「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)

  • 137人登録
  • 3.58評価
    • (4)
    • (9)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 永井孝尚
  • NHK出版 (2017年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140885246

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マーケティング戦略の考え方や理論を、キャリアやセルフブランディングの場面に応用したもの。

    誰かと競争して勝つというものではなく、戦わずして勝つために誰も競争相手のいない分野で第一人者になることや、チャレンジにつきもののリスクを低く抑える方法論などにも触れられていて、実践できそうと思えるような一冊でした。

  • 企業のマーケティング指南書でベストセラーを記録した著者が満を期して上梓された「自分」マーケティングの書。ご自身のIBM時代の経験を導入に、「戦わずして勝つ」、すなわち、バリュープロポジションを作りいかに育てていくかを具体的かつ実践的に、丁重かつ分かり易く説明してます。
    若い人のキャリアデザインにはもちろんですが、100年ライフと言われる今、中高年の人生を考えるにもとても勉強になる好著です。

  • 戦わずして勝つ。強み。複数。地下水脈をあてるカン。
    ①自分の強み②誰の③どんな悩みに④いかに応えるか

  • マーケティングという言葉がとても苦手(ネガティブなイメージがあるからだと思う)なので、私の場合はこうした理論に基づいて行動するより、行動しながら試行錯誤していくうちにこの考え方に当てはまってた、みたいなのを目指すといいのかな、と思った。折を見て振り返るのにはちょうどいい分量だと思う。

  • 東経201709掲載

  • 自己啓発をマーケティング戦略という視点から語られている。

    商品を売るには商品の特徴とターゲットとなる層に目星をつけて、売り込むためのストーリーを考えるといった一連の仕込みが必要ですが、それを自分を商品と見立てて行うのは結構難しい。

    公式は丁寧に書かれてありますが、実用的に使うには多分難しいのではないかな、と思う。

  • 「あなた」と言う商品を高く売る方法
    本の帯に「キャリアアップの本です」と書いてあり、今さらキャリアアップもないかと思いつつも読んでみた。
    要は各人がいろいろな才能を持っており、それを生かして無理に競争することなしにキャリアアップしろと言うことである。現代では市場は細分化されており必ず才能が生きる場所があると言っている。
    そして、自分の強みとは「その仕事が好きか」「その強みを必要な人がいるか」「その強みを誰も提供できないか」「その強みをまねすることが難しいか」がクリアできれば本物だとしている。また、変化に対応することが肝心だとも言っている。
    著者の得意なマーケティング理論から自分の失敗の経験も含めてキャリアアップの方法を論じているが、慶応を出てIBMに入社した人である、普通の人には当てはまらないだろう。所詮は運がもっとも重要なのでは。

  • AIなどの登場により、今後人の仕事が減っていくなかで、生き残るには自分にしかできないことを見つけていくことが大事。

    自分の好きなことで、誰もやってないことを、見つけて強みにすることが、ブルーオーシャンに繋がる。

    最大リスクを念頭において、失敗してもこれだけだと考えれば、チャレンジしない手はない。

    変わらないことがリスクであり、快適なコンフォートゾーンから、多少無理めな状況に身をおくことが市場価値を上げることに繋がる。

  • 【ギブ&テイク】
    それはWIN・WINの関係を目指す事。利他と利己の両立。自己中心でも自己犠牲でもダメ。人に与えると同時に自分の利益も考え、全体のパイを大きくする事を目指す。
    #永井孝尚
    「直接」ではなく、全体を見て「間接」を意識か。勉強になる。インストール。

  • <目次>
    はじめに
    第1章  「競争しない」ための戦略~競争戦略論
    第2章  AIに仕事を奪われない方法~イノベーション
    第3章  「戦わずして勝つ」のが真の戦略~バリュープロポジション 
    第4章  「あなたの強み」を育てる~強みの構造とセレンディピティ
    第5章  リスクを下げて何度も挑戦する~リアルオプション理論
    第6章  没頭すれば一流になれる~内発的動機付けとフロー理論
    第7章  あなたの物語が奇跡を生み出す~センスメイキング理論
    第8章  失敗があなたの武器となる~仮説検証とアダプト思考
    第9章  コンフォートゾーンから脱出せよ~ダイナミックケイパビリティ
    第10章  「自分のため」から「社会のため」へ~ソーシャルネットワーク理論と利他的動機付け

    <内容>
    いわゆるキャリアアップの話だが、そこに「マーケティング」理論をぶつけて、タイトルの通り、「自分」をどう売り込めばいいかを述べた本。わかりやすい文なので、すぐに読める。自分のキャリア(日本IBM)での経験談を中心として述べているのがいいかも。各章の副題がマーケティングの理論のタイトルとなっているので、結び付けやすいのではないか?むろん、この本を読んだだけでは、キャリアップはできないが、若い社会人は、「自分」の商品価値をどのように上げるために、会社で仕事をするかをこの本をベースに考えればいいのではないか?

全12件中 1 - 10件を表示

永井孝尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)を本棚に登録しているひと

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)を本棚に「積読」で登録しているひと

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)はこんな本です

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)のKindle版

ツイートする