狼の紋章―ウルフガイ〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 31人登録
  • 4.18評価
    • (5)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 平井和正
  • 早川書房 (1971年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150100414

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリフォード D...
有効な右矢印 無効な右矢印

狼の紋章―ウルフガイ〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ウルフガイシリーズは私の中ではSFではない、ウルフガイである。
    表紙   6点生頼 範義
    展開   6点1971年出版
    文章   6点
    内容 650点
    合計 668点 

  • アイフォンアプリで読破。一気に読んでしまった!おもしろい

  • 実は新井素子さんの影響で、犬神明シリーズにハマった時期があります・・・。今思うと若気の至りです。でも、ホントにホントにカッコいいんですよー犬神明!中学生だった私は、当時、他の子達がテレビのタレントに夢中になってるのに犬神明に憧れてました。ウルフガイシリーズはいっぱいあるんですが、この本からスタートする少年犬神明シリーズが一番好きでした。
    角川文庫から出てるんですが、今はもう入手困難だろうなぁ・・・。犬神明がどれだけカッコいいか知りたい方は古本屋で探してみてください。

  • 少年犬神明の最初だったと思う。
    繊細で傷付きやすい、守ってあげたくなるような犬神明ですよ。思春期に読むなよこんなもんって感じの本ですが、思春期に読んでました。(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

狼の紋章―ウルフガイ〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)はこんな本です

ツイートする