NHKブックス(1071) ロックを生んだアメリカ南部 ルーツミュージックの文化的背景

  • 38人登録
  • 4.10評価
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 日本放送出版協会 (2006年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140910719

NHKブックス(1071) ロックを生んだアメリカ南部 ルーツミュージックの文化的背景の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.11.3. 古書汽水社にて購入。

  • アメリカのルーツ・ミュージックの歴史や背景について書かれた本。
    エルビスから記述ははじまるけれど、さかのぼって移民や奴隷制度のことと音楽の関係が解きほぐされて非常に勉強になりました。知らなかったミュージシャンもいっぱいでてきて、自分の知識のなさを認識。アメリカ史についてももっと学ぶ必要を感じました。
    著者の一人はアメリカ人だけれど、向こうで出た本の翻訳ではなく、日本での企画で共著者が日本人いうことが、この本のわかりやすさになっているようです。

  • アメリカ音楽好きにおすすめ。アメリカ音楽の「かっこよさ」の背景にあるものは、違う文化圏に住む日本人にとっては分かりにくい。とくにブルース論が面白かった。

  • 最後のほう活字を追うだけだった・・・

  • 8月2日読了。エルヴィスについてのラブコールともとれる熱烈な文章から始まる。ブルースを育んだアメリカ南部の黒人(奴隷たち)がいかに過酷・劣悪な環境に生きてきたかが描写される。白人側から読み書きも制限される中で、歌は彼らの魂・人生そのものだったのだなあ。ロックの本質が貧困にある、とは言わないが、単に「ノレる音楽」というのとは違う、ロックの本質(と、いうものがあるとして)は今の時代にも生きているのだろうか・・・?とは言えロックの中興の祖たるビートルズやストーンズの面々がイギリスの白人であることからも、ロックの本質とは憧れ・模倣である、ということもできそうだ。

  • 2007年2月24日

全6件中 1 - 6件を表示

ジェームス・M.バーダマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
ボブ・ディラン
ピーター・バラカ...
ジャック・ケルア...
有効な右矢印 無効な右矢印

NHKブックス(1071) ロックを生んだアメリカ南部 ルーツミュージックの文化的背景を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NHKブックス(1071) ロックを生んだアメリカ南部 ルーツミュージックの文化的背景を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NHKブックス(1071) ロックを生んだアメリカ南部 ルーツミュージックの文化的背景を本棚に「積読」で登録しているひと

NHKブックス(1071) ロックを生んだアメリカ南部 ルーツミュージックの文化的背景の作品紹介

二〇世紀の音楽地図を塗りかえたロックには、アメリカ南部の民衆音楽と過酷な歴史が深く刻まれている。綿花農園で搾取に耐え働いた黒人の唄ブルース、人種差別と闘った有色クレオールや黒人が生んだジャズ、アパラチアの貧困な山人が歌ったバラッド、苦しい日々を慰め、生きる源泉となった宗教音楽…それら全てがエルヴィスの中で衝撃的に焦点を結んだ。絶望的な環境を、愛に満ちた音楽創造のエネルギーに変え、今なお強烈な磁場をもつ南部音楽の原点に迫る異色の文化論。

NHKブックス(1071) ロックを生んだアメリカ南部 ルーツミュージックの文化的背景はこんな本です

ツイートする