火星の戦士野獣の都 (ハヤカワ文庫 SF 57)

  • 40人登録
  • 2.92評価
    • (0)
    • (1)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 矢野 徹 
  • 早川書房 (1972年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150100575

火星の戦士野獣の都 (ハヤカワ文庫 SF 57)の感想・レビュー・書評

  • エターナルチャンピオンシリーズで知られるムアコックの
    手による「火星シリーズ」。本当に掛け値無しで文字通りの
    意味だ。所々にムアコックらしさも顔を覗かせてはいるが、
    基本的には火星シリーズそのままである。このシリーズの
    主人公マイクル・ケインも後々エターナルチャンピオンに
    組み込まれたらしいが、当初別名義で発表されたことからも
    わかるように、この作品だけ読むのなら火星シリーズを
    「期待」して読むのが正しい態度である。人によっては
    ムアコックらしさがないと言ってこの作品を否定する向きも
    あるようだが、もちろん、私は嫌いではない(笑)。

  • バロウズタイプとしても手抜きすぎ
    表紙   6点松本 零士
    展開   4点1965年著作
    文章   5点
    内容 350点
    合計 365点

全3件中 1 - 3件を表示

マイクル・ムアコックの作品一覧

マイクル・ムアコックの作品ランキング・新刊情報

火星の戦士野獣の都 (ハヤカワ文庫 SF 57)を本棚に「積読」で登録しているひと

火星の戦士野獣の都 (ハヤカワ文庫 SF 57)はこんな本です

ツイートする