ドクター・アダー (ハヤカワ文庫SF)

  • 102人登録
  • 3.54評価
    • (5)
    • (5)
    • (13)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : K.W.ジーター
制作 : 黒丸 尚 
  • 早川書房 (1990年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150109073

ドクター・アダー (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 72年に書かれたが出版できたのが84年の傑作
    表紙   6点大森 英樹
    展開   7点1972年著作
    文章   7点
    内容 800点
    合計 820点

  • 序盤はいまいちついていけなかったな。はじめっからハイペースすぎるんだもの。終わりにいくにつれどんどん流れに乗っていけて、なんとかサイバーパンクは味わえたかな?

  • ギョエェ、ウヒョー、ホヘーで面白かった。(赤並感)

    途轍もない性的倒錯が目白押しだけど、基底は狂気渦巻く社会における青年の冒険譚であったりで、グロさよりも中盤以降の二転三転するストーリ展開に驚愕し最後まで引き込まれた。
    ただ一番の驚きは72年の作品であること。どうしたら昭和47年にこんなぶっ飛んだことを...。
    これは様々な層の狂気が描かれた作品だと思う。アンダーグランドの住人の狂気よりも倫理ぶってる人達の狂気の方が数段怖かった。原文がそうなのか翻訳のためか、古さを余り感じず、疾走感があるカッコいい文体で読んでいて楽しい。(小並感)

  • 奇怪なSF。としか覚えていないがいつまでも記憶から消えてくれない奇怪な魅力を持った本。内容的に映画化は無理と思うけど、映像で見てみたい気もする。ティム・バートン監督で。

  • エリオット・シャープの『証拠隠滅』にも同名の楽曲が収録されている(邦題「毒蛇博士」)、カルトな怪作。
    序文はフィリップ・k・ディックによるもの。
    作者ジーターはその後、『ブレードランナー』の続編を書いている。(『ブレードランナー2 レプリカントの墓標』、『ブレードランナー3 』の二作。映画版のストーリーを受け継ぎつつも原作小説の設定も引用した)

  • 遅れてきたSF。書かれた時代に刊行されていたらもっと衝撃的だったでしょうに。

  • この人が書いたブレードランナーの続編は、ディックの小説とリドリー・スコットの映画という「別物」を一体の話として昇華するというすばらしい力技でした。

全9件中 1 - 9件を表示

K.W.ジーターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッグ イーガ...
アイザック・アシ...
ウィリアム・ギブ...
グレッグ・イーガ...
フィリップ・K・...
有効な右矢印 無効な右矢印

ドクター・アダー (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドクター・アダー (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドクター・アダー (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

ロサンジェルスの暗黒街に君臨する悪徳外科医ドクター・アダー。その華麗なメスから生まれる奇抜で醜悪な肉体改変が、この街を肉欲と悪徳の都に変えた!一方アダーを敵視する一派も勢力を拡大している。そしていま、アダーにひとりの客が訪れた-アメゾナの養鶏場で働く青年リミットが携えてきた伝説のハイテク武器は、この戦いの様相を一変させるが…SF史上最も危険な傑作登場!

ツイートする