迷路 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

  • 18人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Philip MacDonald  田村 義進 
  • 早川書房 (2000年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150016876

迷路 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この作品は、練習問題なのだそうです。
    面白かったです。

  • 320.初.元ビニカバ、帯付。
    2010.12.20.鈴鹿BF

    .

  • アンソウー・ゲスリン・シリーズ

    殺害されたマックスウェル・ブラントンの裁判記録。
    ブラントンの浮気癖。愛人たちの証言。事件当夜のそれぞれの動きに対する証言。被害者の動き。
    ルーカスからゲスリンへの捜査依頼。

     2010年10月14日読了

  •  警官と探偵役の書簡、および裁判の傍聴記録のみで構成されており、作者が非常に「フェアプイ」に拘った事が感じ取れる。推理の着眼点やその過程も地に足のついた実に堅実なものになっているが、反面いささか「地味」でもあり、その点では評価が分かれるかもしれないと感じた。
     僕自身は評価したいと思うが、いわゆる「新本格」を通り過ぎた世代としては全体的に若干、手垢がついてるような感じがするのは否めない。
     もちろん、書かれた当時としてはそんなことはなかったのだろうけど。

     が、その一方でこの動機は逆に目新しいのではないかと思う。森博嗣的な「動機が必要ですか?」というある意味スマートな姿勢を吹っ飛ばすだけの強烈な印象がそこにはあった。
    探偵役のあまりにあんまりな言い方にちょっと度肝を抜かれたというのもあるけれど……。

     派手さはないが端正なパズラーで、かつ紙数もそう多くないのでこれからの季節、小旅行の合間合間にメモを片手に読まれるとよいのではないかと思う。

  •  読了。☆3.5点。

  • 2008/04/12読了

  • とりあえず読み始めて一番驚いたのは情景描写とか事件の場面とかは一切書かず検視審問の時の証言のみで事件を描き、状況を知らせ、証言を知らせると言うこの簡潔にして分かりやすい物語の進め方。ここまでさっぱりしてくれると逆にすがすがしい。パズル小説だね。でもその簡潔さがいい。ゲスリン大佐の推理は逆説的で面白い。またほとんど気にしなかった矛盾点をついた推理は感心。でもこれは普通の人が読んだら怒り出すだろうなぁ。

全9件中 1 - 9件を表示

フィリップ・マクドナルドの作品

迷路 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

迷路 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を本棚に「積読」で登録しているひと

迷路 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)はこんな本です

ツイートする