戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)

  • 78人登録
  • 3.80評価
    • (4)
    • (8)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 白井聡
  • NHK出版 (2016年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884850

戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作の「永続敗戦論」読んだ時には、こんなに話題になるとは思っていませんでした。この本は、前書きにも書かれていましたが「永続敗戦論」の続編という位置づけになります。

    本当だったら、選挙前に読んだほうが良かった本なのかもしれない。今思うと。
    でも、今からでも遅くはないです。本当にもう、自分の頭で考えないと酷いことに遭遇するという焦りを、ひしひしと感じている人は手にとって見ると良いかもしれません。

    戦後日本の政党の流れをざっとまとめてあるので、政治が良く分からない。と思ってる人にも読みやすい構成になっています。

    米国は自国の国益の為にしか動かないよ。という事実を改めて確認する作業=この本で言う所の「温情主義の妄想」から目を覚まさせる作業というのは一度するべきかなと思っていたのでこの本はその一助になると思います。

  • メモ
    P150 ナチスの高官、へルマン・ゲーリングの格言ー国民を戦争に引きずり込むのは実に簡単だ、外国に攻撃されつつあると言えばよいー
    ➡脚注30「国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。簡単なことだ。自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどの国でも同じように通用するものだ」

  • 包摂→排除→再包摂の政治を取り戻すために、排除された側の憤りに共感を示していかなければならないと思いました。

  • 著者が以前から主張していた「永続敗戦レジーム」を中心に戦後政治から現在の状況まで論評しています。
    確かに戦争責任もまともに追及されなかったり、原発事故も誰も責任を問われることなくすでに「過去」に追いやらてきている状況で、社会は着実に新自由主義に染まるとともにその内在する問題点を否定するために右傾化しています。
    現在の政権が一定の高支持率を獲得しているのは、とにもかくにも目の前の状況がなんとかなれば良い、という一時しのぎの流れなのでしょうか。「この道しかない」という単純なかけ声の下、さまざまな矛盾が次世代に先送りされている現状にはうんざりします。
    痛みを伴わないオルタナティブはないのかもしれませんが、新たな道に向けて積極的に正面から取り組む政治勢力が出てきてほしいものです。

  • 安倍政権がやっていること、やろうとしていることは「永続敗戦レジームとしての戦後レジーム」の「死守」

  • 2016/5/4

  • 16/04/22。
    4/27読了。三つの革命。

全8件中 1 - 8件を表示

白井聡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)を本棚に登録しているひと

戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)の作品紹介

いまだ敗戦を否認し続けているために「対米従属」を続けざるを得ない日本。『永続敗戦論』で一躍注目を浴びた著書が、占領下から55年体制の成立、冷戦後の混沌から現在まで、日本政治の70年を鋭利に考察、近代資本制社会の行き詰まり、排外主義、反知性主義の横行などの世界的な潮流をふまえながら、真の「戦後レジームからの脱却」の道筋を描く。戦後政治を乗り越えるための羅針盤!

戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)のKindle版

ツイートする