クリプトノミコン〈3〉アレトゥサ (ハヤカワ文庫SF)

  • 58人登録
  • 3.39評価
    • (1)
    • (5)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Neal Stephenson  中原 尚哉 
  • 早川書房 (2002年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150114046

クリプトノミコン〈3〉アレトゥサ (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長いが面白い、どこがSFか分からない作品
    表紙   4点佐伯 経多   中原 尚哉訳
    展開   6点1999年著作
    文章   7点
    内容 660点
    合計 677点

  • 本書は四分冊の三冊目になる。長い物語なので、中弛みのようなものを感じてしまうのを否めないが、それでも第二次世界大戦と現代とがリンクしてきて、最終巻の大団円に向かう準備ができてきたように思える。また、現代のパートでは、ビットコインを予言するかのような電子通貨が登場する。作品が書かれた頃は、電子マネーはあったと思うけれど、政府が信用を担保しない電子マネーなんて、少なくとも一般的ではない。よくそんな時代に想像できたなと思う。暗号技術は電子マネーと関係が深いので、作者がよく調査した結果なのだろうな。脇のエピソードであるが、個人的に最も驚いた部分だ。

  •  話としては2の続きという感じ以上の感想はない。やはり第二次大戦パートの方が緊迫していて、どうも現代パートの方は盛り上がりを欠く。第二次大戦パートの方も緊迫しているとはいえどちらかというと宝探し的な話の方が目立ち、月並みだがこれだけの長さが必要だったのかなあという印象は否めない。様々な謎が絡み合うという醍醐味はこの分量じゃないと出せないのかもしれないけど、例えば第二次大戦パートをメインにして現代パートはシンプルに並行して謎を追う程度して少なくとも3巻程度にすればリーダビリティがさらに高くなったのではないかな。調べたことを全部盛り込みたい人なのかなー、とか思ったり。まあこちらが暗号解読やコンピュータ開発にあまり関心がない人間だからかもしれないが。いずれにしても過去と現在が謎を結節点として合流する最終巻には期待がもてる。
     細部は相変わらず面白い。今巻ではローレンスが性欲と仕事の能率を計算するくだり、それからランディがカードゲームに興じるオタク友達と会話をしながらそのやり取りがガールフレンドにどう見えるか気にするくだりあたりが最高。

  • 第二次世界大戦中の暗号に隠された謎とは?
    海底ケーブルの事業で窮地に陥った暗号解読者の子孫たちが、その謎に挑む。
    大戦中と現代が、暗号(クリプト)によって絡み合う。

    題名の「暗号書(クリプトノミコン)」は、もちろん「ネクロノミコン」のもじり。
    いやー、毎度ながら、物語はブツ切れで終わってますな。

    あれですね、この人の小説は、読み終わってから、「あ〜おもしろかった」と思うものではないです。
    いろいろ考えながら読んでいく過程がおもしろい。
    筋道きっちり立てた小説が好き…というヒトには向かないかもしれんね。
    しかし、SF…というには、無理があるかも。かといって、どこのジャンルに入れるかと問われると、これも困ってしまう。
    第二次世界大戦の暗号戦の話、高度な数学の話、ITビジネスの話が出てきたかと思うと、神話の話やTRPGの話やオタクあれこれ、電気街の頃のアキハバラまで出てきますから。
    本当に何でもあり。
    オタクのオタクのための小説だよなー。話をきっちりまとめられないところもオタク臭くてよいです。

    暗号てのは数学の世界です。確率やら素数やら関数やらいろいろ出てきましたが、……えーと、さっぱり分かりませんでした。
    数学はものすごく苦手な人間です。100点満点中2点とか取ったことありますからね。
    それでも、こうやってパソコンに向かって字を書いてネットに上げるという作業のうちに、そういうわけの分からん数学のお世話になっているわけなんですね。
    高度な暗号技術のおかげで、安心してメールのやりとりをしたりネットで本を買ったりもできるわけで。
    サイモン・シン「暗号解読」とかを読んでおくととっつきやすいかもです。

全4件中 1 - 4件を表示

クリプトノミコン〈3〉アレトゥサ (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クリプトノミコン〈3〉アレトゥサ (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリプトノミコン〈3〉アレトゥサ (ハヤカワ文庫SF)はこんな本です

ツイートする