竜の夜明け〈上〉 (ハヤカワ文庫SF―パーンの竜騎士 外伝)

  • 84人登録
  • 3.95評価
    • (18)
    • (4)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 浅羽 莢子 
  • 早川書房 (1990年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150108601

竜の夜明け〈上〉 (ハヤカワ文庫SF―パーンの竜騎士 外伝)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 外伝はたいして面白くないのだが、これは面白い
    表紙   6点木嶋 俊
    展開   7点1988年著作
    文章   7点
    内容 730点
    合計 750点

  • パーンの竜騎士シリーズの外伝。
    入植時代を描いたもので、年代的には一番最初の話ということになります。
    射手座ルクバト第三惑星パーンへ、地球から最先端の科学を駆使してはるばる入植希望者の団体が片道切符で到着、理想的な世界を作ろうとします。
    巨大竜に乗って飛ぶ竜騎士が活躍するこのシリーズは中世的な雰囲気なので、ファンタジーがお好きな人が読んだ方がむしろ良いかと思うんですが、ジャンル的には本来SF。
    この作品だけは名実共にSFと言えるでしょう。
    この作品から読んでも良いし、この作品だけ読んでもオッケー。
    スターウォーズやスタートレックといった映画やドラマがお好きな人にもお薦めです。

    宇宙船の提督はポール・ベンデン。
    この名を聞いただけでも、ファンならにやりとしてしまいますね。
    ヒロインは一人だけではありませんが、メインは獣医の娘のソルカでしょう。幼い日に火蜥蜴(最初はまだこの名もありませんが)と出会ってからずっと初期の全てを見て大人になっていく年月の物語。
    ショーンという馬の扱いの上手い非定住民の少年と共に、現地の生き物と交流を続けます。
    登場人物は多く、複数の内面が語られるために最初はちょっとややこしいですが、しだいにダイナミックに連動して盛り上がっていきます。

  • 新天地パーンでの活気に満ちた入植活動! 

  •  パーンの竜騎士シリーズ外伝。更に時代が遡り、今度は惑星パーンの入植時代となります。まさに「竜の夜明け」の物語。そしてここにいたって物語は、一気にSF色を濃くします。

     ポール・ベンデン、テルガー、シリーズ通して読んでいると、思わずにやっとしてしまう(笑)名前の惑星入植者が、緑豊かな未開の惑星を、協力しあって開拓して行く様が、上巻では面白く興味深く描かれています。
     機械に頼らぬ「地球ではなく、この星の」やり方を成立してゆくのが彼らの目的なので、勢い、生活様式も旧時代然としたものになるわけです。
     それを見越してやってきたアーミッシュな人々もいれば、どうしても空を飛ぶことが忘れられない人もいたりと、渦巻くそれぞれの思惑や人間ドラマが興味深い。
     まだ、ここでは派手な事件はおきませんが、「大草原の小さな家」や「スタートレック」が好きな人だったら、植民地の人々の生活や人間模様が文句なく楽しめるはずです。

全6件中 1 - 6件を表示

アン・マキャフリイの作品

竜の夜明け〈上〉 (ハヤカワ文庫SF―パーンの竜騎士 外伝)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

竜の夜明け〈上〉 (ハヤカワ文庫SF―パーンの竜騎士 外伝)を本棚に「積読」で登録しているひと

竜の夜明け〈上〉 (ハヤカワ文庫SF―パーンの竜騎士 外伝)の作品紹介

射手座区にある恒星ルクバトの第3惑星パーン-緑ゆたかなこの星に、いま、地球から三隻の植民船が飛来した。FSP(生命既存惑星連邦)の法にのっとりこの地に理想の植民地を建設するのが目的だ。ヨコハマ号の船長ポール・ベンデンの指揮の下、処女地パーンにふさわしい、科学技術にたよらない共同社会を築くための政策がつぎつぎと実行にうつされた。地球から冷凍輸送してきた植物や家畜もパーンの自然環境に適応し、人びとは広大な土地を自由に開拓していく。植民地として、パーンにはなにひとつ欠点がないように思われたのだが…。

ツイートする