星間復讐者 (ハヤカワ文庫SF ロ 1-368 宇宙英雄ローダン・シリーズ 368)

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 工藤 稜  増田久美子 
  • 早川書房 (2010年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150117399

星間復讐者 (ハヤカワ文庫SF ロ 1-368 宇宙英雄ローダン・シリーズ 368)の感想・レビュー・書評

  • 前半のブルたちの危機はまぁともかくとして、いよいよ銀河系を取り戻すために動き出した幽霊の正体があきらかになる。新キャラでなく彼らだったのね。ローダンシリーズなのにローダンが出ない巻は続く。

全1件中 1 - 1件を表示

クルト・マールの作品一覧

クルト・マールの作品ランキング・新刊情報

クラーク・ダールトンの作品一覧

クラーク・ダールトンの作品ランキング・新刊情報

星間復讐者 (ハヤカワ文庫SF ロ 1-368 宇宙英雄ローダン・シリーズ 368)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

星間復讐者 (ハヤカワ文庫SF ロ 1-368 宇宙英雄ローダン・シリーズ 368)を本棚に「積読」で登録しているひと

星間復讐者 (ハヤカワ文庫SF ロ 1-368 宇宙英雄ローダン・シリーズ 368)の作品紹介

アフィリカーの一捕虜となったOGNの工作員セルジオ・パーセラーは、拷問されてポルタ・パト基地の秘密をあかしてしまった。国家首席カサルは基地に攻撃隊を送りこむ。狙いはOGN殱滅と、レジナルド・ブルの細胞活性装置を奪うことだ。ブルたちは応戦しながら、免疫保持者の大半をオヴァロンの惑星に脱出させる。残るメンバーに敵の手が迫ったとき、テラニア・シティのスラムを支配する謎の組織により救われるが…。

星間復讐者 (ハヤカワ文庫SF ロ 1-368 宇宙英雄ローダン・シリーズ 368)はこんな本です

ツイートする