プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書)

  • 151人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (15)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 18レビュー
  • NHK出版 (2013年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884140

プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まえがき
    33人のプロフェッショナルの信念の言葉や、口ぐせに注目して、まとめたもの。名言集ではないので、切り取ってみると意味が通じない言葉もあるが、読んでいただくと理解できると思う。

  • 「リスクは、人として生きている証…自分のために、自分ですることがあるのが生きている証で、そこはリスクが全部くっついてくる。それが、人が生きるということ。だからそれを応援していきたい。」by和田行男(介護福祉士)

    「怪我したことは残念ですけど、しょうがないですし。怪我して思ったのは、僕、チャンスやなと。人生ってやっぱり”谷”がないと”山”の喜びって感じられなくないですか?喜びに慣れてしまったら、たぶん喜びって喜びとして感じられへんのちゃうかなとか思いません?だれしも山を狙った結果、谷へ転げ落ちてしまう。でも這い上がろう、這い上がろうとして、そこに新しい発見があり、喜びがあると。」
    「オレのゴールはここじゃないし、ここで終わったらいけないと思ってるわけです。まだまだガチェンジしていく必要があるし、2つ3つは僕の中では変われる要素っていうのはありますね。ただトップが見たいだけ。まだまだその領域には達してないって自分ではわかっていますけど、”自分はまだまだやれる”と、”もっともっとすごいスピードで成長していける”というふうに思っているんで。かならず、やりますよ。」by本田圭佑(プロサッカー選手)

  • 2006年から続くNHKの人気ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル仕事の流儀』の、主に2011~13年の出演者の中から、自身が語った33の印象的な一言とその言葉が生まれた背景をまとめたもの。
    取り上げられた33人は、高倉健、本田圭佑、宇宙飛行士・若田光一、元サッカー男子日本代表監督・岡田武史、天皇陛下の心臓手術を執刀した心臓外科医・天野篤ほか、職人、専門職、技術者、アスリート、経営者等、その道を究めたプロフェッショナル達である。
    高倉健~「生き方が、芝居に出る」。また、健さんは、「自分のなかで感じられないことってできないよね。心の話だからね。やっぱり自然によぎっていくものじゃないかね」、「僕は同じことを何回もやれと言われても絶対にできない。最高のものは一回だと黒澤(明)監督もおっしゃったっていうけど、僕も絶対そうだと思いますね」とも言っている。TVの番組(2012年9月放映)は、遺作となった映画『あなたへ』(2012年発表)の撮影現場を中心とした長期密着ドキュメントであったが、その様子も書かれており、今となっては貴重なものである。
    本田圭佑~「信じることっていうのは、僕にとって希望なんですね」
    介護福祉士・和田行男~「リスクは、人として生きている証」
    潜水士・渋谷正信~「誰も見てるわけないんですよ、でも、それをやれる自分が誇りなんです」
    料理家・栗原はるみ~「裏切らないようにしたいなって、それだけなんです」
    町工場経営者・竹内宏~「媚びない、群れない、属さない、そして、やめない、あきらめない」
    転職エージェント・森本千賀子~「何ができるかより、ほんとうにやりたいことは何か」
    小児看護専門看護師・長田曉子~「輝く瞬間を、重ねる」 等
    それぞれの専門分野ならではの言葉ながら、同時にシンプルかつ普遍性を持った言葉が心に残る。
    (2013年8月了)

  • サッカー本田圭佑選手の言葉が良かった。過酷な現実に対して強い精神で乗り越えのし上がって挑戦していく姿勢が文章からも伝わってきた。

  • 技術じゃないんですよ、意識ですよ。
    今を生きる者として、もっとできるという気持ちをどのくらいのレベルで持てるかという意識。

  • 駒込にて。移動用。
    シリーズの中から、本田、栗原でチョイス。

  • 誰も見てるわけではない、でもそれをやれる自分が誇り
    10分今日を反省し、5分明日を夢見ろ
    仕事を楽しんでいる人には、誰もかなわない
    啐啄そったく、卵が孵化

  • 生き方が、芝居に出る 常に不満足であれ 誰もみているわけではないんですよ。でも、それをやれる自分が誇りなんです 媚びない、群れない、属さない、そして、やめない、あきらめない 一番大事なことは、腹をくくっていること 仕事は積み木、毎日毎日積み上げていく 

  • この番組は好きな番組のひとつです。
    必ずしも有名人ではない人から出される名言は、現場の第一線で活躍する人だからこそ言える、特別な言葉です。
    そんな名言を集めただけに、重みを感じます。

    <目次>
    1 その道を究める、6つの言葉
    2 極限のリスクに挑む、5つの言葉
    3 新しいものを生み出す、6つの言葉
    4 自らを戒め前に進む、5つの言葉
    5 人を伸ばす、6つの言葉
    6 逆境のなかで希望をつなぐ、5つの言葉

  • プロフェッショナルという番組が追いかけた、各界で活躍している人たちの考え方には、説得力がある!

全18件中 1 - 10件を表示

NHK「プロフェッショナル」制作班の作品

プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書)の作品紹介

本田圭佑、高倉健、栗原はるみ、若田光一、岡田武史、天野篤…プロフェッショナル33人が一つの道を究めるうえで指針としている言葉とは何か?信念や口ぐせ、思わず発した本質的な一言など、彼らの生き方を大きく変えた言葉を紹介し、その背景をインタビューをもとに再構成。指針なき時代を生きぬく上で必携の、珠玉の言葉と感動のエピソード!

プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書)はこんな本です

ツイートする