傷ついた栄光 (ハヤカワ文庫 SF 206 銀河辺境シリーズ 7)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 野田 昌宏 
  • 早川書房 (1976年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150102067

傷ついた栄光 (ハヤカワ文庫 SF 206 銀河辺境シリーズ 7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この叛乱物語が書きたくてこのシリーズを書き出した 
    表紙   6点加藤 直之
    展開   5点1975年著作
    文章   5点
    内容 560点
    合計 576点

  • 1970年代の出版。当時はあまり興味をそそられなかったが、最近過去のスペースオペラが無性に読みたくなり(というか加藤直之さんのカバーと挿絵が魅力的で)、古本屋さんで少しずつ集めて読み始めた。このシリーズは、銀河の縁まで植民して広がった人類世界が舞台。主人公のジョン・グライムズが監察宇宙軍を卒業して宇宙艦に少尉として任官したところから始まる。宇宙軍とはいえ、決して一枚岩の組織ではなく、様々な人間とチームを組んで任務を果たさなければならない。失われた植民地の調査中に遭遇する事件や失敗に主人公がどのように立ち向かっていくかが、ユーモアを交えながら描かれる。よくも悪くも70年代の大人向け娯楽映画のスタイルに近い。今から考えると女性の描かれ方なんか?って感じだし(昔の映画007シリーズに近い感じ)でも、舞台は宇宙なのだが、なぜか海の香りがするのが心地良い。作者が元船乗りで、船乗りの世界観や経験が反映されているからだろうか。今回は、順調に小型宇宙艦の艦長まで出世した(というかやっかい払い)グライムズが叛乱にまきこまれて軍を離れる転機となったエピソード。「戦艦バウンティ号の叛乱」の引用が良く出てくるので、知っているとさらに楽しい。

全2件中 1 - 2件を表示

A.バートラム・チャンドラーの作品

傷ついた栄光 (ハヤカワ文庫 SF 206 銀河辺境シリーズ 7)はこんな本です

ツイートする