われらの独立を記念し (ハヤカワ・ミステリ)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 鈴木 恵 
  • 早川書房 (2017年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (570ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150019204

われらの独立を記念し (ハヤカワ・ミステリ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公のピートはソーシャルワーカー。問題のある家庭を援助し寄り添い、臨機応変に対応する優秀な職員だが、私生活では妻と娘と別居中だし、父親や弟ともうまくいってない。仕事で出会う困難な家庭の子どもたちがあまりに悲惨で、読み進めるのが辛かった。 ピート自身が全くヒーローではなくすぐに酒びたりになるし、プライベートとでも仕事でも誤りを犯すが、それでも底辺の人々の助けになろうとする姿勢が心に残る。ミステリでもサスペンスでもなく、ラストにカタルシスを得られるわけでもないが、作者の書きたいという情熱が伝わる作品だと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

スミス・ヘンダースンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ケイト・モートン
アーナルデュル・...
ジョエル・ディケ...
アンドレアス・グ...
アーナルデュル・...
レーナ・レヘトラ...
ロバート・クレイ...
ピエール ルメー...
アーナルデュル・...
アンドレアス・グ...
フェルディナント...
有効な右矢印 無効な右矢印

われらの独立を記念し (ハヤカワ・ミステリ)を本棚に登録しているひと

われらの独立を記念し (ハヤカワ・ミステリ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

われらの独立を記念し (ハヤカワ・ミステリ)の作品紹介

〈英国推理作家協会賞最優秀新人賞受賞作〉家庭福祉局のピートが面会した栄養失調の少年。彼の一家は山中で世間と隔絶した生活を送っているというのだが……。失踪した娘、逃亡した弟、そして殺人。圧倒的なディテールをもって激動の80年代アメリカを描く大作

われらの独立を記念し (ハヤカワ・ミステリ)のKindle版

ツイートする