ゴールデン・エイジ〈2〉フェニックスの飛翔 (ハヤカワ文庫SF)

  • 23人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : John C. Wright  日暮 雅通 
  • 早川書房 (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150116125

ゴールデン・エイジ〈2〉フェニックスの飛翔 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  3巻本の真ん中をネタバレなしに書くのはむずかしいが、サブ・タイトルで「フェニックスの飛翔」とばらしてるので問題ない。第2巻はファエトンが、奪われていた恒星間宇宙船〈喜びのフェニックス号〉をとりもどす話である。第1巻で〈黄金の普遍〉を追放されたファエトンはオフ・ライン状態で、自分の足と防護服の力だけで都市から下界に下っていくわけだが、さらに落ちる落ちる、どん底まで落ちて、それからはい上がる算段を凝らす。これがなかなかうまくいかない。そこに助けがやってくるわけだが……
     ファエトンが信じる「外敵」は本当にいるのか、といったあたりが本巻の謎で、「外敵」の正体をファエトンは推理していくのだが、「外敵」の存在する証拠と彼が思っている出来事は何者かによって書き換えられた記憶に過ぎないのではないかという疑念がいつまでもつきまとう。
     本巻では〈黄金の普遍〉からの追放者たちの世界が主舞台である。貴族の生活しか知らないファエトンが無法者たちに立ち向かえるのかが焦点。遠未来、安定した社会では冒険を求める者がいなくなり、人間は退化していくという昔からあるテーマのSFだということが見えてくる。

全1件中 1 - 1件を表示

ゴールデン・エイジ〈2〉フェニックスの飛翔 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴールデン・エイジ〈2〉フェニックスの飛翔 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゴールデン・エイジ〈2〉フェニックスの飛翔 (ハヤカワ文庫SF)はこんな本です

ツイートする