新宇宙大作戦 カーク艦長の帰還〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 47人登録
  • 3.09評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : William Shatner  斉藤 伯好 
  • 早川書房 (1998年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150112318

新宇宙大作戦 カーク艦長の帰還〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カーク本人が作者だが面白いのにびっくりする
    表紙   5点ハヤカワデザイン
    展開   5点1996年著作
    文章   5点
    内容 713点
    合計 728点

  • 個人的にはカークが艦長と呼ばれることに違和感があるのだが,それはさておき。
    船長(役)だったウィリアム・シャトナーの手によるオリジナル小説。ジェネレーションズの続篇。基本はTNGの世界観。ただ,筆者個人はTNGを殆ど観たことがなく,人物相関がよくわからにゃい。

  • 削除

  • -

    惑星ヴェリディアン3では、ライカー中佐の指揮のもと「エンタープライズD」の解体・回収作業が急ピッチで続けられていた。そこには、ヴァルカン大使スポックの姿もあった。この地に眠るカーク艦長の遺体を地球へと持ち帰るべく、同行していたのだ。だがその墜落現場を、突如謎の戦闘艇が急襲、カークの遺体を奪うやいずこかに消えた!いったい誰が?また、なんのために?映画『ジェネレーションズ』の続篇登場。

全4件中 1 - 4件を表示

ウィリアム・シャトナーの作品

新宇宙大作戦 カーク艦長の帰還〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新宇宙大作戦 カーク艦長の帰還〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする