黒い異人の謎 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-389 宇宙英雄ローダン・シリーズ 389) (ハヤカワ文庫SF)

  • 23人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 工藤 稜  林 啓子 
  • 早川書房 (2010年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150117863

黒い異人の謎 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-389 宇宙英雄ローダン・シリーズ 389) (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

  • 地球に残された人類ががんばってるのは良いけど、アラスカが活躍しないのがちょっと残念。そして、ちょっとずつだけど、結局地球上に何人残っているんだろう…

  • テムルの女帝とバルディオクの事が色々出始めた…と言うにはまだよく分からない感じ。並行してアンドロメダ大戦のころのをを読んでて比べると、組織から独立した個人とかの話が多いなー。

  • 今回はペリー・ローダンは登場せず、人々が消えた地球に残った人々の、北欧に基地を作った黒い異人への戦い、ドウク・ラングルの戦いで前後半となっている。

    以下、整理も兼ねて。
    地球に基地を作った異人は、「テルムの女帝」の敵(?)の「バルディオクの力の集合体」に属する具象ヴェルノクの部下、フルクース。基地は小陛下の居住地を作っている?

  • 地球を支配下におこうとする謎の種族の宇宙人。それを阻止しようとする地球パトロールチームの戦い。そして、地球パトロールチームの一員だったテルムの女帝に使えるドウク・ラングルの身に迫る危機。いつくかのストーリーが交錯しながら、話は展開していく。

全4件中 1 - 4件を表示

ウィリアム・フォルツの作品一覧

ウィリアム・フォルツの作品ランキング・新刊情報

黒い異人の謎 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-389 宇宙英雄ローダン・シリーズ 389) (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

黒い異人の謎 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-389 宇宙英雄ローダン・シリーズ 389) (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒い異人の謎 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-389 宇宙英雄ローダン・シリーズ 389) (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

黒い異人の謎 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-389 宇宙英雄ローダン・シリーズ 389) (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

ワリク・カウクの調査報告によれば、黒い宇宙船であらわれた異人は、ノルウェーのナムソスに謎めいた基地を建設していた。地球侵略にひとしい行為を許すわけにはいかないと、アラスカ・シェーデレーアたちも、研究者ドウク・ラングルの調査船でナムソスに向かう。異人の目的はなにか。人類失踪との関連は?テラ・パトロールのメンバーが一丸となって解明しようとした矢先、ラングルの命を狙うべつの存在があらわれた。

黒い異人の謎 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-389 宇宙英雄ローダン・シリーズ 389) (ハヤカワ文庫SF)はこんな本です

ツイートする