われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

  • 1442人登録
  • 4.01評価
    • (173)
    • (167)
    • (151)
    • (3)
    • (4)
  • 142レビュー
制作 : 小尾 芙佐 
  • 早川書房 (2004年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150114855

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アイザック・アシ...
ジェイムズ・P・...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)の感想・レビュー・書評

  • ロボットにまつわる様々な話を、老いた女性ロボット心理学者の回想という形で描いている。
    人の心を読んだり、自分の存在に疑問を持ったり、人間の少女と心を通わせたり、いろんなロボットがいて、楽しかった!

  • 「アルジャーノンに花束を」のレビューを読んでいたら、訳者の小尾芙佐を評価する人がいてその人が「われはロボット」の訳もよかったと書いていたので手にしてみた。アシモフはもちろんだけど、小尾芙佐の訳だからこその読み心地よさなのかな。「ロビイ」は特にお気に入りだ。カバーのRey.horiのロボットで誰か映画にしてくれないかなぁ、映像で観てみたい。
    ロボット工学の三原則が、よくできているって感心した。現実に使えそうだしロボット以外にも通用しそうだ、人にも。

  • アシモフの提唱したロボット三原則を題材にした短編小説集。三原則は現代社会では積極的に採用するべきものだとして取り上げられることも多いが、本作では三原則から引き起こされるトラブルを中心に話が構成されている。どの話も短く読みやすかった。原タイトルで映画化もしたが、映画とは全然内容がちがう。

  • アシモもアトムもR2D2とC3POも全てここから来てるとわかるほどの古典であり、それでいて今もって新しい。

    アシモフさん、2017年だけどまだまだロボットは小説のようにはいかないよ。

  • 有名なロボット三原則の元になった作品を読んでみたかったので、普段あまりSFを読まないが読んでみた。結果とてもおもしろかった。仮定した理論に基づいて謎が解き明かされていくという点では、ミステリー的な側面も備えているかもしれない。

  • 今までSFはほとんど読んだことがなかった。
    これ、かなり、お気に入り。
    物語の展開がスピーディで、会話文も比較的多く、何よりめっちゃ面白いので、駆け抜けるように読了。
    論理的に問題を解決していくあたりがミステリのようで好き。
    男二人が主役の話は、アメリカンな言い回しにピンとこない時もあったが、ピンチからの脱出などエンタメ的で楽しかった。

  • SF。連作短編集。
    作品のなかで時代の流れがあり、少しずつロボットが高性能化されていく過程が楽しめる。
    個人的には、一話目の「ロビイ」くらいの性能で充分だと感じる。
    「うそつき」は、ロボット工学の三原則を守るために自分なりに思考するロボットの話。嘘をつく理由が優しい。好き。
    思考能力を持つくらいまで高性能になると、もはや人間には制御できなくなってしまうのか…科学の発展が必ずしも良い事ではないのかも、とか思ってしまう。

  • 【「教職員から本学学生に推薦する図書」による紹介】
    花島直彦先生の推薦図書です。

    <推薦理由>
    ロボット分野では有名なロボット工学三原則が記された小説だから。

    図書館の所蔵状況はこちらから確認できます!
    http://mcatalog.lib.muroran-it.ac.jp/webopac/TW00356087

  • まさに、これから我々が直面してくるであろう現実。
    ハヤカワ文庫のSFではもはやない、「今」を示唆する小説といえるだろう。

  • 『ロボット工学三原則』の出典として知られている不朽の名作。ロボット工学(robotics)という言葉もこの小説から生まれたそうです。律儀なロボットと人間が織り成すドラマが面白い。なかでも『災厄のとき』という一篇は今流行の「技術的特異点(シンギュラリティ)」が起こった後の世界が描かれていて興味深い。

  • ロボット三原則。
    「人に危害を加えない」という原則をどう解釈し、どう運用していくのか。ロボットが進化していくと、それは人間にどう影響していくのか。

    こんなにロボットが行動も判断も高度になるなんてありえない話だと思うけど、突き詰めていくと人間とロボットの関係がどうなるのか、想像がふくらんでくる。

  • おもしろい!
    SFなんて興味ないとか、ロボットなんて難しそうだなんて思っていたけれど、読んで本当によかった!

    ・短編集だけれど、博士の話をインタビューしていくという体で書かれていて、まるで映画を見ているみたいに感じた。一話一話は短くてストレスがないのに、そういう仕組みになっていることで、すごくドラマチック。
    ・登場するロボットの謎についても、ロボット三原則の制約の中でどういう展開になるのかワクワク読めた。
    ・翻訳の古さを心配していたけど、一文が簡潔で、むしろ日本作品より読みやすい。

  • アシモフの中後記の名作群をいくつか知ってしまった今となっては、ちょっと「若い」という感じがしてしまう。
    巻の最初の方に出てきたドノバン&パウエルのいくつかの話は、超絶的におもしろいんだけど。

  • 数十年前の人たちは、2015年には、人間が太陽系内のさまざまな惑星に行っていると思っていたんだなあ、というのが不思議だった。
    やっぱり宇宙へ行くのは、想像より難しいことだったんだと思う。

    難しい理論がなくて、どちらかというとロボットたちの心に重きが置かれていたのが、おもしろかった。
    ロボットも人間も、どっちでもいいかな、と思ってしまった。

  • ロボットがなくてはならなくなった未来の時代について、バグや問題点、人々の葛藤を、こんなに描写できる天才。面白かった。

  • 面白い!!!説明書のような分かりやすさと、小説ならではの情緒があるので、アシモフダイスキです。三原則とそれにまつわるエトセトラ。本棚に入れておきたいマストな一冊

  •  昔、読んだ気がしたのだけれど、気のせいだったらしい。
     ……でも、ロボット三原則の絡む事件もの的な話、読んだ覚えがあるんだけどなあ。あれは何だったんだろう。別なアシモフものだろうか?

     短編集だけど、ゆるやかにつながっている。読めば読むほど世界が広がっていって、想像がいろんなところに向かっていく。アシモフの他の作品も読みたくなった。

     古典文学的なイメージがあったので、もっととっつきにくい本かと思ったんだけど、すごい平易で、わかりやすかった。話自体もシンプルで、オチもついてきれいにまとまっているスタイル。小学校高学年とかでもこのまま読めそう。ていうか、その頃読んでもよかったな。

     ロボットの個性が割と共通してて、キャラクター性を確立してる。どの短編に出てくるロボットも、基本的に物腰が丁寧で、従順で、頑固で、繊細。
     スターウォーズに序盤から出てくる、細身の金ピカのロボット、あれを彷彿とする。
     皆かわいく見えてきて、手のかかるところもいとしくて、博士の目線で見てしまう。

     人も、ロボットも、優しくて穏やかな人達の多い、穏やかな作品でした。
     SF特有の硬質な雰囲気の薄い、ふんわりとしたお話群。
     まったりしたい時に、何となく手に取って和みたい作品。

  • ロボット三原則を基に推理していく様が面白い。現代、人型ロボットが市販されているのを思うと、この話が現実味を帯びてきて考えさせる。

  • ロボットSFの金字塔的作品。USロボット社の主任ロボ心理学者スーザン・キャルヴィンの回顧録として展開する、未来の地球を描いた連作短編集。
    ロボットがロボットとして作られる際に、必ず設定される『ロボット工学三原則』。「人間への安全性」「命令への服従」「自己防衛」を目的として、ロボットと人間に一線を引いている。そんな中、人間にとって不本意な動きをするロボット。しかしロボットにとっては、三原則を守ろうとするゆえの動作だった。

    SFは現実感がなく読んでいる先から置いてけぼりを喰うことも多いのですが、あくまでも原因は人間の作ったロボット三原則にあるため、ミステリとしてその世界観に没頭できます。
    人型ロボットの実用化が目前に迫っている昨今、ロボットが人間の生活に深く関わっているこの作品の世界にさほど距離を感じません。作品中でも、少しづつロボットが人間に近付き、技術の進歩が伺えます。それと同時に人間らしく、さらには人間より優れたロボットを前に、人間らしさとは何か、ロボットとの違いは何かという問題を私たちに提示します。
    この小説で生まれたロボット三原則が現在のロボット技術分野に大きく影響していると思うと、今後も長く脚光を浴びる作品になるのだろうと思います。

    2004年「アイ・ロボット」として映画化され、映像としても楽しかったのを覚えています。こちらもまた観たくなりました。

  • 長い歴史を持つロボット製造会社につとめあげたロボット心理学者にインタビューし、都度都度エピソードとして短編が織り込まれるという書かれ方。ロボットと暮らす日常がまったく遠い未来ではなくなった今読むと、まったくありそうな話ばかり。1950年より前に書かれているのに、だ。アシモフが編み出したロボットの三原則は以降のSF作品に多大な影響をあたえたとあるが、映画やアニメ作品で自然に目にしてきているロボットもたしかにこの三原則にそったマインドで作られてるかも、と思った。基本人間に従うし、従わない場合は問題になっているし。『アイ、ロボット』をあわせて観ると二倍楽しめます。

  • 有名なロボット三原則を生み出したアイザック・アシモフ先生の超有名な本。
    人間とロボットが寄り添いつつ、時に裏切られつつ語られる方法に、作者の愛を感じます。
    1話1話、読むたびになるほどと感じられます。
    この手のSFには珍しく、難しい理論がほとんどないのでさらりと読み流せるのも驚きました。子どもに読ませたい。

  • アイザック・アシモフによるロボットシリーズ。
    彼の作品は初めて読みましたが、強く感じたのは、ロボットの作品、ではなく、その鏡像としての人間の存在。

    命の定義とは?ロボット工学三原則のジレンマにも挑みます。人が生まれ、死ぬとは、どういうことなのか。未だに定義されていない境界線はフラフラしたまま、ロボットの時代に突入していっています。

  • ちょこっと読むつもりが、面白くて止らなくなった。

  • ロボットSF作品の、古典にして金字塔。
    有名な「ロボット三原則」が初めて登場するのがこの作品です。著者のアイザック・アシモフは、ホンダのアシモの由来になっているほど、今もなお、ロボット分野に大きな影響を与え続けています。
    ロボットとは何なのか?人間とはどこが違うのか?あなたは答えることができますか?
    そういった問いのヒントが、たくさん隠れています。
    SFが苦手な方にも、ミステリーがお好きな方にも、ぜひオススメです

    工学研究科 M1

  • とても面白かった。全然古さを感じさせない。

全142件中 1 - 25件を表示

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)に関連するまとめ

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)の作品紹介

ロボットは人間に危害を加えてはならない。人間の命令に服従しなければならない…これらロボット工学三原則には、すべてのロボットがかならず従うはずだった。この三原則の第一条を改変した事件にロボット心理学者キャルヴィンが挑む「迷子のロボット」をはじめ、少女グローリアの最愛の友である子守り用ロボットのロビイ、ひとの心を読むロボットのハービイなど、ロボット工学三原則を創案した巨匠が描くロボット開発史。

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)はこんな本です

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)のKindle版

ツイートする