なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 (NHK出版新書)

  • 67人登録
  • 3.92評価
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 阿古真理
  • NHK出版 (2016年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140885017

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  「パンと日本人の150年」とあるように、日本人とパンの関係は深いものになり、パンのない生活なんて考えらないという方もいるくらい親密なものになっている。


     パンの世界も昔からあるアンパン、クリームパン、メロンパン、カレーパンと言った日本で作られて今も人気のあるパンから、フランスのパンも食べられるというパンが好きな人にとってはたまらない状況になっている。


     パン好きな街として知られる神戸。その神戸で、重要な役割を果たしていたのがドイツ人だったとは知らなかった。知らなかったと言えば、デニッシュを導入したのがあのアンデルセン。たまに買って食べるが、サクサクした生地と甘いクリームの組み合わせがたまらない。


     日本のパン事情のみならず、西洋のパン食文化にも触れていて読んでいて腹いっぱいになる。文庫本にしては盛りだくさんな内容だ。


     コンビニ、スーパー、デパ地下、商業施設の店、個人経営の店などパンを打っている店がたくさんあり、しかもパンの種類が豊富にあり迷うくらいだ。これからもパンがどのようになっていくのか気になる。

  • 日本の食生活にパンがどのように受け入れられてきたか。明治以来の日本での製パンのパイオニアである店や人物に取材して、本場の感覚のまま受け入れられた部分と日本化した部分を分析する一方で、日本人と小麦の関係、西洋におけるパン食文化もふりかえり、日本でパンがうけいれられた必然性を明らかにしたり、日本化したパンが外国人にはどう映るかを調べ、米にしろパンにしろ、「主食」の消費量が世界的に減ってきている食生活事情を指摘している。パンに限らずさまざまな外国文化を進取の精神で折衷してとりこみ日本化してしまう日本らしさをたどる一冊になっている。

  • 幕末辺りから日本でパン作りが始まり、実はそれなりの歴史をもった食べ物であると知る。そこから現在に至るまで日本のパン職人達が努力を重ねて改良してきた歴史を知るといつか日本の主食はパンになるんじゃないか、いや、それはないわ。
    ご飯かパンかと言えば圧倒的に前者な私でもこれ読むとフランスパン、そうハード系のパンが食べたくなる。バゲット、バタール、クーペ、カンパーニュ、ああ、皮の食感と香り、噛み締めるほど口の中に広がる淡い塩味、さらにそれぞれ個性のあるパンにマッチしたソースを付けて…ムハムハと…
    でもやっぱサンドウィッチだよな!
    いや寿司食いてえー!
    日本食万歳!!

  •  パンが日本の食文化の中に取り入れられ、独自の発展をしていく過程が述べられているところが面白い。パンの普及過程に兵士の食料としての役割があった事実は知らなかった。白米が普及し脚気に悩まされていた明治の人々にとってパン食は薬効すら感じるものであったらしい。
     柔らかさや程よい弾力を追求し、アンパンをはじめとする独自のパンがつくられていく様はどこかで読んで知っていたが、さらにフランス人も認めるフランスパンがつくられるなど日本職人たちの心意気も描かれている。
     

  • ‪日本の食文化におけるパンの歴史を紐解いた一冊。パンこそ純粋な洋食と思っていたのであれほど和食化が進んでいたとは驚いた。あんパンの皮の柔らかさに着目した考察やカレーパンのような具材を包むパンが日本で誕生した背景など目から鱗の内容ばかりで知識欲(と食欲)を刺激されまくりでした。‬

  • 某有名ホテル直営のフレンチレストランで、フランスから輸入した小麦で焼いたという説明を何度も聞き、日本のフランスパンも美味しいのにと思ったり、「俺の」が恵比寿に「俺のベーカリー&カフェ」ができたりしたので、ポチる。日本人は皮の柔らかいパンが好きだと。いつどこからそれが始まったのかの論など興味深い話題が多い。「パンと日本人の150年史」とあるように、日本にパンが上陸したころの話からホームベーカリーまでの歴史などもおもしろかった。

全7件中 1 - 7件を表示

阿古真理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
北野 武
エラ・フランシス...
ジャレド・ダイア...
夏目漱石
佐々木 圭一
米澤 穂信
塩田 武士
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 (NHK出版新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 (NHK出版新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 (NHK出版新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 (NHK出版新書)はこんな本です

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 (NHK出版新書)のKindle版

ツイートする