BSで再放送中の「龍馬伝」。そのメインディレクターは、NHKを辞め、映画監督一本で歩むことにした。製作現場の裏側も、ちらっと読むことができます。

  • ユニバーサルストーリー(普遍的な物語のつくり方)

    「聖書」人間は生まれながらにして、神と契約して生まれてくる。しかし、業が深い人間たちは神との契約に背き、七つの大罪

    傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲

    を犯してしまう。「普遍的物語」とは、人間が克己し、その七つの大罪を乗り越え、神との契約に回帰するまでを描いたものでなければいけない

    映画を始め、映像コンテンツは手で触れられる「商品」ではありません。例えばDVDという記憶媒体の中に映像は記録されますが、DVDという媒体そのものに、家具やコップのような実用価値があるわけではなく、そこの記録されている「物語」に価値がある訳です。そして、その価値の実態が何かというと、人の心を揺さぶる「感動」だったりする。その「感動」に対して人々は対価を払うわけです。

  • 喧嘩ってパワーいるよね。熱い内容。ただ監督のサクセスストーリー、自伝って印象が強く残ってしまった、、、。これからクリエイター目指します!独立したい。やりたいことをやりたい。って学生向けによい本かも。成功談だからわくわくできると思う。

    感想は非公開へ移行。

全11件中 1 - 10件を表示

クリエイティブ喧嘩術 (NHK出版新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クリエイティブ喧嘩術 (NHK出版新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリエイティブ喧嘩術 (NHK出版新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

クリエイティブ喧嘩術 (NHK出版新書)の作品紹介

NHK大河ドラマ『龍馬伝』で史上最年少の演出チーフを務め、独立後は映画『るろうに剣心』『プラチナデータ』などヒット作を手掛けるカリスマ演出家による常識破りの仕事術とは!?生き馬の目を抜くエンターテインメントの世界で勝ち続けるためにはどうすればよいのか。舞台裏のやり取りとともに、仕事の極意とヒットの秘密を臨場感たっぷりに記す。

クリエイティブ喧嘩術 (NHK出版新書)はこんな本です

クリエイティブ喧嘩術 (NHK出版新書)のKindle版

ツイートする