科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)

  • 586人登録
  • 3.79評価
    • (47)
    • (43)
    • (65)
    • (8)
    • (0)
  • 61レビュー
著者 : 戸田山和久
  • NHK出版 (2005年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140910221

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野矢 茂樹
有効な右矢印 無効な右矢印

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)の感想・レビュー・書評

  • 『哲学者はなんでこんなに対話篇が好きなんだろうか。
    という理由はまぁだいたい想像がつくけど、これもご多分にもれず対話形式をとっています。
    センセーとリカちゃんとテツオくんだったかな、彼ら3人の哲学オタクの会話から、科学哲学が楽しく学べます、そんなコンセプトの本。
    疑似科学について知りたくて借りたんだけど、この本からは「科学には実証可能なものが多く、疑似科学には実証不可能なものが多い」という程度のことしかわからなかった。
    それから、科学哲学を専攻している友達に言ったら殺されそうになったが、こんなもん考えるくらいだったらもうちょいましなこと考えろよ、というのが正直な感想。
    ロジカル・シンキングの訓練としては面白いが、おそらく実際的な意味はほぼ皆無。
    ま、話のタネにはなったからそーでもないか。
    あと、貸してくれた友達いわく、「後半は誤解を招きかねない記述が多いから(シロウトは)読まなくていい」らしいです。
    (参考:http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~tiseda/works/adventure.html)』

  • 大変良く出来た『科学哲学』の入門書であった。これを最初
    に読めば良かったかな(苦笑)。最終的に、科学哲学に対する
    著者自身の考え方が前面に押し出されるのだが、前もって
    自ら断りを入れているので問題はない。その誠実な態度と
    対話形式という読みやすさも手伝い、とても上質な入門書と
    いう印象が強く残った。

    科学哲学の難しいところから初めて逆向きに進み、やっと
    振り出しに戻った感じ(笑)。ここから再び先へ進もうと思い
    ます。

  • 慣れない用語も多く、行きつ戻りつしながらゆっくりと読んだ。対話調でやさしく書かれてあったので、リカちゃんとテツオくんほど理解が早い生徒にはなれなかったけど、ちゃんと読めば議論を追っていくことはできた。

  • 「『科学』とは何か」について、センセイとリカ、テツオが対話を通じて理解を深めていく、科学哲学の入門書です。科学の基礎となる、理論、観察、演繹、帰納などが丁寧に説明されています。高校時代からなんとなく使っていたこうした言葉を改めて学び、理解を深めるにも適した本であると思います。
    (技術経営専攻 M2)

  • 著者の解釈による科学の目的とは, 実在システムによく似たモデルを作ることであるという。意味論的捉え方における反事実的依存関係を成立させること, 「帰納を許す程度に斉一的な宇宙」において, 帰納を純粋に正当化することはできなくても, ある程度擁護することなどによって, 科学の目的に近づいていると感ずることができる。

    戸田山氏の解釈の優れた点は, 閾を明確にしすぎず, 曖昧な部分を残そうとしていることだと思う。その余白によって仮説が生まれ, 既存システムの創発可能性を高める。ノーベル経済学賞受賞者を寄せ集めた投機集団LTCMが破綻するなか, ジョージ・ソロスは, 一見厳格な科学ではなく, 自身が錬金術と呼称する仮説的手法を市場に導入することによって, 結果的には, 経済科学の不完全性をその運用成績によって反証した。意味論的解釈を, 「それが絶対的真実である!」と言ってしまえば, カルトの教祖と変わらなくなってしまうが, 仮説の誤謬を認め, ときには破棄しながら, 残存する自分の仮説(錬金術)を程度的に進化させていくことは有用である。

  • 読んでた。内容ととともに議論の立て方が勉強になる。。

  • 科学哲学は科学の基礎づけをするものだと思っていたので、様々な立場があることがわかった。

    科学方法論のメタ正当化の論理には驚いた。

  • 科学哲学の入門書です。著者自身の分身である「センセイ」と、哲学専攻の塚本テツオくん、いわゆるリケジョの柳田リカさんの3人の織りなすコミカルな対話をとして、著者自身が擁護したいと考えている科学的実在論の立場について学ぶことができます。

    ヒュームによる帰納法批判やポパーの反証主義といった基本的な事柄から始まり、科学的実在論と反実在論の対立、科学理論の「意味論的捉え方」という発想など、かなり突っ込んだ話題まで扱っていますが、おもしろく読むことができました。

    やはり著者自身の立場が反映されているところは読みごたえがあります。著者は、従来の科学哲学が「文パラダイム」に捕らわれていたことを批判して、科学理論は実在とよく似たモデルを構築することだという考え方を提出します。さらに、科学理論が実在についての正しい知に向かっていることを正当化する「メタ正当化」の問題に対しては、「前提における循環」と「規則における循環」を区別することで、自然主義的な立場からの答えが可能だということを示しています。

    ハンソンやクーンを中心的に扱った村上陽一郎や野家啓一といった科学哲学者の入門書はよく読まれているように思いますが、それらとは違った立場からの科学哲学入門として、おもしろく読みました。

  • 企画の基本は、常識を疑うところからスタートします。現状の何に疑問を持つか。人と同じことを考えてもありきたりなものしか作れません。いかに人が思わないような観点で疑問を抱けるか。
    たとえば、Fastaskというサービス。アンケートをWebで完結して行えるというサービスなのですが、従来のマクロミルや楽天リサーチなどのリサーチ会社を通したアンケートは100万円単位でした。相場はそんなものだと言われたらそう思い込んでしまいますが、なんでそんなに高いのだろうと疑問に思って、人を介さないモデルにしたところそれが6万円で同じことができるサービスができました。これはとてもイノベイティブだなと。
    前置きが長くなりましたが、その疑問をいだきそれを深く考える力をつけるには、哲学が最適だと思っています。(ちなみに1900年より以前は、大学では哲学は必須科目でした。大学の始まりは12世紀ぐらいです。)私も大学の時は、哲学の物事を考えるアプローチが楽しくて哲学書ばかり読んでいました。身近なものに疑問を感じそれを掘り下げて考える。その方法を知るための知識の宝庫です。そんな中でも、特に私が好きで読んでいたのが、カール・ポパーの科学哲学です。科学的と言われると誰でも疑問を抱かず信じてしまいますが、それに疑問を提示したのがカール・ポパーです。科学とは一体何なのか? 科学と非科学の違いは何か? 今まで当たり前と思っていたことを疑うとここまで奥が深いのかと体がしびれてしまいます。科学哲学だけで大学生活の半年ほど費やしていました。その科学哲学の入門書としてこの本をお勧めします。

  • 【目次】
     はじめに 011

     I 科学哲学をはじめよう
       ――理系と文系をつなぐ視点 017

    第1章 科学哲学って何? それは何のためにあるの? 020
     1.1 デカルトもライプニッツもじつは科学哲学者だった 
     1.2 科学哲学者が失業しないわけ 
     1.3 本書の二つの立場――自然主義と科学的実在論 
    第2章 まずは,科学の方法について考えてみよう 041
     2.1 素朴な疑問――なぜ科学は理論と経験のバランスがとれているのか 
     2.2 ここで演繹と帰納について復習しよう 
     2.3 科学方法論としての仮説演繹法 
     2.4 理論と観察をめぐる問い 
    第3章 ヒュームの呪い-帰納と法則についての悩ましい問題 067
     3.1 帰納を正当化できるか?――帰納をめぐる第一の謎 
     3.2 科学から帰納を追い出してしまえ!――ポパーの反証主義 
     3.3 科学とトンデモはどこが違うのか――線引き問題」
     3.4 次のエメラルドは緑か青か――帰納をめぐる第二の謎 
    第4章 科学的説明って何をすること? 097
     4.1 なぜ「説明」は重要なのか
     4.2 DNモデル――科学的説明が推論だとすると、こんな困難が生じる
     4.3 では、DNモデルのどこがまずかったのだろう
     4.4 原因突き止めこそが説明である――因果メカニズムモデル
     4.5 説明の目的は原因の特定だけなのだろうか


     II 「電子は実在する」って言うのがこんなにも難しいとは
       ――科学的実在論をめぐる果てしなき戦い 129

    第5章 強敵登場!-反実在論と社会構成主義 132
     5.1 科学的事実も社会的構成物か
     5.2 まずは議論を整理しよう――科学的実在論論争のポイント
     5.3 社会構成主義ってどこがおかしいの?
     5.4 観念論と反実在論はどこが違う? 
     5.5 構成的経験主義――科学的実在論の最強の敵
    第6章 科学的実在論 vs. 反実在論 163
     6.1 第1ラウンド――奇跡論法で実在論を擁護する 
     6.2 第2ラウンド――観察可能/不可能の区別を疑う
     6.3 第3ラウンド――決定不全性というヤッカイな概念

     III それでも科学は実在を捉えている
       ――世界をまるごと理解するために 195

    第7章 理論の実在論と対象の実在論を区別しよう 198
     7.1 基本法則は嘘だからこそ役に立つ?
     7.2 われ操作す、ゆえにソレあり
    第8章 そもそも,科学理論って何なのさ 213
     8.1 「科学理論についての文パラダイム」に引導を渡す
     8.2 これがイチオシ――科学理論の意味論的捉え方
     8.3 「意味論的捉え方」ってこんなにスグレモノ
    第9章 自然主義の方へ 239
     9.1 反事実的依存――これこそが「説明」の本質だ
     9.2 科学の究極の目的についてこんな答えが出た!
     9.3 実在論者に残る最後の宿題――科学方法論のメタ正当化


    人物・用語解説 273
    巻末豪華二大付録!! 283
    あとがき 293

  • 科学哲学について先生と生徒二人の対話形式で解説している本です。
    科学とはなにか、法則や理論とは何か、何のために科学という営みを行うのかを歴史に即しながら説明が進みます。
    個人的には一回読んだだけでは理解が追いつかない部分が多々あったのでもう一度読みたいと思います。

  • 「ゲーム理論と蒟蒻問答」以来な感じがする、先生と学生二人の会話形式ですすんでいく流れがチョー読みやすかったです。

    ときどきはいってるイラストもなんとなくよい.

    わからない人のために言うと科学哲学っていうのは
    「科学ってなんじゃ!?」
    「科学者が考えて『これは正しい!』って断言するのは本当に正しいのか??」
    「新興宗教の教祖がいうことはなぜ科学的とはいえないのか?それにくらべて大学でわけのわからん記号を口走っている物理学の教授とどうちがうんだ!?」
    みたいな事にこたえてくれる(?)というか、がんばってその辺を考えてられる学問です.

    読んでみてわかるのは
    「『科学って正しい』と言うことは意外に難しい。・・ちゅうか無理?」

  • 図書館延長して根気よく読了しましたが難しすぎました。
    でも、最終章でのリカの発言「われわれの科学が通用するような世界にわれわれがいるからだ」やP267の最後の発言にはいくらかスッキリできた感じ。
    そして科学と哲学が同棲してたっちゅうオチ(笑)

    欲を言うと、わざわざ架空の人物に会話させないで、普通にシンプルに書いていただいたほうが読みやすかったかも。

  • I部がとても面白かった。ある未知の対象を演繹と帰納を使って探求するメカニズム、理論と経験のバランスをとろうとする科学の営みに興味があればオススメ。

    II部、III部の議論は大筋の流れは把握できたものの1回読んだだけでは、理解しきれなかった。

  • だれでもわかる設計図をつくるためには、ルールがいる。その決まり事について考え続けてきた科学哲学について…かなぁ。難しい。

  • 「科学」も「哲学」もようわからんオレが、なんで「科学哲学」なんて本を読んだのか。
    「科学的ってなんだ?」「非科学的ってなんだ?」「科学的な考察と、トンデモの違いはどこにあるんだ?」 そういう疑問に、ちゃくっと答えてくれそうな気がしたからだ。果たしてその目的は果たされたか……いやまだよくわかんないけど、ちょっとわかったような気になる。ああ、もうこの時点で★★★★は確定っしょ。

     某巨大掲示板あたりで論争が出てくると、よくポパーの「反証主義」にぶちあたる。まぁね、言葉の意味くらいは知っていたけれど。この本の説明だと、なぜそういう考え方が出てきたかという流れ・背景まで説明してあって、なるほどってかんじ。「間違っているリスクの高い、つまり反証可能性の高い仮説ほどいい仮説である」はあ、うまいこと考えるもんですなぁ。

     後半戦はちょっと難しくなっていくけれど、会話体が基調の文章で、なかなか芸のあるかきっぷり(下手な人が会話体使うと悲惨だよ~)なので、最後までちゃんと読み通せた。ポパーとかヒュームとかソーカルとか、バラバラに理解していた(ウソ、ちゃんと理解してなかった)人物が、科学哲学というキーワードでひとつにつながったのも快感。
     読みやすくて、内容が豊か。オレの好きな、正しい入門書なんである。

  • 科学哲学の冒険 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4140910224/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4140910224&linkCode=as2&tag=cm3-22 読了。勧めてもらった通り読みやすかったし珍しく2日間で一気に読み切った。結局僕は実在-反実在に関してはD.Davidson的な立場に立つので納得しきれない部分もあったけど、つまみ食いしてた点々に線がスッと通った感じ。

    https://twitter.com/cm3/status/398882550292021249 より転記)

  • 会話としての解説というのは難しいのだが、これが成功しているのかどうか判別できない程度には理解していない。

  •  科学ってどれくらい「正しい」のだろうか? みたいなことをふと思ったので、なんとなく科学哲学の本を読んでみた。その問いに対する答えは今のところ「確実に正しいとは言えないが、他に上手くいく方法が無いし、実際上手くいってる」という感じ。なにかすっきりしないけど、知らないこと、普段考えていなかったことについて考えることができて中々面白かった。科学が明らかにしている通りに世界が実在しているのかどうかとか。

     帰納を正当化するのは難しいが、だからといって使わないというわけにもいかない。論理的に正しい云々は別にして、今まで帰納は役に立ってるから。反証主義は帰納抜きで推論について考える良い方法だけど(それに面白かったけど)、到底上手くいくものとは思えない。結局反証されない仮説が正しいとは言ってないわけだしね。

    ****************************************
    目次

    はじめに

    Ⅰ 科学哲学をはじめよう――理系と文系をつなぐ視点
     第1章 科学哲学って何? それは何のためにあるの?
      1 デカルトもライプニッツもじつは科学哲学者だった
      2 科学哲学者が失業しないワケ
      3 本書の二つの立場――自然主義と科学的実在論
     第2章 まずは、科学の方法について考えてみよう
      1 素朴な疑問――なぜ科学は理論と経験のバランスがとれているのか?
      2 ここで演繹と帰納について復習しよう
      3 科学的方法論としての仮説演繹法
      4 理論と観察をめぐる問い
     第3章 ヒュームの呪い――帰納と法則についての悩ましい問題
      1 帰納を正当化できるか?――帰納をめぐる第一の謎
      2 科学から帰納を追い出してしまえ!――ポパーの反証主義
      3 科学とトンデモはどこが違うのか?――線引き問題
      4 次のエメラルドは緑か青か――帰納をめぐる第二の謎
     第4章 科学的説明って何をすること?
      1 なぜ「説明」は重要なのか?
      2 DNモデル――科学的説明が推論だとすると、こんな困難が生じる
      3 では、DNモデルのどこがまずかったのだろう
      4 原因突き止めこそが説明である――因果メカニズムモデル
      5 説明の目的は原因の特定だけなのだろうか

    Ⅱ 「電子は実在する」って言うのがこんなに難しいとは――科学的実在論をめぐる果てしなき戦い
     第5章 強敵登場!――反実在論と社会構成主義
      1 科学的事実も社会的構成物か
      2 まずは議論を整理しよう――科学的実在論論争のポイント
      3 社会構成主義ってどこがおかしいの?
      4 観念論と反実在論はどこが違う?
      5 構成的経験主義――科学的実在論の最強の敵
     第6章 科学的実在論vs.反実在論
      1 第1ラウンド――奇跡論法で実在論を擁護する
      2 第2ラウンド――観察可能/不可能の区別を疑う
      3 第3ラウンド――決定不全性というヤッカイな概念

    Ⅲ それでも科学は実在を捉えている――世界をまるごと理解するために
     第7章 理論の実在論と対象の実在論を区別しよう
      1 基本法則は嘘だからこそ役に立つ?
      2 われ操作す、ゆえにソレあり
     第8章 そもそも、科学理論って何なのさ
      1 「科学理論について文パラダイム」に引導を渡す
      2 これがイチオシ――科学理論の意味的捉え方
      3 「意味論的捉え方」ってこんなにスグレモノ
     第9章 自然主義の方へ
      1 反事実的依存――これこそが「説明」の本質だ!
      2 科学の究極の目的についてこんな答えが出た!
      3 実在論者に残る最後の宿題――科学方法論のメタ正当化
    **************... 続きを読む

  • 科学哲学の入門書で、科学的実在論を擁護する立場から分かりやすく書いてある。科学的な考え方、哲学的な考え方を同時に学ぶことができる。

    ただ、対話形式で分かりやすくなっているのだが、少し読みづらかった。大学入学前の自分にとっては大学での勉強に対する憧れが生まれたので良かったが。

    なので、大学生よりも高校生が読むべき本だと思う。

  • 本書を楽しめるかどうかは、最初の方の「科学哲学は何のためにあるのか」の議論がすっきり腑に落ちるか否かにかかっている。
    ここで腑に落ちなければ、
    「何を当たり前のことをああだこうだとわざわざ深刻な顔して論じているんだろう」
    と呆れ、途中で本を投げ出すに違いない。

    一方腑に落ちたなら、
    「何を当たり前のことをああだこうだとわざわざ深刻な顔して論じているんだろう」
    とやはり思いながら、それでもその緻密な論理構成を楽しむことができるんじゃないかな、と思う。

    もちろん僕は後者。

  •  科学哲学の入門書。帯に書いてある「哲学と科学のオイシイところをいっぺんに味わえる、一冊で2倍お得な入門書」という紹介が、「まさに!」な内容だった。対話形式で話が進んでいくので非常にわかりやすい。
     本書を通して、科学や哲学の役割について改めて考えさせられた。科学哲学という視点を学んでおくのと、そうでないのとでは、世界の見え方はだいぶ変わっていただろうなと思った。

  • 入門書としてかなりいい線いってると思います。
    終章の議論はちょっと、うーんだけど、それはどうでもいい。

    読んでください!

全61件中 1 - 25件を表示

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)の作品紹介

「法則」や「理論」の本当の意味って知ってる?「科学的な説明」って何をすること?「科学」という複雑な営みはそもそも何のためにある?素朴な疑問を哲学的に考察し、科学の意義とさらなる可能性を対話形式で軽やかに説く。科学の真理は社会的構成物だとする相対主義に抗し、世界は科学によって正確に捉えられるという直観を擁護。基礎から今いちばんホットな話題までを網羅した、科学哲学入門の決定版。

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)はこんな本です

ツイートする