スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)

  • 308人登録
  • 3.74評価
    • (28)
    • (29)
    • (47)
    • (3)
    • (1)
  • 35レビュー
制作 : Philip K. Dick  浅倉 久志 
  • 早川書房 (2005年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150115388

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
フィリップ・K....
グレッグ・イーガ...
グレッグ・イーガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんか話が複雑で追いかけるのがしんどかった。フレッドとアークターが混じっていくとことか、カウンセリングの場面とか、何がおきてるかさっぱりわかんなかった。
    後半のどんでん返しはなかなかショッキングでよかった。中盤がだれていて読み続けるのがしんどかったけど、終盤のあたりは展開が早くてテンポがよかった。
    ドナの悲しみが深くうかがえるし、上司の気遣いもまた同様に悲しい。
    そして、ラストシーンは本当に鮮やかだったなー。青い花、混濁した意識の中でふと思い出したともだち、誰なのか具体的にはもうわからなくなってしまったけど覚えている。フレッドとしてのかりそめの生活が、実は彼にとっては本物だったという。

  • 潜入麻薬捜査の胸糞さも良いが、ヤク中のとりとめのない会話や更生施設の様子が良かった。
    ドナがコカコーラのトラック撃つところがサイコーだけどマイクと打ち合わせしてるときは普通にドナがコーラ飲んでて、掴み所ないなと思った。

    ディック自身の経験が多いに生かされているので巻末に軽く触れてくれているのがありがたかった。
    映画は未視聴。どうなんだろう…。

  • 著者覚え書きで「この小説には何の教訓もない」とある。確かに教訓は無いかもしれない。ただし、麻薬に対する強烈な批判と恐怖を語っている。教訓は小説から得るものではない。読者がどのような教訓を語れるかが本書を読み解くキーになるのかもしれない。本書は普通に読むと、よくあるドラッグ系の小説だ。麻薬でハイになったやつが大暴れするような。読むべきは最後の方でブルースが置かれる立場だ。私は、麻薬だけが悪いのではなく、麻薬の悪用を存在させる社会の仕組みが存在することが悪なのだと解釈した。もちろん、これはひとつの解釈に過ぎず、読者がそれぞれ感じるものは異なるだろう。描写は鮮明ながら、読者に与えるものは形を変えて届けられる。救いたいけど救えない世界だった。

  • あるとき、ある男が、一日じゅう突っ立ったまま、髪の毛にわいた虫を払い落としていた。医者は、髪の毛に虫などわいてないよ、という。

    鳥肌の立ちそうな書き出しで始まる、麻薬中毒者たちの物語。自分の監視を命じられた潜入捜査官、新種のドラッグ物質D、それに何人ものジャンキーたち。
    ドナもボブとは違う組織の捜査官で、薬物で燃え尽きたボブを更生施設に潜入させるという血も涙もない作戦を行なっていたという真相が恐ろしかった。なんという尊い犠牲…

    でも他の作品のヒロインに比べて、主人公に好意を持っているような描写が多くて安心した。
    それから終わり方がとても美しい。あそこで春の花の贈り物が効いてくるとは思わなかった。

    実際に薬物中毒でリハビリセンターに入所したことのある作者が、死んでいった友人たちの記録として書いたのが本書だとか。真に迫った描写が多く癖になる気味の悪さだった。

    アイデンティティクライシスが好きなので、ヤク中としての自分と潜入捜査官としての自分が分裂していく過程がもっと読めたら、さらに楽しかったと思う。

  • pkdの作品の中では一番読みやすかった。ディックの実体験を元に描かれた作品ということだったこともあるのだろう。ディックは小説家として数多くの名作を残していながら、経済的には恵まれなかったことも納得できた。後半部分で薬物に関する国会の陰謀が垣間見え、薬物にどっぷり浸かったアメリカの病状に対して戦慄を覚えずにはいられなかった。

  • 浅倉久志訳による新装版「スキャナー・ダークリー」(旧訳「暗闇のスキャナー」)は、著者自身の実体験を踏まえた物語。テーマは、麻薬。

    カリフォルニアのオレンジ郡保安官事務所麻薬課の捜査官フレッドは、上司からも自身の姿を隠す「おとり捜査官」である。彼の真の姿は、なんと麻薬中毒者ボブ・アークター。木乃伊取りが木乃伊になるそんな世界で、与えられた新たな任務は「麻薬密売人のボブ・アークターを監視すること」。自分自身を捜査対象にする彼は、麻薬中毒の深刻化も相まってしまい…

    「わたしはドラッグの危険性を訴える福音を説こうと誓った」とは、訳者あとがきで引用される著者の言葉。麻薬中毒の経験があり、その目で幾人もの友人(=麻薬中毒者)の死や破壊を目の当たりにした彼だからこそ響く重い言葉ですが、本書で麻薬中毒の恐ろしさを知る…ほど無教養ではなく、麻薬の恐ろしさは既にありとあらゆる媒体を通じて理解しているところ。ただ、だからといって、何にも感じなかったのかというと、もちろんそうではありません。

    主人公アークターは、自分自身を監視する過程において、ある時点ではっきりと「おかしく」なってしまいます。正直、この瞬間に「あぁぁ…」と嘆いてしまいました。それ以降は、凋落の一途を辿るばかり。物語は終盤、アークターが廃人として施設に収容されてしまう姿をみると、ただただ空しい感情にとらわれます。そんな感情は、物語に出てくる言葉の節々で感じるところ。

    「黄金時代。そこでは知恵と正義がおなじものだった。すべてが砕けて、鋭い破片になる前のことだ。もう二度と組み合わせることができず、いくら努力しても二度ともとどおりにならない破片の山になる前のことだ。」

    「想像してみてよ。意識はあるけど、生きてないってことを。見ることもできるし、知ることもできるけど、生きてない。ただ、外を見てるだけ。認識はしても、生きてない。(中略)もうすでにそれは死んでて、ただいつまでもじっと見てるだけ。見ることをやめられない」

    著者は、また、あとがきでこのようにも述べています。
    「麻薬乱用は病気ではなく、ひとつの決断だ。(中略)おおぜいの人間がそれをはじめた場合、それはあるひとつの社会的な誤り、あるひとつのライフ・スタイルになる。この特殊なライフ・スタイルのモットーは、『いますぐ幸福をつかめ、明日には死ぬんだから』というものだ。しかし、死の過程はほとんどすぐにはじまり、幸福はただの記憶でしかない。」

    引用が多く、長くなりましたが、何を思ったかというと、ただ単に空しい感情が襲ったということだけ。でもこの空しさこそが著者が訴えたいひとつのパーツではないでしょうか。

    ちなみに著者特有の陰謀論っぽさは、相変わらず健在です(笑)

  • おとなしいとわかってたら
    わたしが自分で殺したのに

  •  フィリップ・K・ディック、といったらSFと思って本書を取るものなら、拍子抜けするに違いない。まあ、ジャンキーから見た我々の世界は「SF」のようなものだろうし、また逆も然りなのだろうから、ジャンキーを描いたこの作品も「SF」と言えるのかもしれない。

    …以上、屁理屈である(笑)

     なぜだかわからないが、読めば始終やるせない感じを受けることとなる。結末がああだから、というのもあるだろうが、言い知れぬ恐怖があるからだろうか。
     物語としては、若干冗長ではなかったか。

  • 中盤にだるいとこはあるけど、ディックの中では比較的筋がわかりやすい。あんまりSFぽくはない。アークター=フレッド=ブルースも、ドナも人格がつかめない。
    限りなく透明に近いブルーもだけど薬中から脱した人は喧嘩したり奪い合ってばっかりだった友人をやたらとかけがえながるのが今一つ腑に落ちない。

  • ディックの中で一番好きな話です。今回新装版になっていたので再購入。

    これはディックが友達への思いを込めて書いているのだと思います。
    悲劇的、アンハッピーエンドとされることが多いようですが
    あくまで私個人としては、ディック作品の中でも特に切なくも優しい話だと思います。

    しかし、スクランブルスーツが象徴するように世の中が、自分自身が、どんどん
    不確かで根拠のないものになる過程は自分の感じることと重なる部分があって
    全体には優しさを感じつつ、その部分がドットとして浮き上がってきます。

    訳は山形さんの方がヤレ感(すみません、うまく言えないです)があって好きです。

全35件中 1 - 10件を表示

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)に関連する談話室の質問

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

カリフォルニアのオレンジ郡保安官事務所麻薬課のおとり捜査官フィレッドことボブ・アークターは、上司にも自分の仮の姿は教えず、秘密捜査を進めている。麻薬中毒者アークターとして、最近流通しはじめた物質Dはもちろん、ヘロイン、コカインなどの麻薬にふけりつつ、ヤク中仲間ふたりと同居していたのだ。だが、ある日、上司から麻薬密売人アークターの監視を命じられてしまうが…P.K.ディック後期の傑作、新訳版。

ツイートする