あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

  • 1511人登録
  • 3.94評価
    • (203)
    • (146)
    • (184)
    • (18)
    • (6)
  • 171レビュー
制作 : 公手成幸  浅倉久志  古沢嘉通  嶋田洋一 
  • 早川書房 (2003年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150114589

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

  • 難しい、というか訳のせいかわからないが頭にスッと入ってこない。表題作はまあまあだった。

  • あまりに高尚な表現の数々。私の頭のキャパには入り切りませんでした。映画化されるという表題作はかろうじて理解できたものの、それでも???のオンパレードでした。映像になったらこんな私の頭でも理解できるでしょうか。

  • 表題作が、映画「メッセージ」の原作だ。
    この緊密な構成の小説をどのように映像化するのだろうと期待しているのだが、予告編を見る限りは、冒険活劇的な展開になるようだ。

    空間によって時間を克服されうるのか。
    彼らの書く巨大な表義文字と同様のものを、地球人は都市として建造したのではなかったか。

  • 科学の世界に詳しい人には特に楽しめると思われる作品。一話一話に新しい世界を感じさせる。短編集だが一つ一つの作品が独自の世界観を形成していて、作者の想像力に驚嘆する。

  • 言語と思考をテーマにした、珠玉の短編集。
    ここでは、もう一度読み返したい二編を。

    【理解 "Understand"】
    「もっと賢くなったらなぁ」「究極的に頭がよくなると、人は何を考えて行動するか」といった、
    誰もが一度は空想する世界が、この短編の中で繰り広げられる。

    『アルジャーノンに花束を』と同じく、医療による知能の拡張がモチーフだが、
    『アルジャーノン~』で超知性である状態が、数ページだったのに対し、
    この短編では後半にかけて、畳みかけるように能力を開花し、
    読者自身が賢くなったようなカタルシスを覚える。
    サスペンスな展開は、映画『Limitless』に雰囲気が近い。


    【あなたの人生の物語 "Story of Your Life"】
    表題作。
    異なる言語形式を持つ、異星人とのコンタクトを通じて、
    思考が変容していく、言語学者の物語。

    2016年に『メッセージ(Arrival)』というタイトルで映画化。
    日本では、2017年5月公開予定。
    目には見えない言語と思考を、どのように映像化するか、楽しみ。

  • 『理解』
     脳障害で治療を受けていた患者が、投薬の影響で高い知能を授かり、高知能によって明確な目的を持って計画に向けて動き出した矢先に境遇を同じ人物との対峙を経て結末を迎える。
    高知能、というのは知識が豊富というだけでなく、その優れた頭脳で無限に知識を吸収、実践し、体得していくことで人間から離れた高尚な存在となっていく過程がとても面白い。


    『あなたの人生の物語』
     エイリアン遭遇、意志の疎通、そして娘の人生を絡めた短編だが、読み終わった時、このタイトルはまさに然るべきだと納得させられる。
    エイリアンとの交流によって得た相手の意志表明手段、また相手の文字、文体と、この一編の小説の構成が見事、鮮やかに一致している。
    素晴らしい作品だった。

  • SFって何だっけ…と考えさせられる短編集。作者本人が、評価する作家の筆頭にイーガンを挙げているのも、なんとなく納得。

  • 教授が学生に研究課題を与えるがごとく、拡げられる設定を短編でスッと終わらせて「大体枠組みはわかったね。あとは君たちで考えなさい」と言われている気がする。田辺イエロウ「終末のラフター 」を思い出したり。

  • 機械や科学が介入するバリバリのSFだけでなく、「少し不思議」の意味のSFも含まれた読みやすい短編集。外見の美醜に纏わる物語を広げた「顔の美醜について」は読み応えがあった。

  • 凄いものを読んだ。特に表題作。SFなのだが、精巧かつ重厚な建造物を造るかのような、論理的な裏付けがされている。宇宙人と如何にコミュニケーションをとるかという課題に対し、丁寧に言語学的仮説を積み重ねながら接近を図っていく様はスリリングとしか言いようがない。自分たちが持っている「価値観」の意味すら揺るがされる。これなどを読むと侵略ものの映画で描写される宇宙人像は、なんと薄っぺらいのだろうかと思う。

  • 初めてのSF。
    短編集で読みやすかった。
    おすすめは「あなたの人生の物語」。
    時間概念を持たない宇宙人との接触によってひとりの女性に起こる変化の話。”理解を通り越した感覚”をひきおこす小説。すごい。
    好きなのは「地獄とは神の不在なり」。
    天使が目に見えて存在する世界で神アンチとして振る舞う主人公の話。結末には戦慄しながらシンパシーをおぼえた。

    あとは「顔の美醜について(ドキュメンタリー)」もおもしろかった。顔に手を加えるのではなく美醜の認識を取り除くことができる技術「カリー」について、賛成/反対の意見をドキュメンタリーの形式で並べた作品。おもしろいのはカリーが着脱可能な設定になっていて、登場人物の女子大学生がカリーをつけたり外したりしていろいろ考えるところ。個人的な問題から離れて考えようとしないところに好感が持てる。

  • タイトルにもなっているあなたの人生の物語。
    短編集でどれも面白かったのですが、とりわけ現実に密接した壮大な不思議でした。最近インターステラーを見たせいかどうにも時間とは、未来とは、また確率とは、ということをすごく考えます。それに対して、その知覚の質から違うかもしれないという、とても面白い視点を築いてくれたお話でした。
    わたしはどの極致へ向かうのだろう…
    どきどきします。

  • 短編ながら、高密度。
    すげえ。

  • どの作品も独創的で面白い。評価が高い本書であるが、その期待に十分応えてくれるだろう。訳文も読みやすく、すらすらと読めてしまった。個人的に面白かったのは、「バビロンの塔」「理解」「七十二文字」「顔の美醜について」だ。なんだほとんどじゃないか。ただ一方で神と関わる話が多く、私を含む日本人には本当に内容を理解するのは難しいかもしれない。

    以下、個別の作品の感想。

    ◎バビロンの塔
    あのバビロンの塔の建設中に人間が世界の正体を知る。神話と哲学が混じった不思議な感覚が面白い。宇宙の形がどうなっているのかなど物理的な要素もあり、いくつものSF的要素が絡まって、楽しく読める。

    ◎理解
    「アルジャーノンに花束を」に似た話になるのかなと思いながら読み進めたが、進む方向が違っていた。神を薬で創り上げるような物語だった。面白い。

    ◎ゼロで割る
    1=2を証明してしまって苦悩する数学者を見守る学者の物語。“もしだったら”を想像したらこんなことが起こりそうというのがよく分かる。きっかけは面白いが、結末が少し物足りない。

    ◎あなたの人生の物語
    異星人とのファーストコンタクトものというには大雑把過ぎるかな。ファーストコンタクトの難しさは分かるが、それと“あなた”、つまり異星人と“あなた”の関係がよく分からなかった。想像を膨らませると、“あなた”の父親が誰なのかを考えてしまう。独創的な物語である。

    ◎七十二文字
    AIではなく生物学的に人工生物(オートマトン)を作り出そうとする。粘土ロボットに命を吹き込むというか、ゴーレムを作り出そうとする。現代の技術に近いものはDNA解析技術でクローン生物を作り出す試みであろうか。背景に人類が5世代のうちに滅んでしまうことがあるのだが、あまりうまく活用されていないのが残念なところか。

    ◎人類科学(ヒューマン・サイエンス)の進化
    シンギュラリティを迎えた時の科学がどうなるのかを警告(想像)している。楽観論かな。

    ◎地獄とは神の不在なり
    キリスト教徒ではない人(私を含む)にとって、この物語を理解するのは難しいのではないだろうか。知識としてキリストを含む神を知ってはいても、それをベースにされた時点で、きっと知るべきことが欠けていると思う。自分にとっては難解でした。

    ◎顔の美醜について――ドキュメンタリー
    この作品は、読者が美男美女かそうでないかで印象が変わるのではないだろうか。そう思うと普通に面白い。人間が本来持っている生理的な反応に対して人工的な操作をするのは、文字通り不自然だと思うな。あらゆる差別を撲滅するのは賛成だけど、論理ではない感覚的なところの差別を撲滅するのは教育だけでは難しい。だから科学の力を使おうという発想はアリなのだけど、それも不自然なのかもしれない。

    ◎作品覚え書き
    著者がどのような発想で収録されている作品を執筆したのか本人の解説が読める。こちらを先に読んでおいてもいいかもしれない。

  • 発表以来各誌で絶賛され続けている、中国系米国人作家の短編集。どこでレビューを読んでも褒めちぎられていて、手に取るにはちょっと気が引けるぐらい(^_^;
    取り上げられているテーマは斬新です。いかにもSF的なアイディアを基に、でも描き出すのはそのアイディアの「SFらしさ」よりもむしろそこから派生する日常生活の変容、人間の心の変容。淡々として外連味のない筆致といい、ちょっとグレッグ・イーガンを彷彿とさせます。

    が、鴨にとっての読了後の印象は、「えっ、これで終り?」とあっけにとられたのが正直なところ。
    好みに合わなかった、と言ってしまえばそれまでなんですが・・・何と言うかこぅ、SF的なアイディアを基に世界設定をして、登場人物を配置して、登場人物の動きや心情を描写して、で、それで?というところで物語が終わってしまうんですよね。その発想は面白いけど、物語としてどうなの?と評価できる一歩手前でカーテンを閉められてしまう感じというか。
    SFとしての構成要素は十分満たしていると思います。物語としての完成度を、鴨としてはもっと期待したいです。まだ知られ始めたばかりの作家ですし、これからの作品に期待大!ですね。

  • 名作の誉れ高い短編集。すべての作品で世界観が作り込まれ、映画原作になりえそう。

  • 表題、ふたつの場面が代わる代わる進んでいる訳に気がついた瞬間が面白い。
    主人公がなんでそうしようと思うかの設定が不思議なのに妙に納得してしまう。ヘプタポットも可愛らしい。
    これから人生の温度がどんどんぬるくなって行きそうな終わり方だけど、そんなにモヤっとはしませんでした。

  • まず表題作がよかったなあ。最初は意味がわからなかったけど、読み進めていくうちに糸がつながってきて、最後はなんとも言えない切なさに包まれる。
    僕にとっての白眉は「七十二文字」。パラレルワールドのお話かと思いきや(多少なりとも科学史を知っていたら、くすりと笑える部分がけっこうある)、最後のオチで唸る。
    いずれも珠玉の作品集。読んで損はない。

  • 理解するには文章が難しく感じた。
    本の感想よりも翻訳家の苦労ばかりが先に頭に入ってしまうため、内容をあまり覚えてないのに、自身の読解力の限界を感じた。

    地獄とは神の不在なり、は文章も読みやすく、よくこんな物語を思いつくものだと感心した。

  • SF好きには良いかもしれない。

  • ずっと読まねばと思っていたSF。
    この間、一緒に飲んだ人におすすめされたのを契機にいよいよ読んだ。
    タイトルだけ知っていたんだけど、その席で短編集であることを知ったのも読む始めたきっかけ。
    図書館情報学的にも面白いネタが満載で読んでよかった。

    ・バビロンの塔
     今の地球とは異なる法則性のある、バビロニア世界。
     天まで届く塔がついに完成し、その天を掘削してヤハヴェの世界を見ようとする人々が知ることになる、世界の有り様。

    ・理解
     植物状態から薬剤によって回復した主人公。
     単に回復するだけでなく知能が異常に発達する。
     薬剤の投与を繰り返し人類を遙か超えた精神を持つようになった主人公が、同じ状態になった敵と対峙する。

    ・ゼロで割る
     乗算と除算の定義:ある数Aで割った数に今度はAをかけると、元と同じ数になる。
     しかし何かに0をかけると元の数ではなく0になってしまうので、定義上0による除算はできない・・・というか、不定になる。
     1=2が成立してしまう、どころか1=の右辺がどんな数でも証明できてしまうことを発見してしまった数学者と、彼女の夫。

    ・あなたの人生の物語
     表題作。異星人とコミュニケーションををするために駆り出された言語学者、後にその夫となる物理学者、そして二人の子供。
     異星人は話し言葉と対応しない、表義文字とでもいうべき、非線形な書き言葉を使用する。表義文字の使用に習熟し、それで思考することもできるようになった言語学者は、認識と思考も線形的なものではなくなる。

    ・七十二文字
     今の地球とは異なる法則性のある世界。
     ゴーレムと同様、文字の組み合わせ=名辞によってものを動作させることができる。
     また、人類はその形態を精子に、生命を卵子に拠っていて、すべての生命ははるか小さな形で既に地球上に存在するものであり、人間はそれが大きな形をとったものである。
     この世界で精子のみからの発達を数世代繰り返すと、ある世代以上、子が発達しない=人類は数世代以内に滅亡することがわかる。それを防ぐために、卵子に名辞を刻むことでヒトを発生させる実験に主人公は駆り出される。

    ・人類科学の進化
     掌編。人類を超えた認識を持つ超人類が存在する世界で、超人類しかアクセスできないネットワーク内で科学が進んでいく中、人類の科学者の役割とは。

    ・地獄とは神の不在なり
     今の地球とは異なる法則性のある世界。
     神、天使、堕天使、天国、地獄は全て実在し、天使が顕現したり死者が地獄や天国にいる姿が見える。
     最愛の妻を天使の顕現で失った主人公は神を愛せない。神を愛さない者は天国へ行けない。死んだ妻は天国に昇ったことが確認された。主人公はどうする?

    ・顔の美醜について
     ヒトの顔の美醜に対する認識のみ失わせる処置ができるようになった世界。容貌による差別(ルッキズム)をなくすために、学生全員にその処置を行うよう求める運動が起きているある大学。学生投票を前に、この処置と運動についてどう考えるかを、関係者や有識者、実際にその処置を過去受けたまま育ち、今はそれを外した学生らに尋ねて行く。

    ・・・こうしてみると、未来ものだけでなく異なる法則性のある世界的な話も多いな。
    「あなたの人生の物語」は図書館史的に、「顔の美醜について」は昨今はてなで話題のアレ的にもいろいろ面白いしネタに使えそう。

  •  SFの文学賞受賞作3編を含む計8編を収録したSF短編集。

     収録作はいずれもハードSF系のため内容は難しかったり理解しきれなかったりしたところもあるのですが、それでも作品自体が持っている”力”に強く引き付けられてしまい、分からないながらも読んでしまいますし、満足してしまいます。

     表題作「あなたの人生の物語」はエイリアンの言語分析をする女性言語学者の日々と、その女性学者の”あなた”に向けての語りが交互に書かれていく形式の短編。

     この女性学者の”あなた”への語りが非常に美しくまた愛情にあふれているのが分かります。そしてその語りの意味が分かった時の切なさもまた素晴らしいです。

    「バビロンの塔」は天まで届く塔を造る男の姿を描いた話。
     神話的、宗教的なモチーフでその物語は非常に壮大。これが短編集の一番初めに収録されているので、この短編を読んだだけで、この本はすごい作品に違いないと思いました。

    「理解」は手術により常人にない感覚を手に入れた男の話。
    ストーリー的にはハリウッドで映画化されていてもおかしくない映像映えしそうな作品だと思いました。それだけでなく後半は人類を越えた者同士の姿から見えてくる孤独や、自らの力をどのように使うかという問題が描かれていて哲学的な面でも考えさせられます。

     アイディアでいちばん面白かったのは「顔の美醜について―ドキュメンタリー」人の顔の美醜の区別がつかなくなる脳への治療を受け入れるかどうかをめぐり様々な人の考えが述べられていく作品です。

     人の価値は内面にあるとはよく言われますが、実際のところはどうなんだと聞かれると…まあ美形の人の方が得しているのは事実だと僕は思っています。
    そう考えるとすべての人がこの治療を受けて顔の面で差がなくなるのはいいことのように思いますが、そうした均質化は本当にいいことなのか? こうやって均質だけを追い求めていくと突出した才能が集団から抜け出た”悪”ととらえられるようになってくるのではないかと個人的には少し不安になります。

     「地獄とは神の不在なり」会話文が少ないことや宗教観がイマイチ飲み込めず入り込めなかったのですが、テーマが非常に面白かったのでぜひ再チャレンジしたい短編。

     おすすめのSFで必ず名前の挙がるこの本ですが、それだけの理由があるのだなということを実感した一冊でした。作者のテッド・チャンはかなり寡作の作家さんらしいのですが、ぜひ次の作品も読みたいところです。

    ローカス賞短編集部門賞
    ネビュラ賞、第33回星雲賞海外短編部門「あなたの人生の物語」
    ネビュラ賞、ヒューゴー章、ローカス賞第35回星雲賞海外短編部門「地獄とは神の不在なり」
    ネビュラ賞「バビロンの塔」

全171件中 1 - 25件を表示

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)に関連するまとめ

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)のKindle版

ツイートする