デューンへの道 公家コリノ2 (ハヤカワ文庫 SF)

  • 21人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
  • 早川書房 (2004年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150114800

デューンへの道 公家コリノ2 (ハヤカワ文庫 SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み易くて面白い デューン入門にはもってこい
    表紙   6点はやみ あきら  矢野 徹訳
    展開   7点2001年著作
    文章   7点
    内容 790点
    合計 810点

  •  フランク・ハーバードの息子による、プレデューンの完結編。
     いやあ、よかった。スリルに満ち、格式高く、哲学的でもあり…満足です。とはいえ、この3部作の1作目から、いや「デューン砂の惑星」から読んでないと、さっぱりわかりません、ってなる可能性が大だけどね。(公家アトレイデ、公家ハルコネン、そしてこの公家コリノと、3×3つーのは長いよなぁ/苦笑)
     ともあれ、デューンの時から、そして映画の時にも、好きだったレト・アトレイデが最初から最後までかっこよくて、ホントうれしくなっちゃいます。
     ただね、表紙が…。
     なんとかならんのか、このダサいイラスト。デューンの世界にこの安っぽい感じはないと、すごく思います。
     ま、あまりにもよかったので「デューン」が読みたくなった。ああ、手放すんじゃなかったよ(号泣)
     仕方ないから、映画をレンタルしてこよう!

全2件中 1 - 2件を表示

デューンへの道 公家コリノ2 (ハヤカワ文庫 SF)はこんな本です

ツイートする