中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)

  • 110人登録
  • 4.06評価
    • (10)
    • (16)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 高橋和夫
  • NHK出版 (2016年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884904

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

  • 評判がいいのが納得です。コンパクトですが、中東情勢がよく整理されていました。中東諸国をはっきりと“国”と“国もどき”に分けていますが、日本以外の多くの国々はすでにそういう目で見ていて、分割のシナリオもあるようです。非情なグランドデザインを描くのは日本人の苦手科目ですね。

  • 中東の国々の事が良くわかった。特にイランやサウジアラビアは、イメージが違っていた。

  • 第一章 サウジ、イラン「国交断絶」の衝撃
    第二章 イスラム世界の基礎知識
    第三章 「悪の枢軸」・イランの変質
    第四章 「国もどき」・サウジアラビアの焦り
    第五章 国境線の溶ける風景ーアフガニスタン、イラク、シリア、イエメン
    第六章 テロと難民
    第七章 新たな列強の時代へーアメリカ、ロシア、中国、ヨーロッパ、トルコ、エジプト、イスラエル動向
    終 章 中東と日本をつなぐもの


    中東本を何冊か読んだがこれは良い。
    中東研究のスペシャリストがわかりやすく書いてくれた。
    難しすぎない、ちょうどいい、でも深い。(なかなかない)

  • 読了。
    シリア内戦やISの事がニュースにならない日は無いほど混迷を極める中東情勢だが、極力本質論に絞って分かり易く解説した良書。その多くがイスラム教に起因する問題のように誤解されがちだが、本来排他性の強い宗教ではないし、事実オスマン帝国は多民族国家であり、異教にも寛容であった。本書を読むと、結局すべての問題は第一次大戦後のオスマン帝国の解体と、欧米の身勝手な分割統治に起因している事が良く分かる。国家と民族/宗教が全く一致してない以上、どう足掻いても国民意識を統合することなど不可能なのだ。

  • 私は、中東の政治について、全く疎いが、ニュース等で中東のことが知りたいと思ってた時に出会った、非常にわかりやすく、うれしい本。

    中東は「国もどき」≒国家として体をなしていない国がほとんどという表現が、乱暴な表現のようでいて、「そうなんだろうな」と思える説明がしてあった。王様はたまたまその国の中心を治めているだけで、地方は地方で独自に有力者が収めている。王様は内政/外政ともに微妙な駆け引きを行い、国を治めている。という。日本の江戸時代も、ヨーロッパも国といっているが、地方は地方の文化があったということと同じだろう。
    そんな「国もどき」の代表がサウジアラビアであり、そのサウジアラビアの、動きが最近、強国風になっている。。。

    また、シリアについての記述など、民衆を殺戮しているアサドは気の触れた悪魔としか思っていなかったが、アラブの春の流れから、放っておくと自分の命がなくなるため、対応方法を冷静に選択すると、このような非情な結論となるということが分かった。色々な周辺国との駆け引きも「政治」的な判断が重々されていることが分かった。また周辺諸国のそれぞれの視点から見て、アサドを容認するかしないかの差もよくわかった。
    正義は国の数だけあるし、利害関係でそれぞれの国は動いている。

  • イラン人=ペルシャ人と、その他のアラブ諸国=アラブ人という違いがあること。サウジが国家の程を成していないこと等、眼からウロコな話が多く出てきた。まだまだ、マスコミの報道からは知り得ない事がたくさんありそうだ!

  • 中東関係の本を読んでいますが、一番理解しやすかったように思います。現在の中東情勢を近代の歴史からひも解いて解説していただいているので、とても「バックボーン」が理解できたように感じています。

  • 複雑さを増す現代の中東問題を整理した本。中東問題に言及するとき、その問題の原因が宗教紛争として単純化されることがある。しかし、著者はスンニー派やシーア派などの宗教対立による説明では「わかったつもり」になるが、中東における権力抗争を理解したことにはならないという。この本で語られる著者の説明は非常によく腑に落ちる。

    最近同じテーマで読んだ『中東複合危機から第三次世界大戦へ』(山内昌之)でも中東問題は丁寧に説明されていたが、本書は複雑な情勢を専門的な叙述をできるだけ避け、よりわかりやすい説明にするように努めているように思う。もちろん、シリアをめぐるロシアとトルコの対立の図式や、中東地域に対してアメリカが距離を置いている状況の影響など、その分析には『中東複合危機』 と共通するところが多い。一方、本書ではタイトルにも明示されているようにイランについての記述が厚い。イランとサウジの国交断絶の重要な意味や、さかのぼってイラン革命の特異性と周辺諸国に与えた影響について説明されている。著者はイランを中東の新しい盟主としての可能性を示唆し、日本との良好な関係、日本への好印象に期待をもっている。

    著者いわく、そもそも現在の中東に”国”と呼べるのは、イラン、エジプト、トルコの三国しかないという。それ以外はサウジアラビア含めて国もどきであるという。そこには、サイクス・ピコ協定によって人工的に定められた国境の問題が存在している。そんな国もどきのサウジで副皇太子に就いて権力を手にしたムハンマド氏が、イエメンに侵攻したり危うい行動を繰り返しているという。

    ISの問題、クルド人の問題、シリアの問題、イラクの問題、さまざまな問題が山積みである。「アラブの春」は結果として逆に問題を複雑にしただけのようにも思える。中東の問題やテロの問題をイスラム教の特殊性の問題として捉えるのは大いに間違っている。『中東から世界が崩れる』とのタイトルは言い過ぎなのかもしれない。ただ、この状況について興味をもって理解することが遠く離れた日本においても必要な気がしている。


    『中東複合危機から第三次世界大戦へ』のレビュー
    http://booklog.jp/users/sawataku/archives/1/4569830056

  • 簡単 読み易い

  • 日本のマスコミの中東の話を聞いていると、つくづく中身のないことがこれでわかる。
    たとえば、アフガン戦争の話。ISの規模が縮小している話。アメリカのダブルスタンダードの話など。ニュースとコメントの内容がずれていることがこれでよくわかります。

  • 近年の中東での動き、特にシリアからイラク、トルコとサウジについておおまかにではあるが概要を解説した本書。ISはイラクの鬼子であったり、トルコのイラン憎しのあまりISへの支援、サウジのムハンマド副皇太子によりOPEC掌握等、ざっくりした流れはこれで理解できるだろう。著者は今後、中東国家からチーフダムへの変革を予言する。これについてもさもありなんと考える。もう少し中東については追いかけてみたい。

  • イランの国際情勢における台頭に焦るサウジの動向など、中東のプレーヤーと欧米中露の動きが俯瞰できる良書。

全13件中 1 - 13件を表示

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)はこんな本です

中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)のKindle版

ツイートする