闇からの声 (ハヤカワ・ミステリ 243)

  • 3人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 井上 良夫 
  • 早川書房 (1956年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150002435

闇からの声 (ハヤカワ・ミステリ 243)の感想・レビュー・書評

  • フィルポッツの代表作の一つ。引退した探偵のリングローズは、長期滞在するつもりで旧荘園邸ホテルを訪れるが、初日の夜に寝室で子供が恐怖の叫び声を上げる耳にする。しかし子供の姿はどこにも見当たらなかった。密かに調査を始めると、驚くべきことに、その声の主は一年前に既に死んでいることが判明。子供を殺したまま逃げ延びた犯罪者達を捕らえるため、リングローズの最後の大仕事が始まる。

    本作の独創的な点は、探偵が事件を知るきっかけが既に亡き犠牲者の声を聞いたためという所である。そして、これに関する謎はひとまず置いておいて仇討ちに挑むという姿勢から、リングローズの子供好きな性質が伝わってくる。事件そのものが一年前であるため証拠が足りず、長い準備期間をかけて身分を偽り犯人に接触する展開も、事件の特異性と彼の執念をよく現していると言える。中盤以降繰り広げられるリングローズとブルーク男爵の知略対決は、かなりスリリングで読み応えがあった。

    本作で一番可哀想なのは(事件の犠牲者を除けば)ニコラス・トレメーン青年である事は確実である。こういう恋敵ポジションは嫌な奴が担当するのがセオリーだが、彼は普通にいい奴だったために可哀想さが際立つ。なまじ性格を良くするのも考え物ということか。

  • ホテルの主人の招きで旧荘園邸ホテルにやってきた引退した名探偵リングワース。狩猟を楽しみ同じ宿泊客であるベイヤーズ夫人とも親しくなっていくが。夜中に聞こえる助けを求める少年の声。声の少年ルドヴィックは1年前に悪夢にうなされて死んでいた。少年の死に疑問を抱いたリングワースの捜査。少年の従僕であるアーサー・ビットンとの接触。彼の使った怪しい首での脅し、追い詰められたビットンの自殺。ルドヴィックの相続するはずだった財産と爵位を相続した伯父ブルーク男爵。男爵との接触。イタリアでのルドヴィックの父親の死の調査。ルドヴィックの姉ミルドレッドの元婚約者コンシダイン医師の協力とブルーク男爵への罠。

     2011年2月27日読了

全2件中 1 - 2件を表示

闇からの声 (ハヤカワ・ミステリ 243)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする