殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

  • 12人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 酒井 武志 
  • 早川書房 (2004年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150017538

殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)の感想・レビュー・書評

全4件中 1 - 4件を表示

殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)に関連する談話室の質問

殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を本棚に「積読」で登録しているひと

殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)の作品紹介

マンハッタンで一人住まいの女性を毒牙にかける連続殺人鬼。被害者の額には口紅で毒々しくキスマークが描きこまれる。事件を担当するモー・ブランメル刑事のもとに、ある日一本の電話がかかってきた。自ら殺人者を名乗る電話の男は、犯人しか知り得ない事件の詳細を語り、モーに親しげに語りかける。凶行は続き、ニューヨークはパニックに陥るが、繰り返しかけられる電話により、殺人者と刑事の間に奇妙な"絆"が生まれはじめた。徐々に犯人の実像に迫るモー。だが事態は予想もしない方向に…マニアを唸らせたサイコ・スリラー映画の原作。

殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)はこんな本です

ツイートする