黒と青―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

  • 53人登録
  • 3.48評価
    • (2)
    • (7)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Ian Rankin  延原 泰子 
  • 早川書房 (1998年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (538ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150016654

黒と青―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 重い、重いよ、これは。古典を読んでるレベル。てか欧米の推理小説に出てくる刑事のはみだしデカっぷり率は半端なく、何故なのか、そういうのしか出版されないのか、そういうのしか受けないのか。シャーロックホームズとか、めっさインテリっぽいイメージなのに、それ故にこういう刑事ものばっかりになってしまったのか。紳士の国なのに。それはさておき、こっちの小説なら欠かせないブラックユーモアが、どうもいまいちで、作家の問題か、訳者の問題なのか、良く分からんけど、それ故にイマイチに思えてしまうのはこっちの勝手な評価ポイントの問題。ひたすらアウトローな主人公はカッコよいような、でもどいつも同じような泥臭さなんだよなー、と突然突き放してみてしまう今日この頃。

  • 長い! それに複雑。新旧取り混ぜて4つの事件があり、それが互いに関係していたり、関係しているようで別件だったりで、何だかややこしい。

    まず、60年代に起きて未解決のままになっている「バイブル・ジョン」事件。これは実在の事件がモデルになっている。次にそれを模倣した「ジョニー・バイブル」事件。リーバスはこの連続殺人事件に強く関心を寄せているが、直接は担当せず。3番目に、リーバスが捜査を担当するアラン・ミチスン事件。最後に、リーバスが若い頃に逮捕して収監されていた囚人が無実を主張して自殺した事件。

    ドラマ版の「黒と青」(ジョン・ハナー主演)は、細かい部分での省略や変更はいくつもあるが、大筋は大体この原作に沿っていたかな。この長い話を2時間弱によくまとめたものだとは思うが、それでもかなり駆け足で描写不足だったように記憶している。

    この作品でブライアン・ホームズは辞職。人事異動によりジル・テンプラーはリーバスの上司ではなくなっており、これもヨリを戻すのか戻さないのか微妙な感じ。

  • 395.初.元ビニカバ、帯付。
    2010.12.20.鈴鹿BF

  • うーん、おもしろいんだけど、リーバスさん、もうちっと大人になってもいいんじゃない? いくらなんでもこれじゃあ血の気の多い高校性じゃない。

  •  1997年にCWA(英国推理作家協会)のゴールド・ダガー賞(最優秀長編賞)受賞作で<リーバス警部>シリーズの第8作。いくつもの事件が重なって、最初はよくわからなかったが、なぜか最後はうまくつながったという感じ。リーバス警部は一匹狼で、上司にも反発するところなどマイケルコナリーのハリーボッシュに似ている。

  • 絶対好きなたぐいの小説とわかっていたのだが、なぜか読む機会がなかった。予想通り楽しめた。これからシリーズをぼちぼち読んでいこう。楽しみ楽しみ。

    リーバスと周囲の人の会話が絶妙。私が翻訳物(とりわけハードボイルド寄り)を読むのは、こういうにくい言葉のやりとりを読みたいせいかもと思うくらい。どんなときでも(ギャングに捕まり地下室でロープにつるされ拷問死を目前にしても!)決してウィットを忘れないその誇り高さには恐れ入る。

    本作では、スコットランドの風景が独特の味わいを醸し出している。荒涼たる北の海とシェットランドの島々を一度見てみたいという気になる。そしてもうひとつ、背後に流れるブリティッシュロック。あまり詳しくないのがとても残念だが、それでも充分雰囲気に酔った。

    ちょっと長いのが難、かな。普段長いのは苦にならない(どっちかというと嬉しい)がこれはちょっと疲れた。

    〈追加〉
    上の感想で「ウィット」と書いた所、なんか違うなあと思いながらいい表現が思いつかなくて、うーん違うんだけどと気持ち悪かった。さっき車に乗っててる時ふいにひらめいた。「減らず口」これですよこれ!リーバスのはまさに減らず口。いやあすっきりした。

全6件中 1 - 6件を表示

イアン・ランキンの作品一覧

イアン・ランキンの作品ランキング・新刊情報

黒と青―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒と青―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒と青―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒と青―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を本棚に「積読」で登録しているひと

黒と青―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)はこんな本です

ツイートする