科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)

  • 592人登録
  • 3.79評価
    • (47)
    • (43)
    • (65)
    • (8)
    • (0)
  • 61レビュー
著者 : 戸田山和久
  • NHK出版 (2005年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140910221

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『哲学者はなんでこんなに対話篇が好きなんだろうか。
    という理由はまぁだいたい想像がつくけど、これもご多分にもれず対話形式をとっています。
    センセーとリカちゃんとテツオくんだったかな、彼ら3人の哲学オタクの会話から、科学哲学が楽しく学べます、そんなコンセプトの本。
    疑似科学について知りたくて借りたんだけど、この本からは「科学には実証可能なものが多く、疑似科学には実証不可能なものが多い」という程度のことしかわからなかった。
    それから、科学哲学を専攻している友達に言ったら殺されそうになったが、こんなもん考えるくらいだったらもうちょいましなこと考えろよ、というのが正直な感想。
    ロジカル・シンキングの訓練としては面白いが、おそらく実際的な意味はほぼ皆無。
    ま、話のタネにはなったからそーでもないか。
    あと、貸してくれた友達いわく、「後半は誤解を招きかねない記述が多いから(シロウトは)読まなくていい」らしいです。
    (参考:http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~tiseda/works/adventure.html)』

  • 三葛館一般 401||TO

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60732

  • 大変良く出来た『科学哲学』の入門書であった。これを最初
    に読めば良かったかな(苦笑)。最終的に、科学哲学に対する
    著者自身の考え方が前面に押し出されるのだが、前もって
    自ら断りを入れているので問題はない。その誠実な態度と
    対話形式という読みやすさも手伝い、とても上質な入門書と
    いう印象が強く残った。

    科学哲学の難しいところから初めて逆向きに進み、やっと
    振り出しに戻った感じ(笑)。ここから再び先へ進もうと思い
    ます。

  • 慣れない用語も多く、行きつ戻りつしながらゆっくりと読んだ。対話調でやさしく書かれてあったので、リカちゃんとテツオくんほど理解が早い生徒にはなれなかったけど、ちゃんと読めば議論を追っていくことはできた。

  • 「『科学』とは何か」について、センセイとリカ、テツオが対話を通じて理解を深めていく、科学哲学の入門書です。科学の基礎となる、理論、観察、演繹、帰納などが丁寧に説明されています。高校時代からなんとなく使っていたこうした言葉を改めて学び、理解を深めるにも適した本であると思います。
    (技術経営専攻 M2)

  • 著者の解釈による科学の目的とは, 実在システムによく似たモデルを作ることであるという。意味論的捉え方における反事実的依存関係を成立させること, 「帰納を許す程度に斉一的な宇宙」において, 帰納を純粋に正当化することはできなくても, ある程度擁護することなどによって, 科学の目的に近づいていると感ずることができる。

    戸田山氏の解釈の優れた点は, 閾を明確にしすぎず, 曖昧な部分を残そうとしていることだと思う。その余白によって仮説が生まれ, 既存システムの創発可能性を高める。ノーベル経済学賞受賞者を寄せ集めた投機集団LTCMが破綻するなか, ジョージ・ソロスは, 一見厳格な科学ではなく, 自身が錬金術と呼称する仮説的手法を市場に導入することによって, 結果的には, 経済科学の不完全性をその運用成績によって反証した。意味論的解釈を, 「それが絶対的真実である!」と言ってしまえば, カルトの教祖と変わらなくなってしまうが, 仮説の誤謬を認め, ときには破棄しながら, 残存する自分の仮説(錬金術)を程度的に進化させていくことは有用である。

  • 読んでた。内容ととともに議論の立て方が勉強になる。。

  • 科学哲学は科学の基礎づけをするものだと思っていたので、様々な立場があることがわかった。

    科学方法論のメタ正当化の論理には驚いた。

  • 科学哲学の入門書です。著者自身の分身である「センセイ」と、哲学専攻の塚本テツオくん、いわゆるリケジョの柳田リカさんの3人の織りなすコミカルな対話をとして、著者自身が擁護したいと考えている科学的実在論の立場について学ぶことができます。

    ヒュームによる帰納法批判やポパーの反証主義といった基本的な事柄から始まり、科学的実在論と反実在論の対立、科学理論の「意味論的捉え方」という発想など、かなり突っ込んだ話題まで扱っていますが、おもしろく読むことができました。

    やはり著者自身の立場が反映されているところは読みごたえがあります。著者は、従来の科学哲学が「文パラダイム」に捕らわれていたことを批判して、科学理論は実在とよく似たモデルを構築することだという考え方を提出します。さらに、科学理論が実在についての正しい知に向かっていることを正当化する「メタ正当化」の問題に対しては、「前提における循環」と「規則における循環」を区別することで、自然主義的な立場からの答えが可能だということを示しています。

    ハンソンやクーンを中心的に扱った村上陽一郎や野家啓一といった科学哲学者の入門書はよく読まれているように思いますが、それらとは違った立場からの科学哲学入門として、おもしろく読みました。

  • 2015/5/20

全61件中 1 - 10件を表示

戸田山和久の作品

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)の作品紹介

「法則」や「理論」の本当の意味って知ってる?「科学的な説明」って何をすること?「科学」という複雑な営みはそもそも何のためにある?素朴な疑問を哲学的に考察し、科学の意義とさらなる可能性を対話形式で軽やかに説く。科学の真理は社会的構成物だとする相対主義に抗し、世界は科学によって正確に捉えられるという直観を擁護。基礎から今いちばんホットな話題までを網羅した、科学哲学入門の決定版。

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)はこんな本です

ツイートする