安全保障を問いなおす 「九条-安保体制」を越えて (NHKブックス)

  • 30人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 添谷芳秀
  • NHK出版 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140912393

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

安全保障を問いなおす 「九条-安保体制」を越えて (NHKブックス)の感想・レビュー・書評

  •  戦後の国際・国内政治史を俯瞰した上で、筆者は、日本の安全保障政策は左右それぞれから攻撃される中庸の「九条-(日米)安保体制」に忠実だった、と指摘する。90年代の国際主義の萌芽もこの枠を壊すに至らず、9.11後のテロやイラク戦への対応も多分に日米論理により説明され、「戦後レジームからの脱却」を目指したはずの「平和安全法制」も、結局のところ「戦後レジーム」と同義である「九条-安保体制」に引き寄せられ、内向きの論理でしか正当化されなかった、というのである。
     その上で筆者は、この体制を超えた国際主義に基づく九条改憲の議論を提起する。九条と不可分である戦争責任に向き合いつつ、国際主義に立脚した軍事力の効用も認めるというこの改憲論は、従来の左右どちらの論とも異なる。中国に対しては対中警戒論に囚われるより国際社会や中国国内のリベラル派に訴えることを唱える。また、日米同盟に合わせ日韓豪の安保協力により米国のプレゼンスを共同で支えることを提案する。
     日本の安全保障政策の上で当然の前提となってきた「九条-安保体制」を超えて国際主義に立脚すべきとの主張、しかも右でも左でもなく、むしろ左右双方を批判するとの立場からそれを唱えることが新鮮だった。

  • 9条-安保体制からの脱却と、国際主義に基づいた議論が必要だという主張である。
    しかしながら、軍備を持てば使いたくなるのが過去の経験から明らかであり、軍拡競争に走ってしまう。もう既に軍拡は、始まっていると言える。
    アメリカ依存のまま集団的自衛権を認めれば、アメリカの正義に巻き込まれる。
    やはり、現状維持が最も現実な、平和な国の実現手段である。

全2件中 1 - 2件を表示

安全保障を問いなおす 「九条-安保体制」を越えて (NHKブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

安全保障を問いなおす 「九条-安保体制」を越えて (NHKブックス)の作品紹介

日本の安全保障をめぐる議論がふたたび盛んになりつつある。だが右派と左派の論争はいつも噛み合わないし、実は中身もない。なぜか?本書は、真の戦略をめぐる議論の実現を阻んできたのは「九条と日米安保の組合せ」だったとみる視点から戦後史をたどり、可能性のあった唯一の例として九〇年代の日本の経験に着目する。そこではリベラルな対外関係と憲法観の変化が生じていた-。安全保障論議の不毛、左右の反目、過度の対米依存を脱するため、九〇年代を参照し、戦争への反省に立った改憲を視野に入れつつ、近隣国との協力について明快で具体的な将来像を示す提言の書。

安全保障を問いなおす 「九条-安保体制」を越えて (NHKブックス)はこんな本です

安全保障を問いなおす 「九条-安保体制」を越えて (NHKブックス)のKindle版

ツイートする