テラニアの盗賊―宇宙英雄ローダン・シリーズ〈255〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Ernst Vlcek  William Voltz  五十嵐 洋 
  • 早川書房 (1999年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150112912

テラニアの盗賊―宇宙英雄ローダン・シリーズ〈255〉 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ローダンシリーズ255
    グロハーンとウィールコントの使い捨て悪人の話
    表紙   5点依光 隆  五十嵐 洋訳
    展開   5点1971年著作
    文章   5点
    内容 500点
    合計 515点

  • 前半:サイド・ストーリーのような冒険譚。唐突に地球へ現れる怪物の必然性が不明。コンパクトにまとめた。ヴルチェク初登場は肩に力入りすぎな感じ。後半:なぜアラスカとロイドが主役を張るのか必然性が欲しい。思わせぶりな登場人物は、あっけなく死んでしまう。物語は若干動き出すが、ガジェット詰め込みすぎ。アイディアを使い捨てるより、じっくり語って欲しい。

全2件中 1 - 2件を表示

エルンスト・ヴルチェクの作品

テラニアの盗賊―宇宙英雄ローダン・シリーズ〈255〉 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

テラニアの盗賊―宇宙英雄ローダン・シリーズ〈255〉 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

テラニアの盗賊―宇宙英雄ローダン・シリーズ〈255〉 (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

痴呆化し、盗賊と化した人類が掠奪と破壊をつくし、荒廃したテラニア。アーロンは免疫者だったがゆえに、痴呆者からなる盗賊団の頭目となった。だがかれは心に直接呼びかける声に操られており、その声の命ずるまま破壊をくりひろげ、人類最後の砦である地下ブンカーの都市群へと忍び寄る。一方、デイトンに呼び寄せられた銀河通訳、セルカノ・ステーマーは盗賊団の黒幕の発見と排除という捨て身の任務を命じられるが。

テラニアの盗賊―宇宙英雄ローダン・シリーズ〈255〉 (ハヤカワ文庫SF)はこんな本です

ツイートする