あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

  • 1866人登録
  • 3.94評価
    • (231)
    • (176)
    • (209)
    • (20)
    • (6)
  • 213レビュー
制作 : 公手成幸  浅倉久志  古沢嘉通  嶋田洋一 
  • 早川書房 (2003年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150114589

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
グレッグ・イーガ...
グレッグ イーガ...
ジェイムズ・P・...
グレッグ イーガ...
グレッグ イーガ...
有川 浩
ウィリアム・ゴー...
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

  • 映画『メッセージ』を観たので確認のため再読。でもほぼ忘れてしまっていたので最初から最後まで新鮮な気持ちで読むことができた。やはり「あなたの人生の物語」は面白かった。新しい思考様式の獲得については、映画で省略されていた物理のエピソードがはっとするほど面白い(でも人類の頭脳はああいう世界認識をサポートできる気がしないのだけれど)。

    ほかの話は、楽しむには自分の頭が悪いのかも…というのもはさみつつ、「バビロンの塔」の世界や「人類科学の進化」「顔の美醜について」の思考実験ぽさが面白い。なかでも、「地獄とは神の不在なり」は面白さを超えて心に刺さるものがあった。というのも、自分の心に一神教はなくても因果応報的世界観がぬきがたく染みついていることに気づかされたし、そういう精神は、整理しきれないおおきな不運には負けてしまうのでは?という不安を強くかきたてられてしまったから。こういう話をすいすい書いてしまうテッド・チャンは頭がよすぎて残酷なんじゃないかと思うのだがどうなんだろう。直接のご縁はないから残酷でも残酷じゃなくてもいいですけど。

  • SF短編集。
    表題作は映画「メッセージ」の原作。
    テッドチャンを初めて読んだが、凄いです。ある空想的な設定の元に、科学的・論理的に、ストーリーを細かに進めていく。発想と話の展開のおもしろさ。
    ちょっと難しいが読み応えあました。

    他の作品も読んでみたいが、邦訳の書籍は他には出てないのだろうか。

    以下は読書メモ:
    バビロンの塔
    塔を登って天空にたどり着き、穴を掘っていたら出水。
    円筒印章のごとく天と地はつながっていた。

    理解
    ホルモンKにより理解力が異常に発達した男。
    映画 ルーシーみたいにも思う。

    ゼロで割る
    数学者が、1=2でありどんな数も同じであることを証明してしまって苦悩する。

    あなたの人生の物語
    映画「メッセージ」の原作。
    言語学者が宇宙人の言語を解明していく。
    ヘプタポッド ルッキンググラス
    目的論 表義文字 同時的認識様式

    七十二文字
    名辞という文字が力を持つ世界では、人類の世代交代が限界にきていた。
    名辞を操る命名師の話。

    人類科学の進化
    ショートショート
    人類と超人類

    地獄とは神の不在なり
    神が降臨する世の中。その際、祝福も災厄ももたらすことがある。
    人が亡くなった時、天国と地獄のどちらに行ったかがわかり、地獄の様子を覗くことができる。
    神への信仰とは何かを書くが、かなり難しい。

    顔の美醜について ー ドキュメンタリー
    カリー 美醜失認処置
    顔の美醜を判断できなくする処置に関する、いろいろな人のコメントや報道だけでドキュメンタリー的に展開する。

  • 再読。

    SF短編集。表題作『あなたの人生の物語』が映画化され(『メッセージ』)、現在上映中のよう。
    宇宙人と接触し、宇宙人の時間を超えた思考方法を手に入れてしまった地球人の話。
    10年ほど前、この小説を最初に読んだとき、これは「悟り」の話だと思った。
    しかしあらためて読んでみると、記憶していた以上に感情を揺さぶられる。この小説は「悟り」の物語であるけれど、その境地に立つための、凄惨で、慈愛に満ちた「覚悟」の物語でもあると思う。

  • 1.バビロンの塔  ネビュラ賞
    意外な結末。詳細に描かれる塔内での生活が面白い。

    2.理解
    人の知性が超越的に進化すると、どのように感じ考え表現するようになるかが描かれているのが興味深い。だが、こうなるならその理解力は欲しくはない。

    3.ゼロで割る
    数学は揺らぐことはないと思っていた自分には可能性を知ったのは目から鱗。

    4.あなたの人生の物語
    最後のルイーズの選択の部分は、自分だったらどうするだろう?ととても考えさせられた。毎日、終わりを見つめ、定まった結末を見つめ、自分なら生きていけるだろうか?毎日全てこれからの未来を知っていて、それをそのままに創り出すことを動機とする、未来を知る力は、私は欲しくない。

    5.七十二文字
    テッド・チャンの動く紙の動物と同様に、こちらも羨ましい、欲しい。「人間はその名辞の表現型であると同時に、その名辞の器でもある」「各世代それぞれが内容であり器であり、自己を維持し続ける反響の反響となるのだ」とはまさに、人間の遺伝子だと思った。

    6.人類科学(ヒューマン・サイエンス)の進化
    超人類と共存している人類に残された学究の可能性を説く論文風の話。

    7.地獄とは神の不在なり
    天使の降臨、地獄の顕在が実際にある世界。設定はすごく面白いが、天使の降臨がすごく理不尽で、かつ結末も理不尽。

    8.顔の美醜について――ドキュメンタリー
    ドキュメンタリー風に賛否様々な意見が紹介される体裁で、ユーモア(皮肉かも)があり面白く読みやすい。

  • あまり意識はしなかったのだけれど、テッド・チャンの小説は私の嗜好に合致していて読んでいて気持ちよい。というのも、氏の作品は一口にSFとは言い切れない、ファンタジーや歴史的要素が多分に含まれたものだからだと思う。

    個人的には巻頭の「バビロンの塔」が一番面白かった。バビロンの塔をどんどん建てていく人々が、バビロン的な世界観のなかで天の頂上に達し、そのさらに上を目指すとき、そこに神はいたのかという話。不思議な読書体験だったし、こういう語り口があるのかと感嘆した。

    惜しむらくはテッド・チャンが非常に寡作な作家だということ。一冊でファンになってしまいました。

  • エイミー・アダムス主演の Arrival の原作。
    フシギでよくわからない映画だったので、原作借りてみたけれど、こっちの方がもっとわからない。
    映画にはでてこない 変分原理、っというのが出てくるというので、そこが説明されてるのかな?と思ったけれど、知ってる人はわかる、というだけのこと。
    映画を見てなかったら、何の話かさっぱりわからなかったと思う。

    SF=サイエンス・フィクション、そもそもは数学や物理化学の概念を織り込んだ小説作品、なんだよね ....
    うぅむ、歯が立たない ...

    振り返ると、映画はとってもよかった!と改めて思う。

  • 表紙からして全力で宣伝をかけている通り、映画「メッセージ」の原作である表題作「あなたの人生の物語」をふくむSF短編集。この作品がこの1冊に占める割合はそんなに多くないので、まずこの分量を良く映画にしたな、と思うはずだ。
    SF、というと我々が生活している実社会とは大きく離れた世界観や科学技術を取り入れるイメージが強いだろうが、収録作品の多くは実社会をベースにしており、また科学についても世界観に影響を与える前段階、「その技術の誕生により世界がどう変容するか」という描き方をしているように思う。つまるところ、我々が実際に生活する社会のif思考実験だ。
    そして、多くの作品においてその題材は、「人間の認知」と「世界(科学技術をふくむ)」のやり取りをテーマとして描き出しているように思う。科学技術や世界観の変化によって、人の認知の枠組みは変容するのか。人がそれまでと異なる認知をし始めたとき、世界に対してどのような影響を及ぼすのか。そのような問いが現実感を伴って書かれているのを読むとき、我々は実際にそのような変容があったら自分はどうするのか、と思わずにはいられないだろう。
    そうして考えていくうちに、きっと気が付くはずだ。フィクションレベルまで行かなくとも、現実の社会においてある程度この作品を読むことによって得た「認知」が、現実の社会における生き方にも影響を与えているということに。
    それほどの力を持った作品であるので、多くの人に読んでもらいたいとは思う。が、いかんせん文が難しい。ある程度「学問」というもののイメージが付いていないと、作品の特性上学者が出てきて、彼らが話すことがどう論理的なのか判別しにくくなるだろう。自分で学問を始められる大学生辺りからチャレンジしてほしい。

  • 映画がきっかけで鑑賞後に読了.
    各作品に概ね共通して,言語と概念との対応付けと,宗教的なテーマに対する科学的な理論立てというのが著者にとってのメインテーマとして存在しているようである.
    表題作自体は,私にとっては映画のほうが分かりやすかった.ただ,変分原理が云々という辺りは,映画では説明がなかったので,なるほどそういう背景だったのか,と納得できた.
    一通り読んだが「理解」と「ゼロで割る」は今ひとつ理解が及ばなかった.あと「七十二文字」の「名辞」が何の単語の訳なのかが分からず(調べたところ"name"だった),イメージをつかむのに時間を要した.終わってみると「名辞」はDNAのことを指していたようにも見える.

  • 半端ねえ……。
    すべての短編が、思考実験のような、それでいて物語性もある緊張感をはらんだものだった。

    やはりなんつっても「あなたの人生の物語」が評判通りの傑作で、一度目にぐるっとひっくり返される感覚を味わって、二度目読んでようやくそれなりに理解。映画も見た。映画も好きだったけど、やっぱり原作のヘプタポッドの言語の描写と、それを習得することによって思考様式まで身につけていく過程の描写が好き。なんだか、ほんとうにありそうに思える。
    >「ぜんぜんすごい」
    >信じられない。わたしの仕事仲間が、「すごい」に「ぜんぜん」をつけるような人間だったとは。
    なんてくすっと笑ってしまうようなところもあって。(←語尾まねっこ。)翻訳たいへんだっただろうな。でも大変読みやすい。
    最初の「バビロンの塔」もおもしろかった。先日ブリューゲルのバベルを見たので、れんがを運び上げる過程など、現実感を持って迫ってきた。
    「理解」は「あなたの~」とちょっと似ているところもあるかな。超人的な認識力を持つにいたったふたりの心理戦は鬼気迫るものがあって、なかなかの緊迫感なんだけど、絵面を想像すると超地味(笑)。映像化はぜったいできないであろうw
    あとは最後の「顔の美醜について」が、やはり徹底した思考実験のようなんだけど、おおぜいの人の言葉だけで描かれていて面白かった。
    「七十二文字」や「地獄とは~」は、よくわからなかった(^_^;; 

    しかしここまで練りに練った完成度を求めたら寡作になるのもむべなるかなで……なんとも悩ましい作家ですね。

  • 全体として、私の思っていたSFとは違っているように感じたけれど、それは私があまりSFを読んでいないからだろう。
    『バビロンの塔』
    たとえば、亀の上に象がいて…という世界観、そういう私たちの世界とは違う世界観を描いた作品。それは円筒形で、空あるいは宇宙という天井があって…。旧約聖書では神の怒りに触れてバビロンの塔は崩れるけれど、ここでは神という不確かな存在ではなく、世界の秩序がそうさせるようだ。それは新しい、世界の、あるいは科学の認識を思わせる。
    『理解』
    脳の機能が統一的全体像(ゲシュタルト)を把握できるまでに高度化していったら? そこでの戦いはもはや行動を起こす必要すらなくて。でも、最後は陳腐なゲーム展開のようで、残念な作品。
    『ゼロで割る』
    しばらく前に、光速を超える速度が観測されたかも、というニュースが流れたけれども、あの時に感じたものと似ているかもしれない。自明だったはずの土台が崩れ去った時、それは数学の話だけれども、同時に他のものにも波及してしまうかもしれないのだ。たとえば、夫婦関係とか。
    『あなたの人生の物語』
    外国語で話そうとする時、その外国語の構造でものを考えるように、ヘプタポッドの言葉を学んでいくうちに、ヘプタポッドの思考回路で世界を認識するようになる。それは新しい世界の獲得だ。ヘプタポッドがなぜやって来たのかは分からずじまいだし、でもヘプタポッドには見えているものがあって、その理解の一端が、ルイーズに娘の人生を理解させている。自由であることと自由でないことは等価なのだ。
    『七十二文字』
    人類に絶滅が迫った後に、研究開発された新たな名辞は、まるで私たちのようだ。それならばこれは私たち新たな人類が生まれる前夜の話。
    『人類科学の進化』
    ある一定年齢までに触れたことのない技術は、使いこなすことができない。そういう意味では、これは近未来の話ではなく、現在の科学技術の寓意であると思う。
    『地獄とは神の不在なり』
    ここでは実際に天使が降臨するわけだけれども、地上に起こるすべての事象は偶然の産物だ、ということを言っているように感じる。神のご加護だとか天使の光だとか奇跡だとか、そこに意味を見出すのはいつも人間であり、そういう意味でそこに意味は存在しない。真の信仰者となったニールは地獄へ行き、天国の光によってニールは「盲目」となった。そしてその事こそが真の信仰者の条件となるのだ。
    『顔の美醜について――ドキュメンタリー』
    自ら決めることの難しさよ。なんだかんだと理屈を並べてみても、結局は自分が得をする方を選びたいのだ。何が最善であるかよりも。

  • 「地獄とは神の不在なり」
    これまで読んだ海外SF短編で最も面白かった。
    天使の降臨が災厄と僥倖をもたらす世界という設定。
    災厄と僥倖に振り回される人々を描いて、
    神への信仰とは何かをうまく語っている。
    その他の短編もリアルさとSF的な設定のバランスが絶妙でした。

  • 難しい、というか訳のせいかわからないが頭にスッと入ってこない。表題作はまあまあだった。

  • 科学の世界に詳しい人には特に楽しめると思われる作品。一話一話に新しい世界を感じさせる。短編集だが一つ一つの作品が独自の世界観を形成していて、作者の想像力に驚嘆する。

  • 都城に行くための飛行機内で読むために購入。
    バベル展をみた後だったので、初めの短編にはびっくり。

  • 読んだあとにこの小説って何が書いてあったんだろう?
    と反芻すると、読み終わった直後よりも、
    正解ではないのかもしれないけれど
    自分なりの答えが浮かび上がってきて
    うわぁ~と全身が締め付けられるような
    または何か見えない力強い「何か」に
    抱きしめられるような感覚になるときがあります。
    今回ご紹介するのはまさにそんな小説。

    主人公は言語学者なんですね。
    で、宇宙からやってきた
    コミュニケーションのとれない異星人と
    意思疎通するために政府に雇われる。
    最初は異形の異星人との意思疎通は
    出来ないわけですが彼女のアイデアをもとに
    少しずつ彼らの言語と文字(にあたるもの)を
    理解できるようになり
    彼らの文字を使って思考することもできるようになる。
    すると彼女の意識は少しずつ変化していくんですね。
    まぁ異星人の文字を使って思考できるようになるわけですから
    考える道具が変わってくるというわけで
    当然導き出される答えも変化してくる。

    で、その新たな考え方によって
    彼女はある重大な決意をするんですね。
    決意をするというか、選択をするというか。
    どんな決意かということを書くと
    ネタバレにしかならないので書きませんが
    その決意を読んで私の脳裏に浮かんだ言葉は
    「会うは別れの始めなり」という言葉でしょうか。
    別れそれも悲劇的な別れがやってくるとわかっていても
    それも我々小さな存在の力の及ばぬところで
    その悲劇はすでに決められている
    ちっぽけな出来事のひとつだったとしても
    それでも「選ぶ」ことを続けられるかどうか?

    そんなことをこの小説って何が書いてあったんだろう?
    と反芻したときに脳裏に浮かんできて
    私はうわぁ~と涙してしまったわけです。
    オススメです。
    ちなみに「メッセージ」という映画の原作らしいです。
    2017/09/01 12:51

  • 17/08/15 途中断念

    表題作まで読んで一旦終了。
    面白いとは思うけれど面白がるには自分の読解力がついていけてないというつらさ。SFは私にはハードルが高いのか。

  • 壮大な思考実験の積み重ねを見た気持ち。SFってこういう世界なんだな、と痛感した。

    収録作品:「バビロンの塔」「理解」「ゼロで割る」「あなたの人生の物語」「七十二文字」「人類科学の進化」「地獄とは神の不在なり」「顔の美醜について――ドキュメンタリー」「作品覚え書き」

  • 映画『メッセージ』を鑑賞し、面白かったので原作も手に取る。
    映画のイメージに助けられ読めたけれど、先に原作を読んでいたら理解できたのか疑問。
    フェルマーの原理のくだりはワクワクしながら読んだ。
    ASLも出てきたりして、映画同様、手話言語学者の感想が気になる。

    表題作以外の収録作もどれも面白かったが、特に「理解」「地獄とは神の不在なり」「顔の美醜についてードキュメンタリー」に刺激を受けた。

    山岸真氏の解説に「認識の変容が現実の姿をも変容させ、それは人間の内面世界にも反映される、というのはチャンの作品に共通するモチーフだ。」とあったが、まさにどれもそんな作品。

    物理学とか数学とか認知科学の知識があるともっと楽しめるのだろうなと思う。

    テッド・チャンとはどんな人物なのか気になる。石黒浩氏や平田オリザ氏あたりと対談でもしてくれないだろうか。

  • 久しぶりに海外の翻訳SFを読んだ。映画「メッセージ」の原作短編が表題作ということで、手に取ったのだが、いやはや、21世紀のSFはこんなことになっていたのですか。
    「バビロンの塔」はいわゆる〈バビロニアSF〉にカテゴライズされるとのことなのだが、私にはロード・ダンセイニの夢幻譚のようにも読めた。なにより、バビロンの塔の建設現場の描写がすばらしい。とてつもないものを作り上げる人間の誇りと、神の領域へ近づかんとすることへの畏怖がひしひしと伝わってくる。
    「理解」
    「ゼロで割る」
    「あなたの人生の物語」
    頭から尻尾の先まできっちりと作りこまれた精緻な機械の小箱のような物語。「ゼロで割る」はさすがにわかりにくかったけど、「あなたの人生の物語」はもう一度冒頭に立ち返って読んでみると、この物語の悲しみが伝わってくる。映画は見ていないのでなんとも言えないが、これを映画化しようなんて、どうして思ったんだ?
    私がいちばん気に入ったのは「七十二文字」。20世紀初頭を思わせるロンドンを舞台にした錬金術+スチームパンクな世界観の生命を巡る物語。こっちの方を映画化して欲しいな。
    「地獄とは神の不在なり」。天使の降臨が奇跡であると同時に災厄であるという世界観。キリスト教を知らなくても全く問題なし。
    その他、ショートショート「人類化学の進化」とインタビュー形式でつづられる顔の美醜を巡る騒動を描いた「顔の美醜について」全8編。SF好きなら読んで損はない、というか、むしろ読んでおくべき一冊。読むと語りたくなる!

  •  因果論ではなく、目的論。

     めっちゃくちゃ面白かった。面白かったんです。
     SFっぽい短編集。そろそろカテゴリにSFを追加したほうがいいような気がしてきたよ。SFってだけじゃなくて、ファンタジィっぽいのもあったり、でもやっぱりSFだろうなぁ。
     雰囲気としては、森博嗣と伊坂幸太郎を足して二で割ったような? 専門的というか、小難しい話が出てきつつ読みやすくまとめられてる感じ。
     表題作「あなたの人生の物語」、目的論を考えるのではなく、思考そのものが目的論に寄ったものっていうのがまず面白い。着地点が見えている。ヘプタポット側はそういう思考を取るから、文字がああなったんだよね。でもルイーズは、言語を習得する過程で、思考がそちらに引きずられた。表義文字がどんなものなのか、実際見てみたい。
     他の話も面白かったんだけど、一番好きなのは「ゼロで割る」かな。数学が無意味なものになってしまう証明をしてしまった数学者の話。アインシュタインやゲーデルも気分的にはこんな感じだったのかもしれない。
     「理解」も好きです。原文だとどんな単語使ってたのか気になる。
     海外もので、有名だから、知ってるタイトルだからって理由以外で、ほかの作品も読もうと思った作者は初めてです。

  • 久しぶりにきちんとしたSFを読んだという印象が残った。作品によって印象度が異なるのだけど、やなり映画にもなった表題作は、不思議な叙情とめくるめくような揺れがあって心に残る。それ以外の作品も、今まで考えたことのないような角度から物事を捉えていて、一種の思考実験集のように感じられた。

    ただ、物語として面白いかと言われれば、それほどグイグイ引っ張って行ってもらえる感じはしなかったのが正直なところだ。興味深く読んだけれど、同じ作者のたのさくひんをよみたいかといわれれば、正直な気持ちとしては、積極的に手に取りたいをは思わない。

  • 2017/07読了。映画「メッセージ」に感銘を受け、原作を、ということで。

    最初の作品「バビロンの塔」は、星新一さんの穴の話に似ていた。その他は、難解で読むのに非常に苦心した。

    『あなたの人生の物語』は、映画よりも淡々としいた。その他も超本格SFという感じでした。難しかったけど、圧倒されました。

  • エイリアンのエクリチュールを体得することで人間のエクリチュールでは解決できない問題が解決する、という物語ならほかにもありそうだが、それを普遍的な母の子への思いに絡めた表題作がやっぱり凄い。バベルの塔、ゴーレム、天使の降臨を扱った短編は、題材はお馴染みでもこういうふうに昇華するか~とアイデアに感心する。美人を判別できなくする処置をめぐる話も寓意的でいい。テーマの据え方はよいが、物語自体はやや難しいこともあり娯楽性に乏しいかも。

  • 映画『メッセージ』がかなり面白かったので、気になり読んでみた。難解なSFだった。映画原作の『あなたの人生の物語』から読み始めたんだけど、むしろその他の短編も様々な示唆に富んでいてとても良かった。
    とりあえず、作品毎の感想など。


    『あなたの人生の物語』
    映画のイメージが先行してしまって、純粋に小説作品として読めなかったのが残念。なんというか、このある意味難解な原作小説をあそこまでエンターテイメント性の高い映像作品に仕上げてしまった映画制作陣がすごいと思った。

    『バビロンの塔』
    バベルの塔ってなんかミステリアスで魅力的な存在で、子供の頃はいろいろと逸話的なものを読みあさっていたような気がする。もし本当にあったならどんな感じだったのかとかぼんやりとイメージはしていたけど、この作品にはその辺りの仕組みが綿密に描かれていて膝を叩いてしまった(笑)これなら存在できたかも!!

    『理解』
    スリリングな展開で面白かった。『アルジャーノンに花束を』を彷彿とさせる作品。

    『ゼロで割る』
    プログラマーがいちばん嫌な言葉かも(笑)

    『七十二文字』
    世代が有限というアイデアは面白いなぁ。あと名辞の解析ってまるで遺伝子解析だよなぁ。

    『人類科学の進化』
    イマイチよくわからず

    『地獄とは神の不在なり』
    神は理不尽だなぁ…なんか『沈黙』にも通じるものを感じた。

    『顔の美醜について‐ドキュメンタリー−』
    これは面白かった!いちばん好きかも。「美醜失認処置」なるほど、理解は出来る…受けたいとは思わないけど(笑)

  • ひとまず、「あなたの人生の物語」だけ。邦訳が少し合わなかった気がする。

    新たな言語を手に入れることが出来ると、例え見える世界は以前と同じでもその言語を通して解釈できる別の世界がある。そんなことを感じさせてくれる一冊。
    原作を読むと、映画の映像の意味がより鮮明になります。映像化されていない細かな部分もあるので、映画を観た人は是非。

全213件中 1 - 25件を表示

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)に関連するまとめ

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを担当した言語学者ルイーズは、まったく異なる言語を理解するにつれ、驚くべき運命にまきこまれていく…ネビュラ賞を受賞した感動の表題作はじめ、天使の降臨とともにもたらされる災厄と奇跡を描くヒューゴー賞受賞作「地獄とは神の不在なり」、天まで届く塔を建設する驚天動地の物語-ネビュラ賞を受賞したデビュー作「バビロンの塔」ほか、本邦初訳を含む八篇を収録する傑作集。

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)のKindle版

ツイートする