おもかげの国うつろいの国―日本の「編集文化」を考える (NHK人間講座)

  • 20人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松岡正剛
  • NHK出版 (2004年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784141891055

おもかげの国うつろいの国―日本の「編集文化」を考える (NHK人間講座)の感想・レビュー・書評

  •  「こんとん」「あいまい」を「多様にして一途」と読み、「おもかげ」と「うつろい」をキーワードに、日本文化の特徴を読みとろうとする。
     そこで「一途」を読みとろうとする手法を「編集文化」と名付けているようでもある。

     神祇と仏教。無常観の発生。ウツロとウツロイ。ハカとハカナイ。
     時代とともに概念が成立してくる一方で、本居宣長の「『わざ』にふれて、『こころ』が感ずる」という「図抜けた特色」(130p)を読み解く。

     時の政権が、権力成立の背景を外国に根拠を求めてきた点を、明示しているのが興味深い。
     古代から中国に成立の根拠をもとめ、家康政権の成立時にまさかの、明王朝の崩壊に遭遇するとする。
     鎖国という特異な体制を維持しながら、「外国」という特別扱い、「畏敬と恐怖、好奇と劣等、同化と排外の目が、つねにまじってきた」(138p)ように思う、とする。

     海に面した国ながら、「海を意識しなかった不思議」(140p)とも述べる。
     外国対策に苦労するのが、今にはじまったことではないと、言うこと。
     
     政権はかつて「中夷思想」で中国に、戦後はUSAに一体化。その枠組みを抜け出ることができない。
     国際的には、200海里漁業規制、ウルグアイランド体制による輸入米受け入れ義務、今次のTPP。
     海外との関係において、しばしば正確な情報が国民化されず、対応も後手にまわっているように見える。

     哲学者、思想家の著作を丹念に読みこなし、「一途」を展望しようとする構想と裏付けは、評価されるべきであろう。
     

全1件中 1 - 1件を表示

おもかげの国うつろいの国―日本の「編集文化」を考える (NHK人間講座)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おもかげの国うつろいの国―日本の「編集文化」を考える (NHK人間講座)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おもかげの国うつろいの国―日本の「編集文化」を考える (NHK人間講座)を本棚に「積読」で登録しているひと

おもかげの国うつろいの国―日本の「編集文化」を考える (NHK人間講座)はこんな本です

ツイートする