予言の日本史 (NHK出版新書)

  • 23人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 島田裕巳
  • NHK出版 (2014年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884379

予言の日本史 (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう少し面白いかと思ったら拍子抜け。日本史というほど包括したという印象がなく、エピソードもばらけていて、まとまりがない感じ。
    新書では尺不足なのかもしれません。

  • 昔は信じたかもしれないが、今は怪しいものになっている予言。

  • 予言と言えば、私などにとってはノストラダムスの大予言等が連想されるのですが、本書はその予言、しかも日本社会と予言の関係をテーマにしています。
    内容は古事記から安倍晴明、仏教の弥勒菩薩信仰、幕末の予言獣、聖徳太子の「未来日記」に隠れキリシタンの終末論と言った過去から、内村鑑三の再臨運動や大本及びそこから派生した各種新宗教、高度経済成長期の所得倍増計画にオウム真理教と言った近現代までを取り上げおり、それぞれを予言と言うキーワードで解説しています。
    前半部分は過去を取り上げていることもあってか、予言と言うキーワードと解説している内容がよく合っていたのですが、後半になるにつれ、例えば、新宗教団体について取り上げた章においてはそれぞれの宗教団体の歴史に関する内容が主体となっていたり、所得倍増計画においては若干無理矢理予言に結びつけた印象も受けました。

    この様に、後半になるにつれて内容がぼやけた感じになってきている本書ではありますが、予言と宗教の関係、危機的な社会情勢下における予言の存在等、現在においては迷信でしかない予言が、かつてはとても重要な存在であった事がよく理解できる物となっています。

    ちなみに本書によれば、安部清明ゆかりの安部文殊院仲麻呂堂(もんじゅいんなかまろどう)には安部仲麻呂、安倍晴明の位牌が祀られており、その隣には安部首相の父親、安部晋太郎氏の位牌が置かれているとの事。

    先日読んだ「江戸しぐさの正体」(原田実/著)には、自民党幹部と水からの伝言と言ったオカルト教育を推進していたTOSSとの密接な関係が記されていました。

    また安部政権においてNHKの経営委員に選ばれた長谷川三千子埼玉大学名誉教授が、天皇を現人神とする論文を発表したと報じられた事もあり、安部首相は政治目的を達成する為にオカルトを利用しているに過ぎないのか、それとも首相自身もオカルト的思想の持ち主であるのか気になる所です。

全4件中 1 - 4件を表示

島田裕巳の作品

予言の日本史 (NHK出版新書)の作品紹介

私たちは果たして何に動かされてきたのか。『古事記』にある天照大神の託宣から、古代の占いである亀卜や太占、安倍晴明の陰陽道、幕末に出没した予言獣、新宗教が説いた終末論、ノストラダムスの予言まで。神からのメッセージか、はたまた虚言妄言の類なのか。日本を騒がせた数々の予言を取り上げ、あまり語られてこなかった怪力乱神の歴史をあぶりだした画期的な書。

予言の日本史 (NHK出版新書)はこんな本です

予言の日本史 (NHK出版新書)のKindle版

ツイートする