人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)

  • 36人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 江夏幾多郎
  • NHK出版 (2014年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884478

人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 曖昧な中での納得の多様性があるなか、従業員と上司の関係が重要
    どうせ上司や会社に要求するなら、処遇よりも仕事環境に内容を絞った方が手に入れたいものに近づく

  • 功あるものには禄を、徳あるものには地位を
    西郷隆盛

  • 不満の芽を飼い馴らすことなんてできるのだろうか。
    そもそも評価を完全に満足して受け入れられることなんてない。限られた原資を、従業員の働いた成果によって配分するのだから仕方がない。

全3件中 1 - 3件を表示

江夏幾多郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)の作品紹介

会社から受ける人事評価に、不満や"もやもや"として感情を抱いている人が多いだろう。その原因は、人事評価というものが必ず「曖昧」にならざるを得ない点にある。にもかかわらず、人はその評価に「納得」して受け入れることがある。なぜか?これまでにない視点と豊富な具体例から、日本の人事評価の実態と現実的な対処法を明らかにする一書!

人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)のKindle版

ツイートする