アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)

  • 288人登録
  • 4.10評価
    • (27)
    • (22)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
制作 : 岸見 一郎 
  • NHK出版 (2016年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784142230594

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恐るべし 100分で名著。
    コンパクトで読みやすい。
    放送も楽しみでした。
    岸見先生のお話がゆっくりと心に突き刺さりますっ!!

  • 薄い本ではあるけれど,テレビ番組と相まって,とてもわかりやすい.何度も読み直しているが,その度に発見がある.

  • 「嫌われる勇気」がベストセラーになったことで、にわかに有名になったアドラーの代表作について、優しく解説した本。

    少し癖のある会話形式となっている「嫌われる勇気」よりも、シンプルにアドラー心理学を学ぶことができる。そのためアドラーに興味をもって「嫌われる勇気」を手に取ったんだけれど、何となく文体がしっくりこなかった人に特にお勧め。

    自分にとって特に気に入ったのは「原因説ではなく、目的説」という考え方。

  • アドラーの思想に強く惹かれながらブームに違和感を覚える理由が、「影響因」についての言及が少ないためだとわかった。
    確かに決定因ではない。アドラーの言うライフスタイルは自ら選んでいるものだが、子供のころの選択では周囲の環境が大きな影響を与える。だから教育が大事だともアドラーは言っている。そこを飛ばして自己責任論に結び付けるのはアドラーの本意ではないだろう。
    状況を客観視できるようにして、「ライフスタイルは選びなおすことができるよ」と援助する必要がある場面は多いはずだ。でなければカウンセラーもいらない。

  • アドラーの考え方がシンプルにまとまっていて、読みやすい1冊。

  • 読了。NHKのテレビテキストである。最近流行りのようであるが、なんで広まらなかったのかなと思った。納得できる内容で、仏教の教えに近いのかなと考えた。トラウマなどは、過去のつらいことは、事実としても、それが原因で、今の行動を制限されることはないとあった。なるほどと思った。いまの仕事の悩みを解決してくれるものなかったが、前に一歩踏み出そうとの気持ちにしてくれる。

  • いわゆる“アドラーブーム”に乗っかり番組を見て触りを学べたらという感じで購入。優しいけど固い、なるほどなあと思えながら読み進めました。実践はなかなか難しそうだけど、いろんな精神状態でも通じるところがあって何度でも読みかえせる本だと感じました。

  • ○なかなかアドラー本が手につかない人におすすめ。番組閲覧併用推奨、番組見なくてもうまくまとまってます
    アドラー心理学を解説し世間に広く伝えようとする哲学者・岸見一郎先生が、NHK「100分de名著」の中でアドラー著「人生の意味の心理学」を解説したテレビ用のテキスト。
    すでに終わっている番組ではあるが、何かしらの方法で閲覧しながら読むとより理解が深められると思う(わたしは番組はまだ見ていないが、他の岸見本は読了したものもある)。

    「人生の意味の心理学」の肝は、「共同体感覚」であるという。
    「共同体感覚」を深く掘り下げると、
    ①ありのままの自分を受け入れること(自己受容)
    →ありのままの自分ではいけないかもしれないが、与えられたもの(すなわち、いま自分の現状)をどう使うか、が重要
    ②自分が共同体の中で価値があると感じること(他者貢献感)
    →行動や存在について、すなわち生きていることで他者に喜びを与え貢献していると、感じてみよう
    ③他者を仲間として信頼すること(他者信頼)
    →信用が条件付きで人を信じることだとすれば、信頼は人を無条件に信じることを指します。裏切られることを前提に信頼をしなければ誰とも深い関係になることはできないのだから、しあわせになることはできない。

    上記三点は連環をなし、この共同体感覚を育むことが教育の目的だということです。

    こんな人がたくさん世界に増えたら、他の人のことも自分のこともありのままに見て尊重できる世の中になれば、世界も変わるにちがいない、と語ったアドラー。人間の拭えない煩悩への挑戦である気もしますが、この現代社会の中で歯車となって病みながら働く私たちに突きつけられた「働き方・生き方を変えて良好な職場環境を生み出すための挑戦」である気もしてきています。

    まずは、自分を信頼し、ありのままを見て、必要に応じ自分を変える決意をして行動することからなのだろう。
    仕事が上司のせいで辛い、と言う時代は終わったのかもしれない。その上司と向き合えない自分と向き合うことこそ大事なのだろう。
    上司にも変わってほしい。仕事のできない部下、という見方ではなく、それを生み出す現状を見いだし、必要に応じて自分を変える決意をして行動することが必要なのだと思う。

  • 前回、同じ著者のアドラー心理学の入門書を読んだが、わかりずらいところがあり、いまいちアドラー心理学について理解が進まなかった。
    本書はNHKで放送されていた番組のムック本で、わかりやすくアドラー心理学が理解できた。
    ページ数も少なく手軽に読めるので、アドラー心理学に興味がある人には是非手に取ってもらいたい書籍だ。

  • アドラーの心理学は、”心理学”というよりは"哲学"であるように思われる。

    特に自分自身を見つめて、他者に振り回されない考え方については非常に理解ができる。

全30件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)に関連する談話室の質問

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)はこんな本です

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする