銀河遊撃隊 (ハヤカワ文庫 SF)

  • 31人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 浅倉 久志 
  • 早川書房 (2005年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150115081

銀河遊撃隊 (ハヤカワ文庫 SF)の感想・レビュー・書評

  • この萌え絵に惹かれました、正直。

  • 流石に転がる、転がる。
    サンリオSF文庫とか電子書籍の形とかでまたでないかなぁ。
    ステンレススティールラットも全部読んではいないし。
    それにしてもハヤカワにしても、既刊の少なさよ。

  • らのべとすぺおぺの差は限りなく透明に近いグレイ
    ごみくずもあれば良質なものもある
    本書は間違いなく後者
    通俗宇宙活劇でありながら、そういったジャンル批判も含みつつ
    エンタテインメントとしても一級品
    数々のパロディとしても楽しめる
    埋もれさすにはもったいない

  • ユーモアSF。翻訳もののコメディは時々ギャグについていけないときがあるが、はちゃめちゃで、中々楽しめた。
    ジェリーとチャックが親友同士、そして二人のマドンナサリー。そしてジョンを巻き込んで宇宙へワープしてしまった。
    ジェリーの方が比較的しっかりものでチャックは天才肌だけど、結構間抜け。
    二人が抱擁していたラストはかなり笑った。

  • 古きよきSFですね。とんでもない天才が、チーズを燃料にするとんでもない移動手段を開発し、スパイあり宇宙人あり、ドンパチありの恋愛ありで、荒唐無稽にドタバタするんですよ。そういうの、久々に読んだ。頭使わないでいいっすよ。

全6件中 1 - 6件を表示

銀河遊撃隊 (ハヤカワ文庫 SF)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀河遊撃隊 (ハヤカワ文庫 SF)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河遊撃隊 (ハヤカワ文庫 SF)はこんな本です

銀河遊撃隊 (ハヤカワ文庫 SF)の文庫

ツイートする